Fリーグ

【PH】YSCC横浜&元フットサル日本代表FP稲葉洸太郎のフットサル場が3周年記念イベントを開催

(文・写真=勝又寛晃)
元日本代表で現在はF2リーグのY.S.C.Cでプレーする稲葉洸太郎がプロデュースするフットサル施設、アネルフットパークよこはま中山が3周年を向かえ豪華ゲストを集めてのイベントが開催された。集まったゲストは一般参加者のチームに混ざってプレーし、いつもは同じチームで戦う選手のマッチアップが見られたり、引退したレジェンド選手と一緒にフットサルを楽しんだりとフットサルファンにはたまらない時間となった。最後はゲストチームの紅白戦も披露され素晴らしいプレーの連続となり大盛りあがりの中イベントは終了した。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

アネルとは”輪”、フットは”フットサル” 。
フットサルで広がる輪をイメージして作られたフットサルパークはよこはま中山での成功を受け、さいたま与野と千葉白子にもフットサル施設がオープンし稲葉洸太郎の思い描いた輪はどんどん大きなものになっている。
フットサルをプレーするだけの層とFリーグがうまくリンクしてこないまま10年以上きてしまったが、例えば現役代表選手たちのスーパープレーを目の前で見せられ体感したら虜になってしまうのではないだろうか。大きなお金を動かして有名なサッカー選手を連れてくるのも意味が無いとは言わない。
しかしFリーグはこの日のイベントのようにお客さんを呼ぶ魅力をもった選手たちがたくさんいるし、まだまだフットサルのために一肌脱ぐと言ってくれるレジェンド選手もいる。
彼らの事を知らない人たちも一緒にフットサルを楽しんだら、一発でファンになってしまうと思うのだが。
そんな草の根的な活動を続けていく事が大きなムーブメントになるように筆者は思うのである。そしてそれを可能するだけの稲葉洸太郎のたくさんの選手との繫がりと、イベントを実施できるフットサル施設のタッグは停滞するフットサル界に光を差してくれるかもしれない。

関連記事

  1. 【PH】府中との東京ダービーを制したすみだ、PO進出を決める(1…
  2. 【Fリーグ】湘南がFP本田眞琉虎洲の通算150点やFP野口健吾の…
  3. 【U-15選手権】創設2年目のエフスリーが京都Jマルカに逆転、全…
  4. 【Fリーグ】FP掘米将太が今季初含む2ゴール! 大阪が新外国籍選…
  5. 【U-15女子選手権】グループAは前年無得点で敗退の徳島ラティー…
  6. 【Fリーグ】仙台がキャプテンのFP狩野新、日本代表候補GK矢澤大…
  7. フットサルメディアによる「フットサル大賞2016-2017」が開…
  8. 【Fリーグ】湘南がトップ・サテライトの追加セレクションを実施

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。