Fリーグ

【引退発表】元日本代表FP小野大輔が現役引退を表明「全ての人に感謝して誇りを持って」

元フットサル日本代表のFP小野大輔が5日、自身のフェイスブックで現役引退を表明した。

小野は5日、浦安市総合体育館で開催された岩本昌樹引退試合に出場。その後、自身のフェイスブックを更新、「1人自分引退試合でした」と、20年に渡ったキャリアに幕を閉じる決断をしていたことを明かしている。

小野は東京都立久留米高等学校サッカー部を卒業後、フットサルを始め、上村信之介に誘われてファイルフォックスに加入。第5回全日本フットサル選手権を制した。その後、上村、渡辺英朗、橋田桂二、伊藤喜彰とともにファイルフォックスを退団。フトゥーロを立ち上げて関東リーグ、全日本選手権で活躍した。そのプレーがセルジオ・サッポ日本代表監督の目に留まり、03年のオーストラリア遠征で、日本代表に初招集された。

サッポ監督の下、木暮賢一郎とともにピヴォとして重用され、04年に台湾で開催されたフットサル世界選手権(現フットサルワールドカップ)に出場した。

世界選手権での活躍も期待されたが、3試合に出場し、無得点に終わり、世界との差を痛感したことで、欧州移籍を決意する。当時、ブラジルやスペインに渡る選手が多かったが、スペインではFIFAルールと異なるルールが適用されていたこともあり、小野は世界選手権でも対戦したイタリアへ移籍した。

イタリアで1年プレーした後、スペインでプレー。2008年にFリーグのバルドラール浦安に加入した。同年、ブラジルで開催されたワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、初戦のブラジル戦のキックオフ直後、FPシュマイケルと激しくボールを蹴り合った際に右膝前十字靱帯・右膝内側側副靭帯を損傷する重傷を負い、2度目の世界大会は終わってしまう。

2009年には、Fリーグに参戦する府中アスレティックFCに移籍。生まれ育った地元のクラブで3シーズンにわたってプレーした後、湘南ベルマーレへ移籍。4シーズン、プレーした後、当時木暮監督が率いていたシュライカー大阪からもオファーを受けたが、浦安に移籍する決断を下した。

16年から3シーズン、再び浦安の赤いユニフォームを着てプレーし、2017/2018シーズン終了後の契約満了後は、所属先がない状態だった。

Fリーグ通算226試合に出場、64得点を記録していた。日本代表としては、04年と08年に2度のワールドカップに出場したほか、日本が初優勝した06年大会を含め、5AFCフットサル選手権に出場している。

小野は5日にフェイスブックを更新し、以下のようなメッセージを綴っている。

 「ご報告

20年のフットサル選手 現役生活を終わります。
18
歳で上村信之介君に出会い、そこからフットサル人生がスタートしました。
そこからは皆さんご存知の方々に良くしてもらって今日まで来れました。
日の丸を背負えた事、
ヨーロッパで4年間 たたかえたこと、
同じ時代をフットサルを通してみんなに出会えた事、
一喜一憂して喜怒哀楽をこの歳まで出せた事。
全ての人に感謝しています。

僕の膝は2008年のブラジルワールドカップの時の怪我で思うようにいきません。
年間通して続けてプレーするのも厳しいと
医師の判断も受けました。

なので、今日の岩本昌樹の引退試合は、
僕の中でもあのメンバーの中で蹴れて
1
人自分引退試合でした。

最後にadidasの自分の足型のトップサラで試合出来たこと。
bonera
の素晴らしいユニフォームを着て浦安のアリーナでプレー出来たこと!
サッカー協会、Fリーグ、各クラブ社長、スタッフ、スポンサー、関わって来た全選手、
そして、どのクラブに行っても声をかけてくれたサポーター、
家族。

全ての人に感謝して誇りを持って
フットサル選手としての人生が
幸せだったと言えます。

皆々様ありがとうございました。

今後の事は、またご報告させて頂きます。

小野大輔」

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【Fリーグ】浜松がFP大野克とFP山蔦一弘の退団を発表 山蔦「力…
  2. 【Fリーグ】大阪が12月に帰化したヴィニシウスの退団を発表 「最…
  3. 【Fリーグ】仙台がFP島田大陸の現役引退を発表 「未来のスターの…
  4. 【F1】大分が元日本代表FP原田浩平の現役引退を発表「全日本選手…
  5. 【F1】準決勝第2戦で2ゴールの大阪FP稲田瑞穂「人生初の日本一…
  6. 【F1】湘南が奥村敬人監督の続投を発表 「地域に愛され、最後の0…
  7. 【F1】F選抜で活躍の名古屋サテライトFP瀧澤太将が大分へ移籍「…
  8. 【Fリーグ】仙台がFP田口のトップチーム昇格を発表 「ようやくス…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。