playoff

【女子FリーグPO】3点のリードを守れず、決勝進出を逃した府中 松田大次郎監督「選手は一生懸命やった。自分の采配ミスで負けた要因」

[2.17 女子Fプレーオフ準決勝 府中 6-5 さいたま 駒沢屋内]
日本女子フットサルリーグ2018は17日、プレーオフ準決勝の第2試合を行い、府中アスレティックFCプリメイラとさいたまサイコロが対戦した。試合は6-5でさいたまが勝利。前半を3点リードで折り返したにもかかわらず敗れた府中の松田大次郎監督は「自分の采配ミスに負けた要因が大きいと思います」と、唇をかんだ。
以下、試合後、府中の松田大次郎監督のコメント
――試合を振り返って?
松田 昨日に引き続き、本当にたくさんの方々の応援がすごく力になりました。ありがとうございました。このような環境でやらせてもらって、日本フットサル連盟、リーグ、そして大会を支えてくれている全員に感謝します。

試合は前半、昨日の修正点をいかし、着実に得点を重ねて、選手たちは良い形で前半を終えられたと思います。後半に関しては、パワープレーの守備に対しての不安が出てしまい、そこからチームが崩れてしまいました。この試合に関しては、選手たちは一生懸命にやっていて、自分の準備不足、あとはタイムアウトを取るタイミング、ゲームをコントロールできなかった。選手には言いましたが、選手は一生懸命やった。自分の采配ミスに負けた要因が大きいと思います。

――後半のタイムアウトが遅かったのは、何を悩んでいたのですか?
松田 まだ相手にパワープレーをされるときに、最後に1回しか使えないので、その使うタイミングをいつやってくるかを図っていました。できたら、最後まで(タイムアウトの権利を)持っていたいということがあったので、なかなか使わないようにしました。

いつも連続でポンポンと点を取られていたのですが、それはセットを変えたりして解消できると思っていて、そのままやりました。ただ、結果的にパワープレーでというよりも普通のところで点を取られたのが現実的なところだったので、そういうところの精神的なところのコントロールが、タイムアウトを取ることで一度、落ち着いていたのかなと今は思います。

――リードしている場面で、ラインを下げていた意図は?
松田 守備のスタート位置をハーフウェーラインにしたのは相手の16番が素晴らしい選手で、そこに対して引いても前からいっても、サイコロさんのスタイルが前に長いボールを入れるものなので、前からいき、広いスペースで16番と1対1をするよりも、少しラインを下げて、カバーリングをする数的優位を16番に入ったときにするために、人と人の距離を近づけるために下げました。

――連戦で良い結果が出ていないチームだが、体力消耗させることは考えなかった?
松田 自分の考えでは前からプレスに行くことで、相手が回すなら、向こうの体力が削られると思いますが、こっちが前から行って、つながれないでそのまま蹴られると、うちの上下動が増えて、こっちの体力が削られると思いました。

あとは点差の部分ですね。相手の体力がというところでは、そういう考えではありませんでした。プレーオフなので、連戦でどうだという部分で、ベテランがいるので、そういう部分で一筋縄にいかないとは思っていました。連戦だからどうと考えるとよくないと思っていたので、そういう戦い方をしました。1年間ありがとうございました。

以下、FP縄田三佳選手のコメント

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

松田 前半の入りからこっちのペースだったり、得点を取れていた部分もありましたが、後半の自分たちのミスで負けたのが敗因だと思います。サイコロさんは来週の決勝に向けて、頑張ってほしいと思います。

関連記事

  1. 【全日本女子選手権】日本女子フットサルリーグ参戦チーム同士の対戦…
  2. 【U-15女子選手権】グループBを勝ち抜いたのは7人で戦う秋田L…
  3. 【全日本女子選手権】常盤木学園高を破ったアルコイリスが3戦全勝で…
  4. 【女子Fリーグ2018】GK竹田祥子が退場も、女王アルコイリス神…
  5. 【AFC女子選手権】バーレーン戦で2ゴールも出場時間減のFP千田…
  6. 【AFC女子選手権】FP若林エリ&FP小村美聡が語る木暮ジャパン…
  7. 【F1】「チームは完成の域に近づいている」 大阪の総合力に自信も…
  8. 【PH】プレーオフ 湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ(33枚…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。