U-20日本代表

【U19日本代表】今合宿でチーム唯一のFリーガー、FP山田凱斗「縦への突破は持ち味の一つ」

U-19フットサル日本代表は、9日から茨城県内でトレーニングキャンプを行い、12月に開催予定のU-20アジア選手権予選に向けて活動を開始した。Fリーグの下部組織所属選手や学生選手が多い中、アグレミーナ浜松から招集されたFP山田凱斗は、大きな期待がかかる存在だ。前回のU-19日本代表にはFP清水和也やFP植松晃都と10代のうちからFリーグで戦っていた選手がいたが、今回はいない。この合宿後、彼がどれだけの経験を積めるかが、U-19日本代表の強化に直結することになる。

以下、3日目のトレーニング終了後の山田凱斗選手のコメント
――代表活動をやってみて、ここまでの感想を聞かせてください。
山田凱 全員が選ばれているので、レベルが高い中でやれていることはすごくありがたいことです。その中で、より自分の良さであったり、一緒に出ている選手の良さをお互いに引き出していければ、良い連携だったり、良い攻撃ができて、チームに勝利がついてくるんじゃないかと思います。

――見ていて、アラ・フィクソの選手かなと思ったのですが、ご自身の特長を教えてください。
山田凱 自分としては、スピードを武器にしているので、サイドでのドリブルだったり、縦への突破は持ち味の一つです。そこは出せる場面で出して行けば、チームとしての押し上げだったり、シュートをすることでチャンスにもつながるので、そういうところは意識してやっていきたいです。

――本来はサイドが一番、得意なんですか? 今日のセットの中では、誰よりも後でバランスを取る役割もこなしていました。
山田凱 そうですね。セットの中では、もう一人、(巽)優太もフィクソをやっているので、2人で回しています。自分としては後ろから見ていて、相手のどこが空いているかを見て、そういうところを狙っていければと思っています。そういう面で今日は、後ろでプレーすることが多かったかもしれません。

――この合宿では代表に残るためのアピールとチームづくり、同時にやらないといけません。
山田凱 そうですね。この代表候補合宿が始まった時点で、ここに選ばれたメンバー全員がU-20のAFCフットサル選手権優勝という目標を掲げていると思います。その中で、まずは自分の特長を出す。スピードであったり、シュートであったりも、自分の中ではどんどん打って行こうと思っているので、その中で活躍をしていけば選んでいただけると思いますし、優勝という目標に近づいて行くと思います。

――明日の試合に向けて意気込みを聞かせてください。
山田凱 明日はこのメンバーで臨む最初の試合になります。勝たなければいけないと思うので、勝ちにこだわって試合をできればと思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】9発快勝も名古屋FP吉川智貴は内容を反省「結果は良か…
  2. 神戸フェスタに出場するU-25フットサル日本代表が発表に
  3. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号13 FP松原友博…
  4. 【U-19日本代表】フットサル経験はゼロ、FC東京U-18から招…
  5. 【U-20アジア選手権】グループ最終戦ベトナムに勝利! 日本が決…
  6. 【U-20アジア選手権】最後尾で存在感を示したFP石田健太郎「い…
  7. 【タイランド5s】カザフスタン戦後 山桐正護選手コメント
  8. 【U-19日本代表】代表初ゴールのFP岡部 「どんな点であれ、結…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。