Fリーグ

【Fリーグ】再開初戦に敗れた湘南の横澤監督「大事なときのちょっとしたズレで勝敗が決まる」

taku0065-1500x1126

[10.14 Fリーグ第14節 府中 3-2 湘南 府中総合]

14日に行われたFリーグ第14節の府中アスレティックFC対湘南ベルマーレの一戦は、3-2で府中が勝利した。試合後の記者会見で、湘南の横澤直樹監督は、最後まで声援を送ったファン・サポーターに感謝し、GKフィウーザを含めた新加入選手たちへの期待を口にしている。

 

以下、試合後の記者会見での横澤直樹監督コメント
――試合の総括をお願いします。
横澤 お疲れ様です。まずはサポーターの方々の本当に熱い応援にありがとうございますと言いたいと思います。今日の試合、中断期間を終えて、新しいGKと2人の選手が加わって、サポーターやスポンサー、チームを支えてくださっている方々の期待は、すごく大きかったと思います。またプレーオフ進出に向けて、本当にプレーオフを目指せるのか、目指せないのかという大事な試合でした。そこで今日の負けというのは、非常に悔しい想いですし、それでも応援を続けてくれたサポーターの方々には、すごく感謝しています。我々ももっと頑張らないといけませんし、結果を出さなければいけないと思っています。
試合に関しては、決定機を生かしきれないところが目立ちました。今日の戦略的には、ドリブル、パスから数的優位をつくる戦略をとりましたが、その部分でもチャンスを生かしきれずに終わってしまいました。それがやはり相手のリズムにさせてしまったり、うちのリズムに乗れなかった敗因だと思います。フィウーザが、かなり止めてくれたことも大きいです。彼もまだ日本に来て2試合目で、日本人のシュートにもう少し慣れる必要があると思います。失点はこぼれ球から一つとカウンターから一つと、そこにも問題があります。大事なときのちょっとしたズレ、そういうところで勝敗が決まるとあらためて思いました。まだ、プレーオフ進出に向けて望みはあると思うので、しっかり立てなおして、次の試合に向けて改善していきたいなと思います。

 

――特に前半、パスの受け手と出し手が合わない場面が多かったように見えますが、相手のプレスが要因でしょうか、試合勘がなかったのが要因でしょうか?
横澤 今日、我々がやっていたのは、フットサルの基本中の基本のことで、2対2の崩しです。その2対2の崩し方が合わないというのではなくて、もう少しスペースの使い方に工夫があればよかったかなと思います。ただ、後半はそういうところも改善できたところがあって、後ろで取られる部分も少しなくなってきました。これは新しい試みなので、慣れだと思いますけど、この動きができるチームは今のFリーグにあまりないので、その動きができるようになれば、よくサッカーとフットサルの違いと言われますが、またフットサルがどんなスポーツかというのもわかりやすくなると思います。

 

――フィウーザを監督はどう評価していますか?
横澤 やはりリーガナショナル(ブラジルの全国リーグ)でプレーしていた選手なので、経験的にはすごく相手の特長をつかみ、どの辺にシュートが飛んでくるか。打たないのか。この体勢なら、どこにしか飛んでこないとか、そういうのが慣れている選手です。まだタイミング慣れしていない気はしています。

 

――彼の前のディフェンスが、今日はミスが多かったですよね?
横澤 確かに、先ほども言いましたけど、せっかくフィウーザが止めたボールを拾いきれなかったディフェンスのミスもあり、それが失点につながりました。その辺の意識も足りなかったと思います。フィウーザに関しては、かなりセーブもしてくれていました。もう少し慣れれば、ほぼ入らないと思います。

 

――3点目のパワープレーからの失点はボールウォッチャーになってしまって、コースを限定できていませんでした。
横澤 そうですね。しっかり切ろうとはしているのですが、その部分は府中の選手のポテンシャル、相手の方が1対1に関しては打開できる力があるので。その辺ですよね。我々がやろうとしていることが、ボールウォッチャーになってということではなく、しっかり一番危険な選手に対してのパスコースを切ったり、ボールサイドの立ち位置というのはやっていますが、その前にいろいろな府中の選手がドリブルをしたり、フェイントをしたり、そういう技術が高いのかなとすごく思いました。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――新加入の鍛代選手と高溝選手の評価と今後期待することは?
横澤 鍛代はゴールを奪える選手です。必ず1試合に1点は取れる選手だと思います。そこはもう少し高めて1点ではなく、2点、3点を取ってほしい。うちにはない決定力を加えてほしいなと思います。鍛代自身、今日は5本シュートを打って1点取っています。そのシュートのうち、2本が枠外、2本が枠内でした。決定機ミスも一つありましたが、そこを決めきれれば2点取れていました。高溝に関しては、テクニックがあります。先ほど言った府中の選手にポテンシャルがあるというのと同じで、高溝に関しても相手を一人簡単にかわせる技術があるので、もう少しFリーグに慣れてくれば、効果的なプレーができると思うので、そこに期待をしています。

関連記事

  1. 【Fリーグ】『お祭り男』がF2開幕戦はまさか(?)のノーゴール …
  2. 【Fリーグ】オールスター辞退のイゴールは全治4カ月の重症
  3. 【Fリーグ】U-20タイ代表FPパナットがFリーグ移籍か?
  4. 【Fリーグ】新たな浦安の顔に FP加藤竜馬「このクラブをもう一度…
  5. 【Fリーグ】大阪セントラル連敗に悔しさあらわも…北海道FP高山剛…
  6. 【AFCクラブ選手権2017】アジアの舞台に戻った木暮監督の下、…
  7. 【オーシャン杯】初陣を白星で飾った浦安 アルベルト・リケル監督「…
  8. 【Fリーグ】大分がFP田村龍太郎と再契約を締結 「行動、プレーで…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。