フットサル日本代表

【親善試合】自身の活躍する場面が少ないことを喜ぶGKイゴール 「ディフェンスができていて良いリズムで戦えている」

[2.1 親善試合 日本 2-1 タイ バンコクアリーナ]
「攻撃は最大の防御」という言葉がある。攻撃をしている間は、攻められない。だから攻め続けていれば失点をしない。そういう意味が込められている。

だが、今の日本は、「守備は最大の攻撃」になっている。相手にボールを持たせていても、守備が簡単に崩れることはない。そしてボールを奪うことができれば、相手の守備陣形が整う前に攻めることができる。そうすると、ゴールの確率は高まるからだ。

さらに、相手のボールを素早く回収し続ければ、ポゼッションも上がることになる。この試合の日本は前半、高い位置からのプレスがハマり、相手にボールを運ばせなかった。

そうすると、守備の要になるゴレイロの活躍回数は自然と減っていく。実際に、タイとの最初の試合では、前半に出場したGKイゴールに見せ場がほとんどないほど、日本の守備は安定していた。

ここまでの代表活動を振り返っても、ブルーノ・ガルシア監督は、GKピレス・イゴールに正GKの座を任せたい意図があることは、間違いないだろう。

タイ戦を終えてイゴールは、「GKまでボールが来ないというのは、ディフェンスができていて良いリズムで戦えていることだから、良いと思います」と、自身が活躍する機会が少なかったことを歓迎した。

以下、試合後のピレス・イゴール選手のインタビュー
――2019年、最初の試合を勝利で終えました。感想を聞かせてください。
イゴール 良かったと思います。ミスが少しあったのは間違いありませんが、チームとして良いところがたくさん出せました。最初の試合としては、すごく良かったと思います。

――前半からチャンスが多かったなかで、決め切れずに試合が難しくなりました。
イゴール そうですね。それはもったいなかったですね。チャンスを決めていたら、試合はもっとコントロールできたと思います。でも、ディフェンスはすごく良かったですし、私がボールを触ることはほとんどありませんでした。ディフェンスというのは、この試合で日本が見せた一番の良かったポイントだと思います。

――GKは、シュートがたくさん来たほうがリズムをつかみやすいと言われます。集中を切らさないのは難しいかなと思うのですが、どうですか?
イゴール GKまでボールが来ないというのは、ディフェンスができていて良いリズムで戦えていることだから、良いと思います。GKがシュートを止めている場合、その前のディフェンスでミスがいっぱい起きていることを意味します。だから、私までボールが来ないのはいいこと。活躍する場面が多いのは、良くない状況だと思います。

――2日後の試合はどうしたいですか?
イゴール もっともっと良いプレーを見せたいと思います。今日もチャンスをたくさん作りましたが、次の試合はそのチャンスを決めるところまでいきたいし、チャンスを決めてほしいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――明後日の試合、強い日本が見られることを期待しています。
イゴール また頑張ります! ありがとうございます!

関連記事

  1. 【練習試合】自分たちの長所を取り戻す必要性を語る町田FP横江怜「…
  2. 【親善試合】日本代表vsアルゼンチン代表 スタメン発表
  3. 浦安から渡西の深津孝祐、所属クラブがスペイン1部サラゴサに決定
  4. 【アジア選手権】森岡薫が語る、日本代表がもう一つ上のレベルに行く…
  5. 【Fリーグ】立川・府中が元日本代表FP山田ラファエルユウゴの退団…
  6. 【練習試合】立川・府中がアジア王者チョンブリに4-3で勝利
  7. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP田村友貴選手のコ…
  8. 【日本代表】欧州遠征を振り返るFP森岡薫「あらためてもっとうまく…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。