ヨーロッパ選手権

欧州選手権グループリーグ総括 イタリア敗退、スペイン、ロシアが苦戦

欧州選手権が1月31日に開幕し、12カ国が欧州王座を目指している。

1グループ3カ国で上位2チームが準々決勝に進出するグループリーグでは波乱が頻発した。

グループBでは、2016年ワールドカップ、ファイナリストのロシアがポーランド、カザフスタンと引き分け、白星がないながらも2位で決勝トーナメント進出を決めた。

グループAでは開催国スロベニアが大躍進を遂げた。最終戦で優勝候補のイタリアと対戦したスロベニアは、2-1で勝利し、首位でグループリーグを突破した。イタリアはセルビアとも引き分け、1勝もできずに大会を去った。2016年のワールドカップでは、決勝トーナメント1回戦でエジプトに敗れるなど近年は失態が続いている。

グループDのスペインは、初戦で欧州選手権初参加のフランスと4-4のドロー。王者らしくない戦いを示したが、2戦目のアゼルバイジャン戦にきっちり勝利し、首位でグループリーグを突破をした。

着実に結果を残したのが、グループCのポルトガルだ。リカルジーニョを中心にしたフットサルでルーマニア、ウクライナに連勝した。

欧州選手権のグループリーグ注目ゲームのハイライト:

グループC・ポルトガル対ルーマニア戦ハイライト

ポルトガル代表リカルジーニョの個人技満載。苦しいゲームの中で、ルーマニアを突き放す貴重な3点目をラボーナから決めた。スペクタクルでありながらも、結果を残すリカルジーニョの偉大さが凝縮されたゲームだった。

グループD・スペイン対フランス戦ハイライト

前回王者スペインが、初出場のフランスと引き分けたゲーム。スペインは王者らしからぬ、奪われてはいけない形からボールを奪われ、失点を重ねた。一時はフランスが2点をリードするという難しいゲームだったが、何とか引き分けにし、勝点1を拾った。

 

グループA・イタリア対スロベニア戦ハイライト

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

地元スロベニアは1万1,000人の大観衆の前で、優勝候補イタリアを破った。キャプテンのイゴールが決定的な2得点を決めて、劣勢だったゲームで逆転勝利した。開催国は決勝トーナメント進出を決め、イタリアは予選敗退となった。

関連記事

  1. 【スペイン】2018/2019シーズン開幕!! インテル、バルセ…
  2. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP小曽戸允哉選手の…
  3. 【AFCクラブ選手権2017】25日の練習後 大阪FPアルトゥー…
  4. 浦安から渡西の深津孝祐、所属クラブがスペイン1部サラゴサに決定
  5. 【AFCクラブ選手権2017】アジアの舞台に戻った木暮監督の下、…
  6. 【フットサルW杯】大会16日目、アルゼンチンがポルトガルに快勝、…
  7. 【Fリーグ】他クラブとの競合の末に浦安がFP深津孝祐を獲得! 「…
  8. 【フットサルW杯】大会8日目、パラグアイとウクライナが決勝トーナ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。