インタビュー

【女子】初代女王を目指しプレーオフへ 丸岡ラックFP池内天紀「恐れずに前に前に行くだけ」

いよいよ1月13日より、日本女子フットサルリーグの初代女王を決めるプレーオフが開幕する。1回戦に登場するのは、リーグ3位の丸岡ラックとリーグ2位のアルコイリス神戸だ。丸岡ラックは、2017年末から2017年にかけてクラブでスペイン遠征を行ってきたばかり。スケジュールこそハードになったものの、選手たちが得たものは大きかったようだ。
プレーオフ1回戦を目前に控え、第14回全日本女子フットサル選手権で丸岡ラックの初優勝のキーマンとなったFP池内天紀選手に、スペイン遠征で得たもの、そしてプレーオフへの意気込みを聞いた。

――スペイン遠征はいかがでしたか?
池内 とても充実した遠征になりました。ハードスケジュールで疲れましたが、たくさんのことが学べて良かったです。

――大差で負けた試合もありました。スペインのフットサルは、何が違いましたか?
池内 すべてが違ったと言ってもいいぐらいでした。自分たちが対戦した相手は基本4-0の形で攻撃してきました。サイドチェンジがとても速かったです。あとは、かなりファウルを取られました。

――もっとも印象に残っている試合、場面はどこですか?
池内 やっぱりスペイン一部リーグのエスプルーガスとの試合です。完敗でしたがスペインのフットサルを肌で感じることができたし、自分たちはまだまだだと思えました。何より楽しかったです。

――個人として通用すると感じたところ、課題だと感じたところを教えてください。
池内 個人としてはあまりない気がしますが、体の向きとかを考えてボールをキープすることは少し通用したのかなと思います。課題は、ずっとそうですがもっと得点に絡むことです。

――チームとして通用すると感じたところ、課題だと感じたところを教えてください。
池内 通用したところはピヴォ当てです。課題はディフェンスの時の連携ですね。相手はスピードが速い分連携がないとなかなかボールを奪えませんでした。

――今週末からはプレーオフが始まります。過密日程になりましたが、スペインでの経験は生かせそうですか?
池内 習ったことをすぐできるかと言われたら、難しいところもあると思うけど、少しでも生かせたらいいと思います。

――全日本でも対戦したアルコの印象は?
池内 前プレが速くて強いのと、シュートをどんどん打ってくる印象です。

――全日本選手権のときは1-1の引き分けでした。今回はどんな試合になると思いますか?
池内 やってみないとわからないと思いますが、全日で対戦した時とは違って20分のゲームなので厳しい試合になるのかなと思います。

――池内選手はプレーオフではどんなプレーを見せたいですか?
池内 良い守備から攻撃に繋げたいのと、人を使う時、自分で行く時をうまく使い分けたいです。あとは、恐れずに前に前に行くだけです。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

follow futsalx on twitter!

関連記事

  1. 【AFC女子選手権】日本は準優勝、後半に牙をむいたイランに2-5…
  2. [女子選手権]悲願のタイトルをもたらした急成長の16歳 丸岡ラッ…
  3. 【インタビュー】引退を発表した北海道FP神敬治「自分のプレーに納…
  4. 【AFC女子選手権】点取り屋のようなダメ押し弾のFP小村美聡「信…
  5. 【福井丸岡ラック×FutsalX 特別企画】U-18女子日本代表…
  6. 【全日本女子選手権】甲山レディースが成長の跡を示すも、PK戦の末…
  7. 【全日本女子選手権】プレ大会の再現はならず…アルコイリスに敗れた…
  8. 【Fリーグ女子PO】アルコイリス神戸が府中に4発快勝、初代女王に…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。