全日本選手権

【選手権】選手権でも湘南の勢いは止まらず SWHを破って2連勝

[3.3 第23回全日本選手権C組 湘南 8-2 SWH 岸和田総合]

第23回全日本フットサル選手権は3日に1次ラウンドの第2節を各地で行い、湘南ベルマーレはSWHフットサルクラブと対戦した。試合は8-2で湘南が勝利している。

前日の第1節で北海道を苦しめたSWHだったが、この試合では湘南に苦戦を強いられる。前半4分、右サイドで仕掛けたロドリゴがゴール前に入れたシュート性のボールがDFに当たってゴールに決まる。その後にはSWHもロングボールのこぼれ球からボレーシュートを放つなど、惜しい場面をつくるが得点を挙げられない。

対する湘南はロドリゴのドリブル、FP小門勇太の強烈なシュート、FP林田フェリペ良孝の速さなど、各選手が持ち味を出していく。その中でもロドリゴは先制点を演出したのに続き、9分にもFP植松晃都のパスを受けてゴール。9分にもFKからFP刈込真人のゴールをアシスト。10分にもFP鍛代元気のゴールをアシストと、前半の全4ゴールに関与した。

SWHもGKを使ったパス回しからチャンスをつくりかける場面もあったが、湘南の前に持ち味の技術を出し切れない。前半の終盤にはカウンターの応酬のような場面もあったが、どちらもゴールを決められずに前半は4-0と湘南リードで折り返す。

後半も1分にロドリゴの突破からパスを受けた鍛代がこの試合2点目を決める。その後、SWHもボールを持つ時間を長くしていく。5分には、FP前野俊哉がGKフィウーザと1対1になるが、シュートはブラジル人GKに止められた。

後半7分、SWHはFP角谷哲也が左サイドを突破。中央に折り返したボールを、FP佐川裕己がゴールに沈めて1点を返す8分にもSWHは、FP佐々木淳のスピードを生かしてロングボールでチャンスをつくったが、佐々木のシュートはGKフィウーザに止められる。これで得たCKから佐々木はジャンピングボレーを試みたが、惜しくも右に切れていった。

ピンチの続いた湘南は9分、パス回しで相手ゴール前までボールを運ぶと、最後は刈込がゴールを決めて6-1とリードを5点差に戻した。

湘南はGKをフィウーザからGK上原拓也に代える。後半15分にはSWHの攻撃を止めたGK上原のスローからロングカウンターを仕掛けると、最後はゴール前に走り込んだFP安嶋健至が得点を決め、チーム7点目を記録した。

SWHも17分、カウンターからFP樋口和也がゴール。18分にもGKのスローからFP菅沼匠伊がGKと1対1になるが、上原に止められる。その後も速攻からチャンスをつくるが、体を張った湘南の守備に阻まれてしまう。逆に湘南は19分に、FP本田眞琉虎洲がゴールを決めて8-2とする。残り30秒を切ると、湘南ベンチは今季限りでの退団を発表していたFP近藤純也と安嶋を再び投入、勝利の瞬間をピッチ上で迎えさせた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

この結果、湘南は4日のエスポラーダ北海道戦で引き分けても、決勝ラウンド進出を決められる状況をつくった。

関連記事

  1. 【Fリーグ】負傷から復帰の湘南FP植松はスタメン出場(8枚)
  2. 【PH】第23回全日本選手権 ミカロ仙台 vs フウガドールすみ…
  3. 【PH】第23回全日本選手権 バルドラール浦安vsフウガドールす…
  4. 【選手権】昨シーズン国内無冠の名古屋が3冠達成! 西谷良介、ラフ…
  5. 【写真】たまたま撮れてたスーパープレー その1 中島孝のアシスト…
  6. 【Fリーグ】名古屋が初のPO進出を決めた湘南に10試合ぶりに土付…
  7. 【Fリーグ】オールスター戦後 FP久光重貴選手コメント 「次の1…
  8. 【選手権】神戸が浦安の反撃を凌ぎ切り、ベスト4に進出

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。