フットサル日本代表

【日本代表】辛勝も決定力不足を露呈したチームに FP皆本晃「このままだと次のステージに行けない」

[2.1 親善試合 日本 2-1 タイ バンコクアリーナ]
フットサル日本代表は1日に行われたタイ代表との親善試合に2-1で勝利した。序盤から日本は、オフ明けで主力を数名欠いているタイを圧倒。チャンスを多く作ったものの、FP森岡薫の1ゴール以外は、得点を決められなかった。終盤にパワープレーをされると、失点を喫してしまう。なんとかFP加藤未渚実のゴールで勝ち越したものの、課題が残る一戦となった。

試合を終えてFP皆本晃は「今の日本はこういうチーム」と、2点目を挙げられなかったことが課題であることを認め、「そのままだと次のステージに行けない」と、危機感を募らせた。

以下、FP皆本晃のコメント
――あれだけ多くのシュートを打ちながら、2得点に留まりました。大きな反省点ですね。
皆本 酷かったですよね。でも、今の日本はこういうチームです。そこが課題ですよね。欧州遠征でも同じようにチャンスがいっぱいありましたが、セットプレー以外では点を取れませんでした。

――プラスといえば、追いつかれてからも点を取れたことですね。追いつかれるのもいけないのですが。
皆本 本当に、パワープレーのディフェンスも今の課題です。世界の強豪とやった時、どうしても最後に追いつかれてしまう。相手のクオリティも高いのですが、守り切らないと絶対に勝てません。それでもパワープレーの攻撃で最後に勝てたのは良かったです。相手もホームで絶対に負けられないというなかで、意地は見せることができたと思います。

――2018年からの課題が出た感じですね。
皆本 そうですね。チームとしても改善しないといけません。パーソナルの問題で、日本代表選手みんなが意識を高く持って取り組んでいます。日常でしか変えられない部分でもあります。戦術やチームワークは、代表チームみんなで取り組むところですが、ゴールというところは個人の課題でもあります。もちろんチームとしてチャンスの数を増やすことが必要ですが、今日の試合を見てもらってわかるように、これ以上どうやってチャンスを増やすの?という感じですからね。

――それくらいありましたね。
皆本 増やす方法、もうないでしょ?と思うし、そこで決められるかどうかは選手のところ。選手の責任であり、長年の課題なので、頑張ってやっていかないとけません。

――それでも勝ち切れました。
皆本 相手のタイにも「やっぱり日本には勝てないか」と思わせないといけません。僕らも最後の最後にパワープレーでやられて、「うわー、良い試合をしたのに」って思わされて、力の差を感じさせられました。

――タイは日本になかなか勝てないし、そのイメージを強くさせたままでいきたいですね。
皆本 そうですね。今日も「やっぱり日本に勝てないか」と思わせることはできたと思います。

――タイが今回、ベストメンバーではなく、オフ明けですが、1stセットは圧倒できましたね。
皆本 前半は良かったのですが、後半は対策を立てられて難しかったですね。さすがプルピス監督でしたね。対策されたときのクオリティとアイディアが足りませんでしたし、そこが次の試合に向けた課題ですね。もっとレベルの高い国であれば、前半のファーストプレーで、「ここを狙っているな」と思われて、そこを切られると思います。そこに対して次のオプションを準備しなければいけません。今の日本は、そのオプションがあるけれど、うまくできていない。そこの精度を明日1日で取り組んで、ブルーノ監督も解決策も提示してくれると思います。そういう課題をもって次の試合ができるのは、良いと思います。どの形がいけるかは分かったので、それをやりたいと思います。

――左利きの選手がいなくて展開できない形もあったと思います。田村龍太郎選手が長く出たのは、左利きのオプションを増やしたいのがあるのでしょうね。
皆本 左利きのオプションは大きいですよね。ブルーノ自身も絶対に必要だと思っていると思います。

――あとは、話が戻りますが、やっぱりみんなシュートを決めないとですね。「結局、森岡薫か」と言われても仕方ありません。
皆本 俺もそうですし、みんな決めないと。もちろん薫くんが一番点を取れるし、これまでもずっとそうでした。でも、そのままだと次のステージに行けない。良いところまで行くし、良い試合もできるけれど……ブラジルとスペインを相手にしたらわかりませんが、その次のレベルの相手とは良い試合ができる。でも、そこに勝つとなると、入れないといけない。入れられる選手が増えないといけない。それが1人では絶対ダメだし、2人でもダメ。3人、4人いないといけない。みんながそうなれば勝てるし、自分もそうなっていくように意識をもって取り組むしかありません。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――今年はW杯予選の予選もありますからね。
皆本 はい。このままだと自分も次のステージにいけないので、いけるように決めたいと思います。

 

関連記事

  1. 【日本代表】代表最年長となったFP小曽戸 「年齢は気にせず、一番…
  2. フットサル日本代表の新監督にベトナムをW杯16強に導いたブルーノ…
  3. 【Fリーグ】日本代表に初招集の北海道FP堀米「積極的に自分のプレ…
  4. 【AFC女子選手権】点取り屋のようなダメ押し弾のFP小村美聡「信…
  5. 【親善試合】アルゼンチンをW杯制覇に導いた39歳・指揮官ディエゴ…
  6. 【U-20アジア選手権】決勝トーナメント進出を喜ぶ鈴木隆二監督「…
  7. 【アジア選手権】若い2選手のゴールを喜ぶFP滝田学「めっちゃ嬉し…
  8. 【U20アジア選手権予選】FP大塚尋斗とFP山田慈英が2ゴール!…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。