Fリーグ

【Fリーグ】立川・府中の千葉岳志会長のコメントまとめ 「プレーオフ進出はクラブとしても誇らしい」

[2.9 F132節 立川・府中 2-2 仙台 駒沢屋内]
F
リーグ・ディビジョン19日、第32節を開催した。第1試合は立川・府中アスレティックFCとヴォスクオーレ仙台の対戦になった。この試合は、AbemaTVで放送され、放送席では、立川・府中の千葉岳志会長、仙台の坂本理実行委員が解説を務めた。

各クラブのフロントスタッフが試合の解説を務めるのは、珍しいこと。彼らがチームをどのように見ているのかは、大きな注目だ。

立川・府中の千葉会長は、現役引退を表明したFP岡山洋介、FP宮田義人について「(岡山は)オールラウンドに献身的にプレーする、地味だがいなくてはならない選手。ただ、時期が来たということで本人も決断し、それを尊重した。宮田選手も引退を惜しむ声も多い。完山選手のように、長くプレーしている例もあるが、決断をする日は来るので、送り出してあげたい」と、引き留めたい意向がありながらも、選手の決断を尊重したと話している。

ベテランが引退する一方、この試合では若手が多く起用された。成長株でもある立川・府中の日本代表候補FP内田隼太について「(内田は)完全に主力になった。得点を取ろうとする意識が高く、オールラウンドで頑張ってくれている。ピッチ上では熱くなるが、普段は寡黙でまじめな青年」と、普段の様子を語っている。また今後の飛躍が期待される元U-20フットサル日本代表FP岡部直樹が出場した際には「才能ある選手。育成枠で頑張っている。こういう場で経験を積ませて、将来を担う選手になってほしい」と、期待を込めた。

今季の立川・府中は、3位以内を確定させており、来週から始まるプレーオフに出場する。「昨年までは5位以内というレギュレーションで、今年から3位以内になり、狭き門になりました。とにかく5位以内を目指して必死にやろうとやってきたが、突然3位になった。ハードルは非常に高かったが、なんとかみんなで頑張ってやり遂げた。これはクラブとしても誇らしい」と、プレーオフ進出を達成できたことに胸を張った。

そして、「この先はボーナスポイント。大阪、名古屋にチャレンジをさせてもらう立場」と、虎視眈々と下克上を狙っていることを明かした。

試合の後半には、視聴者からのメッセージがあり、クラブの理念とビジョンを問われた。これに対して千葉氏は「もともと府中で作ったクラブで、府中市民の誇りになる総合型スポーツクラブを目指しています。競技として、一番力を入れているのがフットサルですが、サッカーやチアダンスもやっています。今後、競技を増やす予定です。フットサルは日本リーグに挑戦するくらいのトップチームが男女ともにあります。大いに活躍してもらいたい。また、今年から立川も新しいホームタウンになりました。地元のチームがあってよかったと思ってもらえるクラブにしていきたいと思います」と、語っていた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

試合は引き分けのまま終了。千葉氏は、「点数は2-2でフットサルとしてはそれほど多くなかったかもしれません。でも、いろいろないい場面もありましたし、見ごたえのあるいい試合で、ファイトする姿勢が見れたと思います」と、ゲームを総括した。

関連記事

  1. 【Fリーグ】2-0から一度は逆転されるも再逆転したすみだ 須賀監…
  2. 【Fリーグ】すみだが2人目の外国籍選手FPガリンシャの加入を発表…
  3. 【Fリーグ】Fリーグ選抜のスタッフ・選手が発表 ベトナムで大活躍…
  4. 【Fリーグ】FP宮崎暁が決勝点! すみだが浜松に競り勝ち、勝ち点…
  5. 【Fリーグ】次節すみだ戦で初先発か? 府中GK山田「慣れる時間は…
  6. 【Fリーグ】FPガリンシャがFデビューのすみだ、アウェーで名古屋…
  7. 【Fリーグ】北海道戦で連敗阻止を誓う浦安FP石田健太郎「ここから…
  8. 【日本代表】初のフル代表合宿で自信をつけたFP内田隼太「目標は2…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。