【全日本予選】情熱ロンリネス×多摩大 試合後の多摩大 生駒選手のコメント

taku0867-1500x1123

全日本選手権東京予選は18日に東京予選を行い、大学選手権で3位となった多摩大は情熱ロンリネスと対戦した。前半で3点のビハインドとなった多摩大は、後半に入ってから仕掛けたものの一歩及ばずに3-4で敗れて、大会から姿を消すこととなった。今年、聖和学園から多摩大に入った生駒瑠唯は、試合終盤にパワープレーから3点目のゴールを挙げるなど、敗戦の中でも存在感を示した。

以下、試合後の生駒瑠唯選手のコメント
――試合の入りが悪く、そのまま敗れてしまったという試合に見えました。
生駒 みんな浮ついた感じで試合に入って、CKから2失点…。もったいなかったです。

――選手権は、これで終わってしまいました。
生駒 もったいなかったですが、これを次につなげて行けたらなと思います。

――個人的に多摩大に入り、成長している印象を持てていますか?
生駒 高校のときは、ずっとドリブルの練習でしたが、そこにフットサルの動きを学べている感じです。

――最後にミドルシュートを1本決めましたが、あれをもう少し前から出せるといいですね。
生駒 試合の中で、パワープレーじゃないときから出していきたいです。シュートを打つことで相手が下がれば、もう一度近くから攻撃をつくっていけるので、そこももっと練習しないといけませんね。

――大学選手権からそんなに時間が経っていないのですが、あのときよりもプレーが落ち着いた印象を受けました。
生駒 大学選手権は、あまり出られなくて、そこで悔しかったので『もっと変えなきゃいけない』と思っていました。

――具体的に何を変えたのですか?
生駒 監督に言われたのは、後ろでボールを持ったときの状況判断ですね。そこをずっと意識してやってきました。それが昨日も試合があったのですが、『良かった』と言ってもらえましたし、今日もそこそこできたと思うので、できたことは続けていきたいです。

――今日はU-19日本代表の鈴木隆二監督も来ていましたが、アピールできた手応えはありますか?
生駒 ちょっとは(笑)。でも、負けるというのは、まだまだなので。頑張ります。