シュライカー大阪

【選手権】連覇を目指す大阪、ラスト6秒のアルトゥール弾で町田を破って2大会連続の4強進出

[3.9 全日本選手権準々決勝 大阪 3-2 町田 駒沢]
第23回全日本フットサル選手権大会は9日、決勝ラウンド1日目を行い、第3試合では前回王者のシュライカー大阪と前々回王者のペスカドーラ町田が対戦した。試合は3-2で大阪が勝利している。

Fリーグのプレーオフ・ファイナルで相手選手と小競り合いをしたFP森岡薫と2度看板を蹴ったFP中井健介が出場停止の町田。セットを組み直さざるを得ない状況の町田に対し、序盤は大阪がチャンスをつくる。前半1分に左サイドからFPチアゴが放ったシュートはポストを叩く。4分にも右サイドからFPヴィニシウスがゴールを狙ったが、シュートは枠を外れていった。

町田も4分にFP日根野谷建がシュートを放つ。ゴール前の選手に当たって方向が変わったがGK冨金原徹が抑えた。町田は7分に早くも累積ファウル数が5を数えるが、その直後の8分に先制点を奪う。FP滝田学のミドルシュートが相手に当たってこぼれたところを、FP横江怜が押し込み、リードを奪った。

追う展開となった大阪もすぐに反撃に転じる。しかし、FP小曽戸允哉からのパスを受けたヴィニシウスのシュートは右サイドネットには外れる。セット交代中にも、右サイドのヴィニシウスから左サイドのFP佐藤亮へパスが通り、佐藤の1タッチパスを受けたFP田村友貴が決定機を得たが、シュートを決めきれない。

15分にはチアゴの突破に対し、FPダニエル・サカイがファウル。アルトゥールの第2PKは、GKイゴールが防ぐ。しかしその直後、アルトゥールが町田のビルドアップをカットし、ショートカウンターを仕掛けると、最後はFP加藤未渚実が同点ゴールを決めた。

町田はゴール前でFP宮崎貴史に何度か良い形でボールが入るが、決めきることができなかった。大阪も18分にパス回しからヴィニシウスにシュートチャンスをつくるが、こちらも得点できなかった。

後半に入り、再び町田が勝ち越す。2分、FP森谷優太のCKをFP金山友紀がゴール前で合わせて2-1と勝ち越しに成功。大阪もゴールを狙い、試合再開直後にヴィニシウスがループシュートを放つがポストを叩く。さらにアルトゥールもミドルシュートでゴールを狙ったが右に外れていった。

後半6分、大阪はチアゴがダニエル・サカイに倒されてFKを獲得する。このプレーでダニエル・サカイにはイエローカードが提示された。さらに8分にもダニエル・サカイは相手選手を倒して警告を受け、退場となってしまった。数的優位を得た大阪は、チアゴの浮き球のパスをヴィニシウスがヘッドで決めて2-2の同点に追いついた。

その後、両チームともに攻めるが勝ち越し点を挙げられない。16分には、ゴール前にP佐藤亮が抜け出しそうになるが、戻ってきた金山に後方から倒され、金山にイエローが提示される。これで5つ目のファウルとなった町田は、17分にも日根野谷がチアゴを倒して、第2PKを与えてしまう。それでもヴィニシウスのシュートをGKイゴールが止めて、勝ち越しを許さない。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

試合が動いたのは残り6秒だった。町田は室田がドリブルで仕掛けてシュートまで持ち込む。この跳ね返りを大阪が拾うと、アルトゥールが独走。GKイゴールが飛び出してきたところ、ボールを浮かせてシュートを決めてこの試合大阪が初めて勝ち越した。町田はタイムアウトをとり、パワープレーに出たが残り6秒でゴールは決められず。大阪が3-2で勝利し、バルドラール浦安の待つ準決勝に勝ち進んだ。

関連記事

  1. 【Fリーグ】ラストプレーで勝ち点2を取りこぼした町田、浦安は健介…
  2. 【Fリーグ】反撃のゴールも敗戦に涙の町田FP日根野谷「点差は4-…
  3. 【オーシャン杯】充実の戦力をそろえる町田 岡山孝介監督「良い選手…
  4. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP芝野創太選手のコ…
  5. 【PH】第23回全日本選手権 ヴォスクオーレ仙台 vs PSTC…
  6. 【選手権】名古屋サテライトが逆転でヴァクサ高槻とのグループ最終戦…
  7. 【AFCクラブ選手権2017】芝野創太が2ゴールも…大阪はサナイ…
  8. 【Fリーグ】オールスター出場24選手が決定! 最年長FP甲斐修侍…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。