【GAViC杯】前回大会と同一カードの決勝、前半は互いに譲らず1-1で終える(32枚)

[3.20 GAViC杯2017決勝 U-18新潟県選抜 2-2(PK3-2) U-18東京都選抜 墨田区総合]

GAViCカップ2017は30日、大会最終日を迎えて決勝戦が行われた。決勝に勝ち進んだのはU-18新潟県選抜とU-18東京都選抜。昨年大会と同一カードになった決勝の前半は、どちらも譲らずに1-1で折り返した。

試合の立ち上がり、チャンスをつくったのは東京だった。積極的にシュートを放つが、GK瀧澤聖竜に阻まれる。それでも東京は3分に、FP岡部直樹が右サイドからシュートを決めて1点を先制した。

決勝ではコートが20m×40mになり、FP安井嶺芽やFP齋藤日向のロングボールを生かしやすくなった新潟県選抜も反撃に出る。5分には齋藤のパスからFP荒井太樹がシュートチャンスを得るが、ボールを枠に飛ばせない。それでも6分、齋藤のパスを受けたFP鳥羽恭平がゴールを決めて1-1の同点に追いつく。

前半終了間際には、東京が再びチャンスをつくる。カウンターから、岡部が決定的なチャンスをつかんだが、シュートを右に外してしまい得点はできず。このまま前半は1-1で折り返した。