【GAViC杯2017】前回大会決勝と同一カードは、新潟が東京Aを返り討ち(56枚)

[3.29 GAViC杯2017 新潟 4-2 東京A 墨田区総合]

GAViC杯は29日、大会2日目を迎え、U-18新潟県選抜とU-18東京都選抜Aが対戦した。昨年大会の決勝と同一カードとなった注目の一戦は、前半7分に連覇を目指す新潟が、FP中井駿斗のゴールで先制する。さらに7分にも新潟はFP荒井大樹が追加点を決めて東京Aを引き離した。8分には東京都AのFP南雲颯太が1点を返したが、後半4分に新潟は、来季のシュライカー大阪入りが決まっているU-20日本代表候補のFP齋藤日向に今大会初ゴールが生まれる。さらにFP鳥羽恭平もゴールした新潟は、東京Aの反撃をFP戸田佳佑の1点に抑えて4-2で勝利。前回大会決勝のリベンジを目指した東京Aを破り、Cグループの首位通過を決めた。敗れた東京Aも、ワイルドカードで決勝ラウンドに進んでいる。