フットサル日本代表

【アジア選手権】好守で初戦勝利に貢献 GKイゴール「みんなを信じて戦いたい」

[2.1 AFCフットサル選手権2018 日本 4-2 タジキスタン 台北大学]
AFCフットサル選手権が1日に開幕し、フットサル日本代表はタジキスタン代表と対戦した。試合は4-2で日本が勝利を収めている。東アジア予選の際は、すでに代表デビューを果たしていたにもかかわらず、AFCが提出を求める書類が増えていたため、出場がかなわなかったGKピレス・イゴール。この試合では先発出場し、AFC主催の大会に初出場。カウンターを受けても、1対1の強さを発揮して日本のゴールを守り、接戦での勝利を呼ぶ活躍を見せた。

以下、試合後のイゴール選手のコメント
――今日の試合は難しい試合になりました。
イゴール 本当に難しい試合だった。最初、すぐに1点決めて、多分チームはリラックスできたと思います。開幕戦でみんな緊張があったけど、すぐにゴールが決まってから、落ち着ければよかった。失点しても、試合は全体的にコントロールできていたので、ディフェンスはカウンターだけを警戒していました。相手の選手は速かったので。

――ボールを奪ってからは一気に縦を狙ってきていて、プレスもかけきれませんでした。
イゴール そう。すぐに蹴ってきていたので、カウンターをされました。それでも日本の守備は後半に良くなって、あまりピンチをつくらせませんでした。相手も序盤はチャンスをつくっていて、同点ゴールを決められた直後にも、相手にチャンスがありましたが、そこで決められなかったので、ゲームをコントロールできました。トータル的には良い試合だったと思います。最初の試合は、難しいものだし、勝つことができて本当に良かった。

――AFCの東アジア予選では出られませんでした。この大会にようやく出られましたね。
イゴール はじめてのオフィシャルの大会だったので、ちょっと緊張しました。また、相手がどういうチームなのかもわかりません。もちろん監督はビデオを見せてくれましたが、実際に戦うと相手がちょっと違うところもありますし、激しいところはあります。みんな体が強かったし、手を使って引っ張っていて、ちょっとFリーグとは違っていました。もっと体をぶつけてくる感じでした。でも、本当に楽しかった。もっともっと良いプレーをしたいと思います。

――後半もピンチがあって、1対1で止めた場面もありました。
イゴール 2回危ない場面があって、本当に危なかった。もし決められていたら、もっと厳しい試合になっていたので、止めることができて、本当に嬉しかったです。

――今大会、ここからどのように戦っていきたいと思っていますか?
イゴール 前回、W杯予選で負けてしまったのは、本当に残念です。それだけにみんな今回はリベンジしたいという気持ちが、すごく強い。それだけに最初の試合は本当に大事だったし、みんなで「少しずつレベルを上げていって、ファイナルまで行こう」と話し合いました。みんなを信じて戦いたいと思います。

関連記事

  1. 【U-19日本代表】名古屋に1-6で大敗したが、流経大FP樋口の…
  2. 【AFC女子選手権】AFCが最終登録メンバーを発表 日本代表メン…
  3. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号13 FP松原友博…
  4. 【U-20アジア選手権】大会初ゴールを狙うFP樋口岳志「どんどん…
  5. 【U-20アジア選手権】2戦連続2ゴールも、立ち上がりを反省する…
  6. 【U-20AFC選手権】グループステージから難しい試合を予想する…
  7. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号18 FP石田健太…
  8. 【U-20アジア選手権】残り1秒の失点でインドネシアと分けた日本…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。