アジア選手権

【アジア選手権】日本は世界3位のイランに0-4で敗れ、準優勝で大会を終える

[2.11 AFCフットサル選手権準決勝 日本 0-4 イラン 新荘体育館]

AFCフットサル選手権は11日、大会最終日を迎えて決勝戦を行った。決勝戦のカードは2大会ぶりに日本対イランのアジアクラシコとなっている。試合は4-0でイランが勝利し、2大会連続12度目の優勝を果たしている。

2大会ぶりのタイトルを目指す日本はGKイゴール、FP逸見勝利ラファエル、FP滝田学、FP森岡薫、FP西谷良介というスターティングファイブで試合に臨んだ。一方の2016年W杯コロンビア大会で3位となったイランは、GKサミミ、FPイスマイルプール、FPハッサンザデ、FPタバコリ、FPジャビッドで試合をスタートさせている。

今大会、立ち上がりでのゴールが多いイランに対し、序盤に日本がチャンスをつくる。2分にはGKイゴールから逸見へのスローが通ったが、DFに寄せられてシュートは打てない。2分にはイランがFKのチャンスを得るが、ジャビッドのシュートはポストに当たる。こぼれ球を再びジャビッドが拾ってシュートするが、これはイゴールがブロックする。

7分には準決勝で出場機会のなかったFP仁部屋和弘が起用される。8分にはFP星翔太が相手のパスをカットしてシュートを放つ。ブロックされたところを仁部屋が拾って仕掛けたが、GKをかわせずチャンスを広げられなかった。8分にはFP皆本晃の浮き球のボールに対して、逸見がボレーで合わせたが左へ逸れる。

10分にも日本はGKイゴールのスローからFP清水和也がチャンスを得たが、左に逸れていく。10分には清水とFP室田祐希のコンビネーションからゴールに迫ったが、GKに止められて得点できない。その後もチャンスをつくる日本は、12分に相手陣内でボールを引っかけ、こぼれ球を星がシュートしたが枠にとばせない。

攻勢の日本は16分にも逸見から滝田へパスが通るが、滝田が前を向けずシュートを打てない。さらに17分にも清水、西谷とつなぎイランの守備を崩すと滝田がゴールを狙ったが、シュートをゴールマウスに当ててしまい、絶好のチャンスをものにできなかった。

最低でも無失点で前半を終えたい日本だったが、前半残り50秒、GKイゴールのスローがショートし、相手にボールを奪われる。このショートカウンターをハッサンザデに決められて1点のビハインドとなった。先制したイランは、さらに前半終了間際にも日本のゴールに迫ったが、ここは日本がピンチを凌ぎ、前半を終えた。

後半の立ち上がり、イランは圧力を強めて攻めてくる。後半開始直後のチャンスは、イスマイルプールのファー詰めが枠を逸れて助かったが、2分には右サイドからシュートを決められてリードを2点に広げられた。

与えたくない追加点を許した日本だが、ここからはボールを持つ時間も増やしていく。2分には右サイド深くまで室田が突破。折り返しを入れたが、星には合わなかった。その直後にもCKから吉川がシュートを打つがブロックされて得点できない。イランも3分にはカウンターからイスマイルプールにシュートを打たれたが、GKイゴールが体を張って止めた。

その後も日本は7分には仁部屋が左サイドから、9分には中央から吉川がゴールを狙ったが、得点は挙げられない。逆にイランは9分、カウンターからのチャンスをハッサンザデが決めて3-0とした。

イランは10分にも吉川の縦パスを引っかけてカウンターを仕掛けるが、タイエビのシュートはGKイゴールが防ぐ。11分には日本も清水が反転シュートでゴールを狙ったが、右に切れていく。日本は13分、FP渡邉知晃をこの試合で始めて投入。その直後、皆本のドリブルがカットされてカウンターを受けたが、オロウジのシュートは枠外へ。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

日本は残り5分30秒からGKを皆本にしてパワープレーを開始。その後、GKを森岡に変更して変化を付けてゴールを狙う日本だが、19分にゴール前を横切ったボールに合わせきれないなど、チャンスを生かせない。終了間際にもパワープレー返しをタイエビに決められた日本は0-4で敗れ、準優勝となっている。

関連記事

  1. 【W杯】日本開催ならず…。2020年大会は24年ぶり欧州開催に
  2. 【U-18女子代表】初の試合は関東選抜に3-6で敗れるも、試合中…
  3. 【U-19日本代表】15、16日に名古屋で合宿へ 樋口、ダボが連…
  4. 【親善試合】世界王者との国内初戦に臨むブルーノ・ガルシア監督 「…
  5. 【タイランド5S】フットサル日本代表が初戦のタイ戦へ向けた前日練…
  6. 【U20アジア選手権予選】チームの舵取り役を務める作陽高FP橋本…
  7. 【日本代表】フル代表選出のF選抜FP伊藤圭汰「自分の目指していた…
  8. ファルカンがブラジル代表引退を表明 「このときが永遠に来てほしく…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。