フウガドールすみだファルコンズ

【U-18選手権関東】相手のキーマンを封じ初の関東制覇に貢献 すみだファルコンズFP船生快人「全国でも圧倒して優勝したい」

[7.15 U-18選手権関東大会決勝 すみだファルコンズ 4-1 中央学院 栃木県北]
フウガドールすみだファルコンズは、15日に行われた第5回全日本ユース(U-18)フットサル大会関東予選の決勝で、中央学院に4-1で勝利し、関東制覇を成し遂げた。今大会で異彩を放っていた中央学院FP藤本奎詩に1点を許したものの、すみだファルコンズは組織的な守備で対応し、最少失点に抑えた。しっかりとカバーリングをこなし、初の関東制覇に貢献したFP船生快人は、優勝を喜びつつも「できれば圧倒して優勝したい」と、全国制覇への強い思いを口にした。
以下、中央学院戦後のすみだファルコンズFP船生快人選手のコメント
――関東大会を優勝した感想を聞かせてください。
船生 準決勝で結構、チームに迷惑をかけた部分が自分の中でありました。

――ただ守備は耐えられていましたよね。
船生 そうですね。どちらかというと攻撃が微妙でした。そこがあったので、決勝は頑張りたいと思っていました。去年は3位で全国に行けたのですが、3位という悔しさがあったので、今年は優勝したい。できれば矢板中央と当たって優勝したかったのですが、全国の決勝で当たれればいいかなと思いました。

――中央学院の10番(藤本奎詩)のドリブルは、かなり脅威でした。
船生 そうですね。やっぱりサッカー仕込みのすごいのが来たなという感じでした。チームとしても1対1では難しいので、カバーに入ろうと言って、ディフェンスの1枚うしろにもう一枚配置する形を前半から取っていたので、それが結構ハマったのかなと思います。

――去年に比べると、フィジカルの強さとかもあがったのではないでしょうか。
船生 ロングボールの競り合いは、かなりやりました。昨日も前日練習でやりました。去年、矢板にそこで苦しめられたので、結構やりましたね。

――昨年、全国3位になったことがここからは生きると思います。全国大会への抱負を聞かせてください。
船生 もう、できれば圧倒して優勝したいですね。

――昨シーズンはGK茂呂選手と、FP畠山選手が後ろを締めていました。畠山選手の後継として頑張らないとですね。
船生 そうですね。頑張ります。

関連記事

  1. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 準決勝 作陽高 v…
  2. 【GAViC杯2017】新潟が安井嶺芽のハットトリックなどで宮城…
  3. 【第5回U-18選手権】4大会ぶり優勝を目指す聖和学園が飯塚に3…
  4. 【PH】聖和学園サッカー部FCvs飯塚高等学校(21枚)
  5. 【U-18選手権関東】中央学院が前回王者の矢板中央を撃破、2大会…
  6. 【U-18選手権関東】全国大会での活躍を誓うすみだファルコンズF…
  7. 鈴木隆二U-20日本代表監督が選ぶ 第4回全日本(U-18)フッ…
  8. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 北星学園大学附属高…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。