全日本選手権

【選手権】名古屋サテライトが逆転でヴァクサ高槻とのグループ最終戦を制す

[3.4 第23回全日本選手権E組 名古屋サテライト 7-5 高槻 グリーンアリーナ神戸]

第23回全日本フットサル選手権は4日、大会3日目を迎えてグリーンアリーナ神戸の第1試合では、ヴァクサ高槻と名古屋オーシャンズサテライトが対戦した。試合は7-5で名古屋サテライトが勝利している。

前半は高槻がリードする展開で進む。前半2分、FP曽場邦行が中央をドリブルで突破して先制点を挙げる。名古屋サテライトも3分に左サイドからFP瀧澤太将がシュートを決めて同点に追いつく。

互いにチャンスをつくり合う中で、6分に高槻はCKから再び曽場がゴールを決める。7分には名古屋サテライトのFP笠井大輝が一度はGK戌谷進に阻まれたシュートのこぼれ球を自ら押し込み同点とする。14分には高槻の曽場が右サイドでボールの奪い合いを制してGKとの1対1のチャンスをものにして3-2。14分には名古屋サテライトがカウンターを仕掛け、FP鬼塚祥慶が相手を引き付けて瀧澤が無人となったゴールにシュートを流し込んだ。

先手を取り続ける高槻は、15分にもFP千葉晋平のパスを受けた曽場が決定的なシュートを放つがGK高見政顕が好セーブ。それでも17分にCKからFP塩野幸太がゴールを決めきり、高槻が前半を4-3とリードして折り返した。

後半も突き放したい高槻と追いつきたい名古屋サテライトの競り合いが続く。ブラジル代表FPペピータを累積警告で欠く名古屋サテライトを瀧澤が救う。後半6分にミドルシュートで4-4とすると、9分には鬼塚の逆転ゴールをアシストした。

この試合、初めてリードを奪った名古屋サテライトは、同12分に熊谷利紀がドリブルを仕掛ける。ここで高槻は塩野がファウルで止めると、審判はレッドカードを提示する。これで2分間の数的優位を得た名古屋サテライトはFP水谷颯真がゴールを決めて、6-4とリードを広げた。

勢いづく名古屋サテライトは後半15分にもFP磯村直樹がゴールを決めて7-4とした。高槻は残り3分を切ってタイムアウトを取り、パワープレーを開始する。残り1秒、高槻は曽場のゴールで1点を返したが、反撃もここまで。名古屋サテライトが7-5で勝利し、今大会2勝目を挙げている。

関連記事

  1. 【選手権】第2PKでの2失点が響き、リガーレ東京に惜敗した長野F…
  2. 【全日本予選】情熱ロンリネス×多摩大 試合後の多摩大 生駒選手の…
  3. 【選手権】すみだが町田アスピランチに3-0で快勝、グループ突破を…
  4. 日本フットサル界のレジェンドがTwitterデビュー 難波田治 …
  5. [女子選手権]グループC総括 大会史に残るゴールラッシュを見せた…
  6. 【選手権】後半4ゴールの広島エフ・ドゥが同志社大を破り、大会初勝…
  7. 【Fリーグ】2017/2018シーズンのリーグMVPが全治1年以…
  8. [Fチャレンジリーグ]町田アスピランチが逆転勝利で名古屋サテライ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。