インタビュー

【女子】初代女王を目指しプレーオフへ 丸岡ラックFP池内天紀「恐れずに前に前に行くだけ」

いよいよ1月13日より、日本女子フットサルリーグの初代女王を決めるプレーオフが開幕する。1回戦に登場するのは、リーグ3位の丸岡ラックとリーグ2位のアルコイリス神戸だ。丸岡ラックは、2017年末から2017年にかけてクラブでスペイン遠征を行ってきたばかり。スケジュールこそハードになったものの、選手たちが得たものは大きかったようだ。
プレーオフ1回戦を目前に控え、第14回全日本女子フットサル選手権で丸岡ラックの初優勝のキーマンとなったFP池内天紀選手に、スペイン遠征で得たもの、そしてプレーオフへの意気込みを聞いた。

――スペイン遠征はいかがでしたか?
池内 とても充実した遠征になりました。ハードスケジュールで疲れましたが、たくさんのことが学べて良かったです。

――大差で負けた試合もありました。スペインのフットサルは、何が違いましたか?
池内 すべてが違ったと言ってもいいぐらいでした。自分たちが対戦した相手は基本4-0の形で攻撃してきました。サイドチェンジがとても速かったです。あとは、かなりファウルを取られました。

――もっとも印象に残っている試合、場面はどこですか?
池内 やっぱりスペイン一部リーグのエスプルーガスとの試合です。完敗でしたがスペインのフットサルを肌で感じることができたし、自分たちはまだまだだと思えました。何より楽しかったです。

――個人として通用すると感じたところ、課題だと感じたところを教えてください。
池内 個人としてはあまりない気がしますが、体の向きとかを考えてボールをキープすることは少し通用したのかなと思います。課題は、ずっとそうですがもっと得点に絡むことです。

――チームとして通用すると感じたところ、課題だと感じたところを教えてください。
池内 通用したところはピヴォ当てです。課題はディフェンスの時の連携ですね。相手はスピードが速い分連携がないとなかなかボールを奪えませんでした。

――今週末からはプレーオフが始まります。過密日程になりましたが、スペインでの経験は生かせそうですか?
池内 習ったことをすぐできるかと言われたら、難しいところもあると思うけど、少しでも生かせたらいいと思います。

――全日本でも対戦したアルコの印象は?
池内 前プレが速くて強いのと、シュートをどんどん打ってくる印象です。

――全日本選手権のときは1-1の引き分けでした。今回はどんな試合になると思いますか?
池内 やってみないとわからないと思いますが、全日で対戦した時とは違って20分のゲームなので厳しい試合になるのかなと思います。

――池内選手はプレーオフではどんなプレーを見せたいですか?
池内 良い守備から攻撃に繋げたいのと、人を使う時、自分で行く時をうまく使い分けたいです。あとは、恐れずに前に前に行くだけです。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

follow futsalx on twitter!

関連記事

  1. 【全日本女子選手権】大会最年少12歳の甲山レディースFP平山は準…
  2. 【女子】丸岡の田中悦博監督が、第3回ユース五輪出場の教え子たちへ…
  3. 【女子FリーグPO】府中とさいたまの準決勝第1戦は互いに譲らずに…
  4. 【AFC女子選手権2018】木暮賢一郎監督メンバー選出記者会見《…
  5. 【Fリーグ女子PO】初戦の大勝にも慢心なし アルコイリス神戸・小…
  6. 【全日本女子選手権】アルコイリス越えを誓うSWH FP中村「良い…
  7. 【女子Fリーグ】プレーオフ3試合の概要が発表に AbemaTVの…
  8. 【全日本女子選手権】網城がハットトリックのSWHレディース、連覇…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。