フットサル女子日本代表

【AFC女子選手権】バーレーン戦で2ゴールも出場時間減のFP千田日向子「ベンチからでも自分のできることはたくさんある」

[5.9 AFCフットサル女子選手権 日本女子 5-1 ウズベキスタン女子 フアマーク]
フットサル女子日本代表は9日、フットサルウズベキスタン女子代表に5-1で勝利し、大会ベスト4進出を決めた。初のAFC女子フットサル選手権制覇に向けて順調に勝ち上がった日本代表だが、その中でチーム最年少のFP千田日向子は、決して簡単ではない時間を過ごしている。予選2戦目のバーレーン戦では2ゴールを記録。ここからノっていきたいところだったが、続く中国戦では出場機会がなく、ウズベキスタン戦でも4点差がついて相手がパワープレーに出てからの出場となった。そうした現状とどう向き合っているのかを聞いた。

以下、ウズベキスタン戦後の加藤正美選手のコメント
――準決勝進出が決まりました。チームの雰囲気はいかがですか?
千田 すごくフレンドリーというか、自分は代表が初めてですが、年齢が上の選手たちもすごく優しくて、コミュニケーションもとってくれるので、すぐになじめる良い雰囲気で、良いチーム感です。

――その一方で出場時間が増えなくて、外から見ていると苦しいところもあるのかなと思うのですが。
千田 2点初めて取ったのですが、その次の試合で全然出られなくて……。でも、他の選手が支えてくれ、相談にものってくれています。チームのみんなが良い人なので、最年少なんですが、最年長の人も頼りになる人が多いので、すごく支えてくれます。

――ご自身の中でも葛藤ってありますか?
千田 いろいろモチベーションを保つのも大変ですし、世界で戦うのはすごくいろいろあるなって、今回、初めて来て思いました。でも、選ばれた14人の中なので。ラージリストに入っても、来られなかったメンバーもいっぱいいます。そういうものを背負って、モチベーションを高く保ってやっていきたいなと思います。

――この後、タイ、イランといった国と対戦することが予想されます。持ち前のフィジカルが求められる機会もあるかと思いますが、意気込みを。
千田 出場機会がもしあったら、自分の良いところを精一杯出して、チームに貢献できたらいいなと思います。ベンチからでも自分のできることはたくさんあると思うので、やっていきたいと思います。

――今、出場時間を伸ばすためには何が必要だと思いますか?
千田 ピヴォとしての役割、チームとしての流れ、旋回などの戦術をしっかりみんなとコミュニケーションをとってやらないといけないと思っています。

――旋回、ボランチは、所属チームではあまりやったことのない戦術だと思いますが。
千田 はい。苦手ですね。ただ、これからどんどん成長していけたらいいなと思っています。

――自分が点を取るなら、このシチュエーションというのはありますか?
千田 ピヴォにあててもらって、反転してシュートですね。左反転右足。逆足でもできれば、狙っていきたいと思います。

――タイの試合を見ていて、どんな印象ですか?
千田 結構、スピードも速いですし、足元も上手です。でも、チャイニーズタイペイも全然戦えています。タイと、この雰囲気の中で戦いたいですね。

関連記事

  1. 本日、デフフットサルの国際試合を国内で初めて開催 日韓戦に向けて…
  2. 【アジア選手権】2試合連続完封で決勝へ! 日本代表ブルーノ・ガル…
  3. 【AFC女子選手権】点取り屋のようなダメ押し弾のFP小村美聡「信…
  4. 【AFC女子選手権】インドアゲームズ女王のタイとも引き分け、無敗…
  5. 【日本代表】初めての代表候補合宿で多くの課題を見つけたFP宮原「…
  6. 【日本代表】ブルーノ監督の守備に取り組むFP清水「ここでディフェ…
  7. 【アジア選手権】チームを盛り立て続けたGK関口優志 「どの試合も…
  8. 【親善試合】ブルーノ・ガルシア監督が感じたアルゼンチンとの距離感…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。