アグレミーナ浜松

【選手権】ジョン・レノン弾で逆転の浜松、地域CL3位のミカロ仙台を撃破

[3.2 第23回全日本選手権B組 ミカロ仙台 1-3 浜松 エコパアリーナ]

第23回全日本フットサル選手権は2日に開幕を迎え、エコパアリーナの第4試合ではアグレミーナ浜松とミカロ仙台が対戦した。試合は3-1で浜松が勝利している。

エコパアリーナでは第3試合まで、すべてFリーグが先制される展開となったが、この試合でもFリーグの浜松が先手を取られる。前半3分、キックインからFP小原謙吾に強烈なシュートを決められ、浜松が追う展開となった。

相手より長い時間、ボールを持つ浜松は積極的にゴールを狙っていく。10分にはFP松本行令のシュートが枠を外れたが、12分にはキックインからFP中村友亮がファー詰めの形で同点ゴールを決めた。

一気に逆転を狙う浜松は、その後も、FPジョン・レノンが右サイドでボールを持ち、縦や中に仕掛けてゴールを狙っていくが、ミカロ仙台も体を張った守備を見せて得点を許さない。前半終了間際にも、ジョン・レノン、FP前鈍内マティアス・エルナンらがゴールを狙ったが、逆転はできずに1-1で前半を終えた。

後半に入ると、浜松が一気に攻勢に出る。後半2分にはCKからジョン・レノンがシュートを突き刺し、浜松が逆転に成功。その後も、浜松は敵陣でボールを動かして攻め続けるが、リードを広げることはできない。

ミカロ仙台もロングボールや2人での速攻を見せるが、同点ゴールは決められない。9分には浜松のFP須藤慎一がドリブルで仕掛け、戻ってきたDFが蹴ったボールがゴール方向にボールを蹴ったが、左ポストを叩く。さらにFP岡野健のシュートがクロスバーを叩き、岡野がポストプレーから作ったチャンスも、得点につなげられなかった。

前プレでプレーさせず、ボールを回収し続ける浜松は、ジョン・レノンから中村、須藤の個人技などで攻め立てるが、リードを2点に広げられない。

残り5分半を切ると、ミカロ仙台はパワープレーを開始。その直後にはシュートが枠に飛んだが、前鈍内がゴールイン目前でクリアーする。

ようやく浜松に追加点が入ったのは後半17分。前鈍内が左サイドから仕掛け、ゴール前に折り返す。これを中村がゴールに押し込み、待望の3点目をもたらした。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

このまま試合は3-1で終了し、浜松が初戦を勝利で飾っている。

関連記事

  1. 【選手権】関東からはロンドリーナ、リガーレ、すみだバッファローズ…
  2. 【Fリーグ】登録選手の追加と抹消を発表 浜松が府中からFP三井を…
  3. 第23回全日本フットサル選手権大会 1次ラウンドの組み合わせ
  4. 【Fリーグ】今節最多入場のエコパアリーナでは、湘南が今季2度目の…
  5. 【選手権】第23回全日本フットサル選手権大会
  6. 【オーシャン杯】エゴイストになって20秒での先制点と奇跡の決勝点…
  7. 【Fリーグ】9年ぶりに弟・龍太とのホットライン開通の名古屋FP星…
  8. 【選手権】浦安に逆転負けのPSTCロンドリーナ 伊久間洋輔監督「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。