playoff

【Fリーグ女子PO】初戦でビハインドを背負うも逆転を誓う府中プリメイラ松田大次郎監督「4点取ればうちが優勝」

[1.20 女子FリーグPO決勝1回戦 府中 0-4 神戸 駒沢屋内]
日本女子フットサルリーグ2017は20日、プレーオフ・ファイナル第1戦を駒沢オリンピック総合運動場屋内球技場で行い、府中アスレティックFCプリメイラは0-4でアルコイリス神戸に敗れた。初戦を終えて大きなビハインドを背負うこととなったが、松田大次郎監督は「前半はやりたいことをやれていた」と言い、明日の試合に向けて気持ちを切り替えた。

●松田大次郎監督のコメント
――試合の感想をお願いします。
松田 第1回の日本女子フットサルリーグのプレーオフ・ファイナルに来れたことを、すごく嬉しく思います。素晴らしい環境でプレーさせてもらっていることに感謝します。

試合の展開ですが、予想通りの展開ではありました。その中で、どっちが点を取るか。シュート数は明らかに向こうが多くなるのは目に見えていました。その中で、うちが最初に点を取るのか、向こうが取るのか。前半、シュートを打たれましたが、うちはやりたいことをやれていたのではないかと思います。明日に関しても自分たちがやりたいこと、狙っていくことがあるので、それを体現して4点取ればうちが優勝なので、それを目指して頑張っていきます。

――アルコイリス神戸の強みと弱みをどうとらえているのでしょうか?
松田 強みに関しては、うちと比べても、他のクラブと比べても、確実に得点力があるチームです。それを防げるかどうかです。穴に関しては、まだ明日があるので言えませんが、必ずあると思っているので、そこを狙っていきたいと思います。

――リーグ戦後、プレーオフにはどういう準備をしてきたのですか?
松田 日本女子リーグの最終戦を終えてから、その近くに関東の選手権がありました。また東京都リーグを戦っているので、そこでプレーオフに向けての準備をやってきました。戦い方としては、うちはまだ多くのことはできません。自分たちがやれることの精度を上げていくことを一番やってきました。ただ今日はそのところで、相手との力のパワーバランスで自分が見誤っていたところもあるので、そこを修正して明日、臨みたいと思います。

●縄田三佳キャプテンのコメント

――試合の感想をお願いします。
縄田 決勝の場に立てたことをすごく嬉しく思いますし、リーグ戦を1戦1戦、勝っていけたからこそここに立てたと思っています。ただ、この決勝に向けての準備は、ちょっと足りなかったのかなと思います。結果としてはゼロ点で、相手が4点だったので、完敗という形になってしまいました。ただ、また明日試合があるので、必ず切り替えて4点取りに行きたいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――アルコイリスのプレッシャーはどう感じていますか?
縄田 一人ひとりが持っているスキルであったり、体のつくりは、どのクラブと比べても素晴らしいと思います。体格差が違いますし、個人の技術も高いので、ドリブルで一人で得点につなげられるのはアルコの強みだったり、圧力だったりかなと思います。

関連記事

  1. 【AFC女子選手権】先制ゴールを含むハットトリックのFP若林エリ…
  2. 【トリム杯】残り6秒での敗戦を悔やむ東京都選抜FP千田日向子「シ…
  3. 【ユース五輪】大会初戦を勝利で飾ったU-18女子日本代表 木暮賢…
  4. 【女子FリーグPO決勝】第2戦はさいたまが勝利も、2戦合計スコア…
  5. 【女子】女子Fリーグ最多2,801人を動員した丸岡が北海道に8-…
  6. 【全日本女子選手権】後半にゴールラッシュの甲山レディースがメンバ…
  7. 【女子アジア選手権】日本、優勝に王手! 加藤正美の決勝弾で日本が…
  8. 【全日本女子選手権】甲山レディースが成長の跡を示すも、PK戦の末…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。