Fリーグ

【F1】アグレミーナ浜松 寺田順通取締役・Fリーグ実行委委員のコメントまとめ 「(残留争いは)これまでと違う緊張感」

[2.10 F1第32節 F選抜 1-1 浜松 駒沢屋内]
Fリーグ・ディビジョン1は10日、第32節のFリーグ選抜とアグレミーナ浜松の一戦を行った。試合は、AbemaTVで配信され、浜松の取締役Fリーグ実行委員の寺田順通氏とFリーグ総務主事の渡邊正人氏が、この試合の解説を務めた。

試合を前に寺田氏は、Fリーグ選抜に送り出してFP新井裕生について言及し、「昨シーズン、あまり出場機会がなかったので、今季は経験を積んでもらえたらと思って送り出しました」と言う。しかし、新井は今季、Fリーグ選抜で大ブレイク、12得点を挙げる活躍で日本代表候補にも選出された。浜松戦では特に活躍を見せており、寺田氏は「しかも、うちの試合で活躍するんですよ。今日もドキドキしていますが、頑張ってもらいたいと思います」と言いつつも、「昨年、活躍してくれればよかったのに」と、本音ものぞかせた。

今季からFリーグは2部制となり、入れ替え戦が行われることとなった。昨季、8位だった浜松は今季、それよりも一つでも上に行くという目標を掲げていたが、現在、最下位に沈んでいる。

この試合に敗れると、入れ替え戦に回る可能性があったが、チーム内にいる寺田氏は「今までいろいろなカテゴリーで緊張感ある戦いをしてきましたが、これまでとは違う緊張感があります。入れ替え戦は人生で経験したことがない選手が多いので、選手たちはその緊張感を見せないようにやっていると思いますが、チーム内ではそういう話が出ていました」と、チームの雰囲気を明かした。

また、北原亘MCから浜松の選手たちが日常をどう過ごしているのかを聞かれると、「練習を午前中に行い、午後はスクールなどの仕事をしている選手が多い」とした。そして、チームにいるプロ選手については、「若干名」と言葉を濁している。

浜松の先制点が決まった際には「よっしゃ!」と喜んだ寺田氏は、ハーフタイムを1点リードで迎え「チームのプラン通りには進んでいると思います」と、安堵した。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

土壇場までリードしていた浜松だったが、土壇場で新井にゴールを決められて引き分けてしまう。最下位が確定したが、寺田氏は「結果としては残念ながら引き分けましたが、試合としては引き締まった良い試合だったと思います。明日の試合にもつながる試合になったと思うので、頑張っていきたいと思います」と、話している。

関連記事

  1. 【Fリーグ】FPヴァルチーニョがハットトリックの名古屋が仙台に大…
  2. 【PH】33節 府中アスレティックFC vs バサジィ大分(51…
  3. 【Fリーグ】浦安に逆転負けを喫した名古屋。大阪との勝ち点差が「8…
  4. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号18 FP石田健太…
  5. 【Fリーグ】町田が新たにユースチーム(U-18)を設立へ
  6. 【Fリーグ】今季の監督は甲斐修侍、町田U-15がセレクションを実…
  7. 【Fリーグ】立川・府中に逆転負けの大阪FP小曽戸允哉「良い薬だっ…
  8. 【U-19日本代表】名古屋トップチームからゴールを奪ったFP樋口…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。