アジア選手権

【アジア選手権】マインドチェンジで良さを出し始めたFP皆本晃「自分が後回しになっていました」

[2.9 AFCフットサル選手権準決勝 イラク0-3日本 新荘体育館]
AFCフットサル選手権は9日、準決勝の2試合を行い、日本代表はイラク代表と対戦した。日本は前半のうちに3点を取ると、3-0で勝利。2大会ぶりの決勝進出を決めている。キャプテンを務めるFP皆本晃は、本来のパフォーマンスを発揮できていなかった。それでも、イラク戦では徐々に自分らしさを発揮。決勝に向けてポジティブな姿が見られた。

以下、イラク戦後の皆本晃選手のコメント
――決勝進出おめでとうございます。
皆本 ありがとうございます。

――今日の試合はかなりパフォーマンスが上がった印象でしたが、ここまで皆本晃らしさを出せなかった要因は何だったのでしょうか?
皆本 色々な要素はあると思うのですが、周りを見ないといけない、気にしないといけないというのがあって、ちょっと周りを気にし過ぎてしまい、「周りを生かそう」「周りがうまくいくように」と考えすぎてしまっていたと思います。それをある試合から、自分が良いプレーをして、それにみんなが付いてこれるようにした方が、うまくいくのかなと思い、そこはマインドを切り替えました。

――U-20のときは、仁部屋和弘選手とそれをしっかりやっていました。それがフル代表になると変わってしまっています。
皆本 自分の中でもやっぱり、そこを生かさないといけない、周りを生かさないといけないというのがありました。U-20のときは、自分が行かないといけない部分がありましたが、今は周囲にも良い選手がたくさんいるので、良い選手を生かさないといけないという想いが強かったので、そこを一番に考えてしまい、チームが勝つことが一番であり、自分が後回しになっていました。でも、チームが勝つためには自分が良いプレーをしないといけないと考え直してからは、またプレーがだいぶ変えてはいます。それが良いか、悪いかはわかりませんが、チームに良い影響を与えられるのは、やっぱり自分のプレーをすること、自己中心的にプレーすることが大事かなと思っています。

――それを見て監督も選んでいますからね。
皆本 そういう風にも言ってもらっていますし、いまは「周りが生きなくてもそれでいいか。その代わり自分が生きてチームを勝たせるんだ」というマインドに切り替えてやっています。それが周囲からすると、良い方向に見えるのかもしれません。

――4年前に優勝を経験しました。今大会はグループステージは苦しみましたが、準々決勝、準決勝が、ちょっとレベルの落ちる相手との試合になっていました。
皆本 でも、昨日も今日も、苦しい試合だったと思います。そういう意味では予選からずっと楽な試合なんて一つもありませんでした。僕の感覚では、前々回大会の方がラクな試合は結構ありました。ウズベキスタンに初戦で負けたこともありましたが、それ以外では準決勝ではクウェートに6-1で勝っていました。そういう意味では優勝したときの方が、余裕はあったと思います。今回はずっと緊張感を持ちながら、今日も前半で3-0になりましたが、後半に1点でも取られたら「どうなるかわからない」という感じでした。そういう意味では、良い状態で1試合1試合来ているかなと思います。

――それでも2試合連続無失点です。
皆本 僕たちが一番大事にしてきた部分をしっかり体現できたのは、決勝に向けて良い勢いをつけられたのかなと思います。

――十中八九、相手はイランになると思いますが、決勝戦はどうですか?
皆本 出来ればイランとやりたい気持ちはあります。W杯で3位になっているチームですし、今大会を見てもかなり強いのは間違いない。では、僕たちが勝てないかというと、そうではない。たとえば十回やったら、6回、7回、向こうが勝つかもしれません。でも、決勝は1回しかないので、その3回のうち1回をそこに持って来ればいい。それは前回優勝したときも、それくらいの差があったと思いますし、それでもああやって優勝はできた。僕たちにとっても決勝戦は特別なゲームなので、ここはモノにするという強い気持ちをもっていきたいです。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――まず先制点を与えないためにも守備ですね。
皆本 そうですね。ただ、守備と攻撃は表裏一体です。良い守備ができたら、良い攻撃にもつながっていくと思います。僕らはイランが苦手ではないので、楽しみにしてください。実力差は、ありますよ。普通にやったら、やられちゃうと思う。それでもイランが何をやってくるかは、もう何回も戦っているからわかっていますし、W杯も見ていますかどれだけ強いかも知っています。でも、決勝戦ですし、イランにも日本に対する苦手意識もあるので、僕たちが良いパフォーマンスを出せれば、10回のうち、3回か2回くらいしか勝てないくらいの力の差があるかもしれませんが、それを出さないといけません。

関連記事

  1. 【アジア選手権】森岡薫が4G1Aの大暴れ、日韓戦を制した日本が決…
  2. 【U-20アジア選手権】残り1秒の失点でインドネシアと分けた日本…
  3. 【女子代表】フットサル日本女子代表が7日から9日に神奈川合宿を実…
  4. 【日本代表】イラン遠征の重要性を説くブルーノ・ガルシア監督「非常…
  5. 【親善試合】日本に連勝のアルゼンチン ディエゴ・ジュストッシ監督…
  6. 【U-19日本代表】第2回U-20アジア選手権出場へ、初の代表合…
  7. 【アジア選手権】2連覇で12度目のアジア制覇を成し遂げたイラン代…
  8. 【日本代表】FP芝野創太とFP内田隼太が日本代表候補合宿に追加招…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。