アジア選手権

【アジア選手権】初優勝を目指すタイはキルギスタンを粉砕、逆転で決勝ラウンドへ

[2.6 AFCフットサル選手権 タイ代表 8-1 キルギスタン代表 台北大学]

AFCフットサル選手権は6日、グループステージ最終日を迎えた。グループDでは、決勝ラウンド進出を懸けて2位のキルギスタン代表と3位のタイ代表が対戦。試合は8-1でタイが勝利し、逆転で決勝ラウンド進出を決めている。

第2節でレバノンに歴史的な敗戦を喫したタイは、勝利しなければ決勝ラウンド進出の道が途切れる一戦だった。大きなプレッシャーでの一戦となったが、前半3分にはエースのFPスパウットのゴールで1点を先制する。その後、タイは16分に最前線でGKのスローを受けたスパウットが、胸トラップからボレーシュートでゴールを狙えば、キルギスタンもFPアリモフの突破からチャンスをつくり、ゴール前でFPサリンバエフが合わせようとするが、得点できない。両チームがチャンスをつくり合う中で、前半残り1分を切ると、タイはFPチャエンチャロエンが左サイドからシュートを決めて追加点。その直後にもCKからチャエンチャロエンがゴールを挙げて、3-0と点差を広げた。

後半の立ち上がりにもタイはスパウットが追加点を決めると、その後もキルギスタンを圧倒。10分にキルギスタンに6つ目のファウルを受け、第2PKを獲得。スパウットのシュートはGKに阻まれたが、11分には速攻からFPマディアランが5点目を奪う。

キルギスタンはタイムアウトを取り、パワープレーを開始。しかし、ボールの失い方が悪く、カウンターをファウルで止めて、第2PKを与えてしまう。これをスパウットに決められて、6点差が付いた。さらに12分にもFPバイガジーが2度目の警告を受けた以上となる。数的不利の中、FPジェットサダに追加点を決められた。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

パワープレーが機能しないキルギスタンは、FPを4人に戻して攻める。17分には、サリンバエフが1点を返した。しかし、残り33秒でジェットサダに追加点を決められて万事休す。タイが8-1で勝利したが、別会場ではレバノンがヨルダンに勝利したため、グループ2位で決勝ラウンドに進むこととなった。

関連記事

  1. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第4回 インドネシアでの食事…
  2. 【アジア選手権】2連覇で12度目のアジア制覇を成し遂げたイラン代…
  3. 【フットサルW杯】ミゲル・タイがキューバに逆転勝利! ポルトガル…
  4. 【アジア選手権】グループ1位抜けを目指す日本代表FP皆本晃「ここ…
  5. 【アジア選手権】町田セットで出場時間が増えたFP室田祐希 「徐々…
  6. 【フットサルW杯】大会13日目、ロシアがスペインを撃破! イラン…
  7. 【練習試合】立川・府中で4連勝を初体験! チョンブリ戦でも活躍の…
  8. 【AFCクラブ選手権2018】変革の必要性を訴えるFP星龍太「『…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。