Fリーグ

【F1】「チームは完成の域に近づいている」 大阪の総合力に自信もFPアルトゥールは警戒心を緩めず 「明日、もう一度0-0から試合が始まると思わないといけない」

[2.16 PO準決勝第1戦 大阪 11-4 立川・府中 駒沢屋内]
1993年、サッカーのW杯アメリカ大会予選が行われた時のことを思い出した。当時、日本代表は韓国代表に1-0で勝利し、最終戦のイラク戦を前にW杯本大会出場に大きく近づいた。この時、決勝点を挙げたカズは涙を流し、チームメイトたちも歓喜した。その中で、ただ一人、警戒心を強めていたのが、ラモス瑠偉氏だった。

「まだ終わってない。何も手にしていない」。

浮かれる選手たちを横目に募らせていた不安は、“ドーハの悲劇”として的中してしまった。

そんなラモス氏に、FPアルトゥールが重なった。

7点差を付けて勝利した第1戦で4ゴールを挙げた大阪の大黒柱は、「決勝」「名古屋」といった単語が出てくるたびに、「まだわからないよ」と警戒心を見せる。そして、「明日、もう一度0-0から試合が始まると思わないといけないし、自分たちの最高のプレーをしないといけない」と、リードがあることを考えずに戦い続ける覚悟を示した。

以下、立川・府中戦後のFPアルトゥール選手のコメント
――チームにとって完ぺきな結果でしたね。どんな気分ですか?
アルトゥール でも、まだわからないよ。明日の試合もあるからね。40分間、立川・府中は絶対に攻めて来るでしょう。アドバンテージは7点ありますから、明日もみんな頑張らないといけないよね。

――今日、大阪が良かった理由は?
アルトゥール 集中力が完ぺきだったね。さっきチームの前で話をしたけど、集中力が本当に素晴らしかったけど、明日はさらに良くないといけない。立川・府中は40分間パワープレーをしてくるかもしれないし、集中力がさらに求められる。

――チアゴがしばらく戦列を離れていたけど、それで日本人選手も出られる時間ができて、選手層が厚くなりましたね。
アルトゥール 間違いないね。チームは完成の域に近づいているよ。負傷をしている選手や、ベストコンディションの選手がそろうことが少なかったけど、ここにきて選手が揃ってきている。明日も、立川・府中に勝つチャンスがいっぱいあると思うよ。

――勝てば、決勝に向けて良い自信も持てますね。
アルトゥール でも、さっきも話したけど、まだ試合は終わっていないからね。何も決まっていないから、明日もう一度0-0から試合が始まると思わないといけないし、自分たちの最高のプレーをしないといけない。チャンスはあるよ。今日の試合は良かったしね。大きなアドバンテージがあるからね。

――しっかり休まないとですね。
アルトゥール 体が痛いからね。疲れもあるし。でも、これが僕たちの仕事ですから。ほかのチームも、僕たちをリスペクト指定ると思うし、どうなるかな。明日はまた別の試合になるからね。アドバンテージはあるけれど、でも、まだ終わってないからね。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――さらに良い大阪が明日、見られるのを楽しみにしています。
アルトゥール 僕もだよ。また明日ね!

関連記事

  1. 【F1】立川・府中のマスコット「アスレくん」がついに完成! 背番…
  2. 【オーシャン杯】選手の補強がない中で、すみだが行った今季の補強 …
  3. 【Fリーグ】タイトル奪還を目指す大阪、FPチアゴ3点、FPアルト…
  4. 【Fリーグ】現役引退のFP小檜山譲は大分のコーチに就任
  5. 【F1】プレーオフの概要が発表に 決勝は駒沢屋内かオーシャンアリ…
  6. 【F1】ペスカドーラ町田の山本敏彦代表取締役社長のコメントまとめ…
  7. 【F2】長野がFP石関聖との契約満了を発表 「これからの人生も全…
  8. 【Fリーグ】第23節の全6試合で試合前に黙とうを実施へ

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。