アジア選手権

【アジア選手権】グループ1位抜けを目指す日本代表FP皆本晃「ここからは全試合がファイナル」

[2.3 AFCフットサル選手権 日本代表 5-2 韓国代表 台北大学]
AFCフットサル選手権は3日に大会3日目を迎え、日本代表はグループステージ第2節を行い、韓国代表と対戦した。試合は5-2で日本が勝利し、グループステージ突破を決めている。グループステージ1位、2位通過を懸けた一戦となるウズベキスタン戦へ、皆本晃選手の思いを聞いた。

以下、韓国戦後の皆本晃選手のコメント

――今日の試合を振り返ってください。
皆本 相手がずっと40分間、集中を切らさずにきたので、あのウズベキスタン戦は何だったんだろうという感じでしたね。気持ちがなかったのかな? とさえ思いました。2日前にああいうやられ方をしたからなのか、日韓戦だったからか、今日は非常に気持ちが入っていて、難しいゲームになったという印象です。

――引いて守備の堅く、カウンターも鋭い良い相手と試合ができたのでは?
皆本 簡単な試合が1試合もないということですね。前回の2-13というスコアがあったから、楽勝じゃないかという雰囲気もあったかもしれませんが、そういうのをなしにすれば、苦しい試合が毎試合続くとわかっていましたし、そこに勝ち続けるしかない。逆に、楽勝ばかりで勝ち上がれば、最後に逆境に立たされたことがないチームは、苦しい思いをすると思うので、こういう経験をして積み上げて勝ち上がるのは大事だと思います。良い試合だったとはいえなくても、すべてをネガティブに捉える必要はないかと思います。

――かなりセットがわけていますが、それについては?
皆本 アルゼンチン戦でも1試合目、2試合目で違いましたし、初戦、今日も違うし、最適解を探している段階だと思います。その意図は、こういうセットだからこうだよねということは特に言われていません。とはいえ、セットが変わっても、やることは何も変わりません。特徴が変わるだけですし、全然やったことがない選手がいるわけではないし、おおよそどういうプレーをするかはわかっていないといけません。そこの適応力がないと、逆に代表に入れないと思いますし、そこも試されていると思います。とにかく一丸となって、自分がやる仕事を、出た時間は全力でやろうと話していますし、経験の多い選手が多いので、崩れる要因にはならないと思います。

――次のウズベキスタンは、近年結果を残しています。
皆本 今日と同じような試合になると思います。僕らがボールを持って、向こうがカウンターを狙ってくるゲームになる。そこで自分たちがゴールを決めることができるかだと思います。ここからは全試合がファイナル。ここからは、もう負けが許されないという気持ちでいきます。

関連記事

  1. 【日本代表】初めて欧州遠征に参加したFP原辰介「カルチャーショッ…
  2. 【U-19日本代表】第2回AFCU-20フットサル選手権に向けて…
  3. 【日本代表】欧州遠征を振り返るFP森岡薫「あらためてもっとうまく…
  4. 【PH】AFCクラブ選手権2018 名古屋オーシャンズ 4-0 …
  5. 【AFC U-20選手権】組み合わせが決定!! 日本の初戦は16…
  6. 【日本代表】3月25日から4月8日、欧州遠征のメンバー発表 欧州…
  7. 本日、デフフットサルの国際試合を国内で初めて開催 日韓戦に向けて…
  8. 【日本代表】名古屋トレーニングキャンプのメンバーを発表、湘南GK…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。