アジア選手権

【アジア選手権】FP森岡薫が感じた世界3位との差 「向こうにある経験っていうのは大きいのかな」

[2.11 AFCフットサル選手権準決勝 日本 0-4 イラン 新荘体育館]
AFCフットサル選手権は11日、大会最終日を迎えて決勝戦を行った。2大会ぶりに決勝進出を果たした日本だったが、イランに0-4と完敗を喫した。FP森岡薫は、FPタバコリの守備にも苦しめられ、この試合では得点を挙げることができなかった。試合後、森岡は先制点を取れなかったことを悔やむとともに、アジア王者との違いに「経験の差」を挙げた。

以下、試合後の森岡薫選手のコメント
――チャンスは多くつくりましたが、0-4で準優勝です。
森岡 先制点を取れていれば、また違う展開になっていたと思います。そういう意味では相手との大きな違いは、決定力だなと感じさせられました。チームがやろうとしたことはできてはいたと思います。ディフェンスの意味でも、気迫の面でも。ただ、やっぱり向こうが結構耐えていた部分があって、そこで先に点を取れていれば、また試合内容も変わっていただろうと。

――我慢比べの前半でしたからね。
森岡 一つの、こっちのミスで入れられてしまったところですね。そこで試合が決まったとは思いませんが、向こうは一息つくことができたかなと感じました。

――良い試合をしながら前半の終了間際に失点してしまいました。ハーフタイムのロッカーの雰囲気はどうだったんですか?
森岡 みんな「全然いける」と言っていましたし、1点では何も決まらない状態です。向こうも少ない人数で回していたので、同点にすることができれば振り出しに戻れるし、向こうにも「ここから頑張らないといけない」というダメージも与えることができたと思うんです。そこで後半の立ち上がりに2失点したのは、誤算でしたね。

――イランとの差はあらためてどう感じていますか?
森岡 うまさの部分ですかね。もちろん決定力もそうなのですが、試合運びとか、そういうちょっとこっちが良い試合をしたとしても、向こうが余裕を持てていたというか。焦りが見えた中でも、向こうはボールを持てていたし、一人ひとりがボールを持って危ないシーンをつくれるチームでした。それはわかっていましたが、この結果だけを見てしまうと、まだ及ばない部分があるのかな、と。まだまだいろいろ直していかないといけないところもあるし、点を決めるところでも、やっぱり増やさないといけないのかなと。

――0-4ですからね。
森岡 0-4は痛いですね…。先に点を取る、そこの我慢比べのところで、一つのミスで疲れた。それが今、世界3位のチームとの差だなと思います。

――前半からチャンスはどちらにもあり、決めるか決めないかでした。その差というのは何ですか?
森岡 経験も含めて、落ち着きの差でしょうね。ゴール前での落ち着き、周りが見えているか。そういうところで、力んでしまう部分もあれば、向こうにある経験っていうのは大きいのかなというのは、正直ありますね。代表としての活動も、イランは多いですよね。

スライドショーには JavaScript が必要です。

関連記事

  1. 【PH】練習試合 日本代表vs浜松(126枚)
  2. 【U-20アジア選手権】イラクの攻撃の基準点をつぶせるか 石田健…
  3. 【アジア選手権】確かな成長を感じつつも課題を口にするFP吉川智貴…
  4. 【フットサルW杯】大会7日目、ミゲル監督率いるタイと開催国コロン…
  5. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号7 FP仁井貴仁(…
  6. 【AFC女子選手権】先制ゴールを含むハットトリックのFP若林エリ…
  7. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号3 FP樋口岳志(…
  8. 【親善試合】日本に連勝のアルゼンチン ディエゴ・ジュストッシ監督…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。