アルコイリス神戸

【トリム杯】兵庫県選抜の上久保仁貴監督が考える決勝のキープレーヤーはFP宮田亜里紗 「コアになってきています」

[3.17 トリムカップ2019準決勝 兵庫 7-2 埼玉ビーコン]
兵庫県選抜は、トリムカップ準決勝の埼玉県選抜戦に7-2で勝利し、決勝進出を決めた。

クラブレベルで結果を出し続けているSWHレディースとアルコイリス神戸の2チームの連合軍は、多くの選手が日本代表経験者であり、「ドリームチーム」と呼ぶに値するチームだ。

連覇に向けた期待も高まるなか、上久保仁貴監督は若い日本選抜を経験しつつも、「他の地域チームの思いも背負って、頑張ろうと思います」と、意気込みを語っている。

以下、準決勝後の上久保仁貴監督のコメント
――決勝の相手は、若いチームです。
上久保 そうですね。

――試合を見て、どんな印象を持ちましたか?
上久保 監督がグレさん(木暮賢一郎)でね、うまくオーガナイズされているなっていう印象です。うちもある程度、代表と同じやり方でやっているので、それがどう出るかですね。でも、フレッシュな選手なので。向こうは若いので、良い勝負ができればなと思います。

――兵庫県選抜は、アルコイリス神戸とSWHレディースを分けても強そうですが、混ぜている意図は?
上久保 それは単純に僕のポリシーです。選抜の意義は……もちろん分けて、アルコセット、SWHセットでやるのも一つだと思いますが、単純に僕の考えでは、融合して新しく生まれるものがあるのではないかと思っています。そういう意味で、ある程度、融合させてっていうのはありますが……苦しくなったら分ける可能性もあります(笑)。

――(笑)。まぁ、ここまで来たら負けたくないですもんね。
上久保 そうですね。何かあったり、うまくいかなかったりしたらね。関西大会がまさにそれで、大阪府選抜とは引き分けて、何とか勝ち抜いたので。

――逆に同じことをやっていると、ウィークポイント、ストロングポイントもわかっているので、守備の対策は経験のあるチームのほうが上に行くかもしれませんね。
上久保 そうですね。代表チームのスタッフと話しても、「兵庫県のほうがうまくできているのではないか」という話があったので、そこはピッチ上で表現できればと思います。兵庫県の強さ、SWHとアルコが混ざった違った面白さ、普段のアルコに見られない姿、SWHに見られない姿を、表現できればなと思っています。

――キーパーソンは誰でしょうか?
上久保 ……(熟考の後)ファーストセット全員と言いたいのですが、僕は宮田亜里紗だと思いますね。

――準決勝で2ゴールを挙げた選手ですね?
上久保 はい。結構、彼女はコアになってきていますので、彼女次第というか。彼女がいることで江口が前に行けるとか。アルコになると、どうしてもフィクソでやらないといけません。先ほどの筏井選手のような相手がいると。でも、彼女(宮田)がそこにいることで、ある程度、江口が前に行けるシチュエーションが出てきている気がするので。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――注目して見たいと思います!
上久保 面白い選手ですよ。まだ若い(23歳)ですしね。他の地域チームの思いも背負って、頑張ろうと思います!

関連記事

  1. 【全日本女子選手権】大会最年少12歳の甲山レディースFP平山は準…
  2. 【全日本女子選手権】前回大会4強のFC甲山レディースはレティッツ…
  3. [女子選手権]グループC総括 大会史に残るゴールラッシュを見せた…
  4. 【ユース五輪】金メダルをつかむのはどちらだ!? FIFAが日本と…
  5. 【Fリーグ女子PO】アルコイリス神戸が府中に4発快勝、初代女王に…
  6. 【女子】浦安が日本代表FP江川涼らの退団を発表 「さらに飛躍して…
  7. 【全日本女子選手権】ビークスが残り16秒で意地の同点弾も、SWH…
  8. 【全日本女子選手権】甲山レディースが成長の跡を示すも、PK戦の末…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。