フル代表

【親善試合】日本に連勝のアルゼンチン ディエゴ・ジュストッシ監督「1試合目よりも気持ち良くプレーできた」

[1.28 親善試合 日本 1-4 アルゼンチン 富山市総合]
2016年のW杯で優勝したアルゼンチン代表は28日、フットサル日本代表との国際親善試合の第2戦を4-1で勝利した。来日直後の初戦は、ハーフからの守備を見せていたが、この試合は守備ラインの位置を高く設定。より本来の姿に近い戦い方ができ、ディエゴ・ジュストッシ監督は「1試合目より気持ちよくプレーすることができました」と、振り返っている。

以下、試合後のディエゴ・ジュストッシ監督のコメント
――今日の試合の感想を聞かせてください。
ジュストッシ 本日の試合は、1試合目より気持ち良くプレーすることができました。フィジカル的な状態もより良くなり、良い準備ができた中でプレーできました。最初の25分から27分くらいまでは、非常に良い内容で戦えたと思います。その中で4-1とリードして、ホームの日本は負けていることもあり、押し込まれる場面がありました。またパワープレーもありましたが、それはこの試合の流れの中では自然なことだと思っています。そして、非常にポジティブなアルゼンチンの姿が見られたと思います。ボールをもったときは確実なプレーをチャンピオンらしく見せていました。ボールを持っていないときは、これまでもずっとアルゼンチンがやってきたように、ハングリーな精神でボールを奪いに行っていました。

ブルーノ・ガルシア監督と日本代表を称えたいと思います。短い時間でここまではっきりとすべての局面でプレーしているチームをつくりあげていることができていますので、とても良いのではないでしょうか。

――日本代表の中に、脅威に感じるような選手はいましたか?
ジュストッシ まず、スペイン人監督は組織的なプレー、チームプレーを求めます。しかし、その中でもベンフィカでプレーする7番(逸見勝利ラファエル)は目立っていました。彼だけではなく、他のピヴォの選手たちも私たちには脅威でした。また全体的にアジリティと技術があるチームだと思います。

――初戦を終えて、第2戦は日本のここにつけ込もうと思っていたところはありますか?
ジュストッシ 1試合目のあと、日本の攻撃と守備の両方を分析しました。1試合目は、我々のフィジカルコンディションがそれほど良くなかったので、戦術的にもそこまで良い状態とはいえませんでした。ただ、そういった状況の中で必要なプレーができるかどうか。戦えるかどうか。どういったパフォーマンスが見せられるかを、私は見ていました。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

最後に一つ、言わせてください。今回はお招きいただき、どうもありがとうございました。日本を称えたいと思いますが、私たちは日本に来て、このように満員のスタジアムでプレーできて光栄です。本当に皆さんに親切にされました。感謝しています。私たちにとって、とても健全な経験となりました。

関連記事

  1. 【日本代表】名古屋合宿がスタート 強度の高い練習でプレッシングの…
  2. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第5回 報告とインドネシアの…
  3. 【タイランド5s】清水和也選手 大会総括コメント
  4. 【女子代表】前大阪監督の木暮賢一郎氏が女子代表の新監督に就任 「…
  5. 【アジア選手権】日本がウズベキスタンに勝利! グループステージ3…
  6. 【日本代表】名古屋合宿2日目は2部練習を実施、午後は攻撃トレーニ…
  7. 【タイランド5s】イラン戦後 岩永汰紀選手のコメント
  8. 【日本代表】ブルーノ・ガルシア監督会見要旨 目標は「2月11日、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。