Fリーグ

【練習試合】チョンブリに勝利した立川・府中FP皆本晃「個で崩されることはそんなにない」

[7.24 練習試合 立川・府中 4―3 チョンブリ 立川]
立川・府中アスレティックFC24日、AFCフットサルクラブ選手権2018インドネシアに出場するタイ王者のチョンブリ・ブルーウェーブと練習試合を行った。試合は20分ハーフ+10分で行われ、立川・府中が4-3で勝利している。今季、Fリーグでは得点を挙げられていないキャプテンのFP皆本晃も、1ゴールを挙げて勝利に貢献した。

以下、チョンブリ戦後のFP皆本晃選手のコメント
――今季はゴールが取れていませんが、ここで取りましたね。
皆本 (苦笑)。取りたいんですよ。取りたくない気持ちはもちろんあるんですけど、こんなに点を取れていないシーズンは初めてですよ。でも、アシストはもう9くらいいっているんですよ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

――打っていないわけではないですよね?
皆本 いや、この2連戦はシュートもゼロでした。やっぱりシュートまでの距離が…。自分自身、ゴール前まで行けていない。第2PKスポットの前でボールを触れていないのがあったので。

――全体的に攻撃が速くなっているってことですね。
皆本 はい。定位置でゆっくりというよりも、前方向に出る、カウンターでいくっていうシーンも増えてきています。僕は基本的に一番うしろにいることが多いので、前の選手にパスを出したら、攻撃が終わっているという状況もあります。一概に良い、悪いというのはないですし、それが良い部分もかなりありますので。もちろんこれだけ点を取れていないので、焦りもありますけど、毎試合点を取らないといけないポジションではないと思いますが、多少は取らないといけないので。

――試合は4-3でしたが、やった感じはいかがでしたか?
皆本 去年も練習試合をさせていただきましたが、僕はタイ代表とよくやっているから知っていますが、今チームにいる若い選手には国際経験もない選手が多い中で、こういう違うスタイルのチームと戦えることは、非常に大きかったかなと思います。

――個人で崩されることは、そんなになかったですよね。
皆本 コンビネーションはタイ代表とやっていてもレベルが高いのですが、個で崩されることはそんなにないのかなと。個だったら、日本人で考えて、スパウットと(森岡)薫くんとどっちが怖いかって言ったら、明らかに薫くんのほうが怖い。ただ、スパウットは技術が高いし、ミスが少ないし、シュートはうまい。でも抜かれることはないじゃないですか。そういう選手がそろっていて、そういう選手に合ったボール回しをしてくるので、ボールが取れない時間帯は今日も長かったですよね。すごくボールを回されているけれど、最後にゴール前ではこっちのほうが強い状況でした。ただ、これだけボールを回されることはないんで。

――切り替えのところで気を付ければ大丈夫かなと見えていました。
皆本 うん。僕自身は最後の最後だけ、ついていかないというのをやめなければ、こっちが自爆しなければ、やられることはないかなと思います。でも、本当に特徴を生かしたチームだと思います。タイ人は、個のタレントという形ではないですが、しっかりパス回しができる選手を配置していますし。

――立川・府中はピヴォが足りませんでしたね。
皆本 そうですね。人がいないなかで若い選手もたくさん出ました。サテライトの選手も2人、1人は強化指定の選手で、それで勝てたのは非常に良かったと思います。

――公式戦ではないにしても、Fリーグのクラブは十分、アジアのトップレベルとも戦えますね。
皆本 彼らも100%で来ているかはわかりませんが、モチベーションは結構高かったと思いますよ。

――ファーストセットはベストメンバーでしたね。
皆本 相性的なところもあったと思います。メンバー的にはいない選手も多かったですが、これで大敗していたら、「来年は立川・府中とはやらなくていいや」ってなってしまったかもしれないのでね。こういうクラブと戦う経験は、なかなかできないじゃないですか。

――アジアクラブ選手権に出るか、自分たちでタイに行くかですね。
皆本 スパウットとかがいても、やる機会がないと、名前負けしちゃいそうなところだけど、実際にやれば止められたりしますからね。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

――さて、ここからリーグは2週間空きます。現在の順位は2位ですが?
皆本 そこは過大評価して、大きく出るつもりはありません。2位に値するゲームをしてきたかというと、そういう内容のゲームを重ねてきたわけではないですし、僕たちもチームを好転させていかないといけません。まだ第1クールの最初なので、準備ばかりを見ているわけにはいきません。2位だからよっしゃ!なんて思えないです。ただ、今年はプレーオフが3位までなので、序盤から落とせないゲームばかりというプレッシャーは常に感じています。うまくいっていなくても、勝ち点だけはしっかり拾うゲームができているので、そこは続けたいです。ただ勝てばいいだけではありませんが。

 

関連記事

  1. 【Fリーグ】堀内迪弥が大阪から仙台へ移籍 「勝利に導けるよう全力…
  2. 【Fリーグ】ミスター・デウソンが移籍を決意 神戸FP原田浩平「次…
  3. 【Fリーグ】開幕スタメンに抜擢されたすみだFP中田秀人「去年より…
  4. 【Fリーグ】立川・府中に逆転負けの大阪FP小曽戸允哉「良い薬だっ…
  5. 【Fリーグ女子PO】江口未珂が2ゴールの活躍! 神戸が府中に2連…
  6. 【Fリーグ】フィウーザがPK&第2PKをストップ! 湘…
  7. 【Fリーグ】ホーム最終戦後のスピーチで涙が溢れた すみだFP諸江…
  8. 【Fリーグ】湘南のFP安嶋健至が全治3カ月の負傷

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。