Fリーグ

【Fリーグ】完全復活をSNSで誓う町田GKイゴール 「自分らしいプレーが1日でも早くできるように」

今季、FPクレパウジ・ヴィニシウスやFPアウグストらを補強し、優勝候補にも挙げられたペスカドーラ町田。しかし、第7節を終えての結果は3勝2分け2敗で5位と、大型補強に見合うものではない。

開幕時にはFリーグ最高のGKであるピレス・イゴールを負傷で欠いていた。オフに、これまで抱えていた指の腱の手術を行い、そのリハビリのため開幕には間に合わなかったのだ。それでも第5節のFリーグ選抜戦でベンチ入りし、途中出場を果たす。しかし、この試合から3試合で町田の成績は1勝2敗。特に衝撃的だったのは、第6節の名古屋オーシャンズ戦の2失点目だ。序盤に3点のリードを奪った町田だが、イゴールのゴールクリアランスをFP室田祐希がトラップミス。ここでゴールに向かって転がってきたボールに対し、イゴールはどう処理するか迷ってしまう。本来はボールを止めて相手に間接FKを与えるべきだったのだが、イゴールはボールを止めることができず。見送ったボールはゴールラインを割り、得点となってしまった。

チームの絶対的守護神のらしからぬミスで2点目を失った町田は、ここから大崩れ。結局4-8で名古屋に敗れ、今季2敗目を喫してしまった。

責任を感じているイゴールは、23日に自身のツイッターアカウント(@Higormp)からメッセージを発信した。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

誰よりもイゴール自身が、本来のプレーができていないことを認識し、悔しく思っているだろう。自身の復活を誓った守護神は、2週間の中断期間ののち、どのような姿を見せてくれるだろうか。

関連記事

  1. 【Fリーグ】中断明け5敗目を喫し、優勝争いから後退のすみだ 須賀…
  2. 【Fリーグ】仙台に逆転勝利の北海道、連敗を3でストップ
  3. 【Fリーグ】大阪と神戸が入場無料のトレーニングマッチを開催 神戸…
  4. 【Fリーグ】北海道×大阪 試合後の北海道 小野寺監督コメント「可…
  5. 【地域】長尾龍選手兼GMに聞く なぜファイルフォックスはFリーグ…
  6. 【Fリーグ】神戸のFP山田がFリーグ最年少ゴール記録を更新、「踊…
  7. 【Fリーグ】立川・府中が元日本代表FP山田ラファエルユウゴの退団…
  8. 【Fリーグ】公式記録も4戦連発を認める! 名古屋FP星龍太「僕の…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。