Fリーグ

【Fリーグ】ツイッター再開直後、今季初2得点の立川・府中FP皆本晃「もっと燃やしてください」

[10.8 F1第16節 立川・府中 3―0 浜松 立川立飛 906人]
日本代表FP皆本晃は、自身のツイッターで「今日から毎日つぶやきます! よろしくお願いします!」と宣言したのが4日のこと。その数日後、「皆本、自転車を買う ではなく買いたい」とつぶやくも、誰からもおすすめ自転車を教えてもらえないなど、周囲の反応を得られずに苦しんでいる。

SNSでは光を見出だせていない皆本だが、試合になれば水を得た魚のようだ。序盤からボールを運び、強烈な存在感を示すと、今季初の1試合2得点をマーク。ピッチ外で溜めたストレスを解消するかのような活躍ぶりで、自身も納得のマン・オブ・ザ・マッチ選出となった。

2位になったチームの現状に満足せず、どうすればさらに強化し、タイトルを獲得できるか。皆本の描いているビジョンを聞いた。

以下、浜松戦後の立川・府中FP皆本晃選手のコメント
――5連勝できた要因はなんでしょうか?
皆本 簡単な試合はひとつもありませんでした。僕たちは強いチームではありませんが、勝負所、点を取るべきところで取り、守るべきところで守ることに、こだわってずっとやってきました。勝負へのこだわりは、みんな強く持っています。「内容を追いかけるチームが多い中で、うちは結果にコミットしてやろう」と、僕がキャプテンになってからずっと言い続けてきました。そこに対してみんなが集中して、ガッといけていることが、勝てている要因かと思います。あとは、田中トシ(俊則)とクロモトというGK2人が非常に調子がいいです。いろいろな要素があると思いますが、一番は田中トシとクロモトが調子良くて、2人がそろっていることが一番かなと感じます。

――シュート数で言えば、浜松のほうが28対25と多かった試合です。
皆本 それはパワープレーが始まると…しかもパワープレーが長くなると、シュート数は参考にならないと思います。ただ、体感としても3-0でしたが、五分五分かなという感覚ではありました。そういう意味でも簡単なゲームではなかったかなと思います。

――スタートもボールを運ぶのは皆本選手のドリブルに頼っていたように見えました。
皆本 なかなか苦しい時間帯で、4枚で運ぶときにちょっと一人が長い距離をうまく取れなかったり、2人組をうまくつくれなかったりしたので、苦しい場面もありました。でも、そこにあまりフォーカスしすぎないで、最初の10分は時間を流そうというか、失点をしないこと。時間が過ぎていけば、力の差が出てくると思っていたので、とにかく最初の10分は何も事故を起こさず、失点しないこと。それは常に言っていることですし、それができたということで、決して良くはなかったものの、悪くはなかったと思います。

――1点目、審判に助けられた場面もありました。競り合いの中で浜松がファウルを取られて得点が認められませんでした。審判によってはゴールだったかなと。
皆本 あそこは完全にうちのミスでした。ただ、あそこで点が入っていたら、僕たちもまた違う戦い方をしていたと思います。2点目のFKも丸山がファウルを取ってもらいましたが、絶対にファウルになるかと言われたら、そうではないと思います。3点目も、マティアスが退場していた局面でした。でも、そういう運がよかったときに、しっかりその運をつかめる。その強さが一番必要だと思うので、その意味でよかったと思います。

――その運をつかむという点では、しっかり2ゴールを挙げましたね。
皆本 そうですね。コンディションもだいぶ戻ってきたので、そろそろ自分で点を取りにいきたいなとはすごく思っていました。今日は絶対に自分で決めていこうと思っていましたし、周りからもすごく「点を取れ」と言われていたんです。『今季、取れないんだよな』と思っていたのですが、今日は『取れない』ではなく『取らなければいけない』と思って試合に入ったので、結果が出せてよかったです。

――開幕直後は、そもそもシュートが少なかったですよね。
皆本 シーズン初めは、自分が第2PKスポットより前でボールを触る機会がほとんどありませんでした。今日は2点ともダイレクトで打てましたし、ボールが来て、そこまで自分がいけているのは、チームとしていいことだと思います。

――自分が行けるようになった感覚ですか? それともチームが時間をつくれるようになったのでしょうか。
皆本 僕的には、自分が走りこめるようになった感覚ですね。なかなか運動量の部分でかなり苦しんでいたので。

