バルドラール浦安

【選手権】浦安がすみだバッファローズの快進撃をストップ! 9-1の快勝で2大会ぶり4強進出!

[3.9 全日本選手権準々決勝 浦安 9-1 すみだB 駒沢]
第23回全日本フットサル選手権大会は9日、決勝ラウンドの開幕を迎えた。準々決勝の第1試合では、Fリーグのバルドラール浦安と東京都リーグ(実質5部)のフウガドールすみだが対戦した。試合は9-1で浦安が勝利している。

1次ラウンドでは、バサジィ大分とアグレミーナ浜松と2つのFリーグクラブを倒してきたすみだバッファローズ。立ち上がり、FPディドゥダやFP永島俊にゴールを脅かされる場面もあったが、徐々にボールを持つ時間を増やしていく。前半4分にはゴール前までボールを運び、チャンスをつくったが決めきれず。それでも浦安の縦パスをカットし、試合を展開した。浦安も6分にFP青山竜也が反転からゴールを狙うなど、チャンスをつくる。

迎えた前半9分、右サイドでFP加藤竜馬がボールを持つ。縦に仕掛けるフェイントを入れた加藤は中にカットインし、左足でシュートを放つ。これがゴールに決まり、浦安が1点を先制した。さらに10分にも右サイドでFKを得ると、ディドゥダがゴール前にボールを入れる。これをFP小野大輔がヒールでゴールに流し込み、2-0とリードを広げた。

さらに浦安は13分にもFP中島孝がミドルシュートを放つと、GK岸将太の手を弾いたボールはゴールに決まり、早くも3点差をつける。

その後も浦安はチャンスをつくったものの追加点は挙げられない。すみだバッファローズは前半19分にCKからFP山村和士がゴールを狙ったが右に切れていく。このまま前半は浦安が3-0とリードして折り返した。

浦安は後半2分にも相手のボールをカットした加藤がゴールに迫ったが、シュートは右に逸れていく。同5分にはすみだバッファローズも、CKからFP坂本宏喜がミドルシュートを決めて1点を返した。

相手をのらせたくない浦安は8分、CKからFP野村啓介がゴールを決めて再びリードを3点に広げた。さらに同10分にも前線へ抜けたディドゥダが技ありのシュートを決めて5-1と突き放す。11分にも青山がゴールネットを揺らして、一気に試合を決めにかかった。

すみだも14分、左サイドからFP畠山勇気が折り返したボールに、FP清水誠也が飛び込んだが、シュートはGK藤原潤に止められる。逆に15分、浦安は右サイドからFP永島俊が追加点を決めて6点差とした。

すみだバッファローズは、パワープレーを開始。しかし17分にはシュートをGK藤原にキャッチされると、ロングスローを前線で受けたFP荒牧太郎にパワープレー返しを決められ、8-1と点差を広げられた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

すみだバッファローズも最後までパワープレーからゴールを狙ったが、残り12秒でGK藤原がパワープレー返しを決める。このまま浦安が9-1で勝利し、3位となった2016年大会以来2大会ぶりの4強進出を決めている。

関連記事

  1. 【PH】第23回全日本選手権 シュライカー大阪vsペスカドーラ町…
  2. 【Fリーグ】2017/2018シーズンのリーグMVPが全治1年以…
  3. 【選手権】前回王者の大阪が後半のゴールラッシュで広島大に大勝
  4. 【女子選手権】グループAを制したのは、石川セットと東京セットで戦…
  5. 【選手権】都リーグのすみだバッファローズがジャイキリ! Fリーグ…
  6. 【選手権】公式戦3年ぶりゴールの湘南FP久光重貴 「試合の出方が…
  7. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号12 GK伊名野慎…
  8. 【選手権】SWHが東温ケイルースに逆転勝利、今大会初勝利を挙げる…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。