全日本選手権

【選手権】前半でラファがハットトリックの名古屋、湘南を破って2大会ぶり決勝へ

[3.10 第23回全日本選手権 湘南 4-5 名古屋 駒沢]

第23回全日本フットサル選手権大会は10日、決勝ラウンド1日目を迎えて第2試合では湘南ベルマーレと名古屋オーシャンズが対戦した。試合は5-4で名古屋が勝利し、2大会ぶりの決勝進出を果たしている。

立ち上がりから攻め込む名古屋は、GKフィウーザの守るゴールを脅かす。前半2分にはロングボールを受けたFP星龍太がドリブルを仕掛けて、中央へカットイン。DFをかわして左足でシュートを放つと、ボールはGKフィウーザの股を抜けてゴールに決まった。さらに湘南の守備を崩しにかかる名古屋は、FPラファ、FPルイジーニョがそれぞれ追加点を挙げていき、前半8分までに3-0と大きくリードを奪う。

難しい展開となった湘南も、前半10分に前線でボールを受けたFP鍛代元気が反転してシュートを放つが、GK関口優志に止められた。11分には小門勇太が自陣からボールを運び、エリア内にボールを入れる。跳ね返ったボールに対し、走り込んだFPロドリゴが右足でシュート。これが決まって湘南が1点を返す。その1分後にも小門がボールをキープすると、走り込んできたFP内村俊太にパス。内村がトラップしてから右足を振り抜くとゴールに決まり、1点差に詰め寄った。

ここで名古屋はタイムアウトを取り、流れを変えようとする。13分にはルイジーニョのサポートを使ってラファが左足でシュートを決めて4-2とした。

その後も互いにチャンスをつくり合う。湘南は16分、左サイドをFP刈込真人が突破して、ゴール前に折り返し。これをゴール前に詰めた植松が流し込み、再び1点差に戻す。19分にもカウンターに出た湘南が、内村の突破からチャンスをつくり、小門にパス。小門がシュートを放ったが、GK関口が好セーブでゴールを守った。

このまま前半終了かと思われた残り2秒、エリア内にボールを運ばれた湘南は、ルイジーニョに対応しようとした植松がボールを手で触れてしまう。これでPKを得た名古屋は、残り1秒でラファがPKをGKフィウーザの股下に決めて、ハットトリックを達成。前半は5-3と名古屋が2点をリードして折り返す。

後半に入り、名古屋はピヴォにあまりが入らず、湘南は引いている名古屋を相手に、持ち味のスピードある攻撃がなかなか出せない。そんな中、迎えた後半10分、植松が強烈なシュートを放つ。これをGK関口が弾いたが、ゴール前に戻った安藤に当たったボールはゴールに転がり込み、湘南が4-5と1点差にした。

1点を追う湘南は残り1分30秒を切り、パワープレーを開始。しかし、名古屋の守備も堅く、なかなかフィニッシュに持ち込めない。残り24秒、湘南はエリア内でFP本田眞琉虎洲が倒されて、PKを獲得する。同点に追いつく千載一遇のチャンスだったが、ロドリゴのシュートは左へ外れた。このチャンスを逃し試合は、5-4で終了。名古屋が決勝に勝ち進んだ。

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋がホーム最終戦に勝利しリーグ1位確定に王手、浦…
  2. 【Fリーグ】湘南がGKフィウーザの入籍&第一子誕生を発…
  3. 【AFCクラブ選手権2018】組み合わせが決定! 名古屋は開催国…
  4. 【選手権】準決勝の府中戦で勝利に導く2ゴール すみだFP西谷良介…
  5. 【日本代表】11日~13日の国内合宿メンバーを発表、FP相井忍、…
  6. 【選手権】すみだが町田アスピランチに3-0で快勝、グループ突破を…
  7. 【選手権】浦安に逆転負けのPSTCロンドリーナ 伊久間洋輔監督「…
  8. 【Fリーグ】U-19日本代表に大勝した名古屋 ペドロ・コスタ監督…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。