――今日の勝利で、また2位に戻りました。
皆本 順位とか、勝ち点を見ればいい位置にいると思います。でも、まだまだここから5連敗することも、あり得るリーグだと思います。逆に5連勝、無敗で行くこともあるかもしれません。そういうどうなるかわからないゲームが続いていくことは理解しているので、毎試合勝負所をしっかり決めていこうと意識づけてもっていっています。その意味では、あまり先は見ていません。最終的にプレーオフに進出して、プレーオフで名古屋に勝てるチームになっていけばいいと思っています。名古屋とはまだ正直差があるなとは感じているので。

――どこに一番差を感じていますか?
皆本 6月のゲームでは、そもそも個の部分で勝てていませんでした。そういう場面がシンプルにあって、1対1の局面で負けるから、みんなが後手後手になっていく。そこはみんな辛抱強く上げていくしかないなと。戦い方も、今までのように普通にやって勝てるわけではないと思うので、しっかり名古屋に対して勝つ戦略を練る必要もあると思っていますし、準備もしています。今のところ、正面衝突で勝てる相手ではありません。プレーオフに行ったときまでに、ある程度、正面衝突でも勝負になるところまで持っていきたいなと思っています。チーム自体を成長させて。若い選手も多いすし、このチームは伸びしろもあると思っているので、そこを伸ばしていきたいですね。

――ジョーがフィットしてきているのも大きいですね。
皆本 彼は非常に良い選手ですよね。正直なところ、『なかなか日本では活躍できない選手かな』と思っていたんです。体も大きくないし、足も速くない。フィジカルもそこまでは強くない。日本で活躍している外国籍選手が持っている質の要素を持っていないと思ったのですが、本当の意味で質が高いプレーを見せてくれます。技術的にも、ヒールキックができたり、反転シュートもあるし、すごいところで切り返したりします。あんなの見たことがないということをやってくれるので。

――ボールを引いて打つ時の角度とか、相当深いですよね。
皆本 あれは多分、取れないですよね。だから僕らはチーム内で「スアレス」って呼んでいます。

――点を取ることに特化しているということ?
皆本 理屈じゃないと。野性的なところがすごいあるので。先週のバイシクルもありましたしね。あんなの打てないじゃないですか? 大阪セントラルでのヒールキックとかも、あんなの見たことないですよ。相手もかなり困るんじゃないかなと思いますし、彼が入ったことで、(渡邉)知晃と彼という2枚ができて、さらにオプションで丸山もいます。まだまだ主力としては厳しいですが、オプションとしては有効な選手になってきているし、経験も積んできているので。丸山を成長させるっていう意味でも、ジョーがいることは、大きいと思います。

――丸山選手は落として反転までいくので、あと周りを使いだしたら脅威になりますね。
皆本 もう『府中のピヴォ』っぽいですよね。(小山)剛史くんはうまかったですけど、上福元から、丸山から。あとサテライトもああいうピヴォばかりなんですよね。

――岡部直樹選手とかですね。
皆本 そうそう。受けるところ、キープするところまではうまいし、反転もやるんだけど、周りが見えない。それが見えるようになったら、もうちょっと良い方向に行くと思っています。

――では2位だけど、伸びしろは十分ですね。
皆本 そうですね。まだ底を見せていないチームだと思います。そういうところで僕たちベテランでなんとか勝ち点を拾っていき、その間に、上村充哉だったり、酒井遼太郎だったり、だいぶ伸びてきている内田(隼太)だったりが経験を積んで、伸びてくれれば。彼らはまだ知らないこと、できないことがたくさんあります。でも、できるようになる可能性がかなり高い。知らないっていうことは、覚えられますし、彼らは覚える意欲がすごくあるし、頭もいいので。できないではなくて、知らないだけなので、そこはいくらでも伸びます。最終的に彼らが大きな武器になり、チームを押し上げてくれると思っています。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――そうした教育をしつつですね。ツイッターも頑張ってください。
皆本 もっと、どんどん燃やしてください!

関連記事

  1. 【日本代表】欧州遠征で好感触をつかんだFP皆本晃 「緩くなってい…
  2. 【Fリーグ】今季2勝目を挙げた仙台 ホセ・フェルナンデス監督「失…
  3. 【Fリーグ】名古屋のFP平田マサノリが全治3カ月の負傷
  4. 【Fリーグ】大阪の大森洋GMが2016-17シーズンのトップリー…
  5. 【講習会】スペイン代表ベナンシオ監督講習会、Fリーグ立川・府中の…
  6. 【Fリーグ】名古屋が浦安を6-2で破り、今季11勝目で無敗をキー…
  7. 【オーシャン杯】古巣との対戦に燃えるFリーグ選抜GK山田正剛「ア…
  8. 【Fリーグ】目標は全日本ユースU-18フットサル大会優勝! 大阪…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。