フットサル日本代表

【親善試合】前後半シュート1本ずつのFP森岡薫「ボールを持った瞬間に周りを見たら、もう孤立していた」

[1.25 国際親善試合 日本 2-4 アルゼンチン 大田区総合]
フットサル日本代表は25日、アルゼンチン代表と親善試合を行い2-4で敗れた。この試合、日本のエースであるFP森岡薫は前半1本、後半1本のシュートに終わった。フィジカルの強い相手とも球際で互角に渡り合ってはいたが、やはりエースがシュートを打てないのは物足りない。しかし森岡はその理由は足のケガによるものではなく、周囲との連携が高まれば改善できると話した。アルゼンチンを相手に、どれだけ全体がリスクをかけられるか。第2戦のポイントとなりそうな場面だ。

以下、試合後の森岡薫選手のコメント

――どういう試合でしたか?
森岡 結果だけ見れば、悔しい思いというか…。内容としては、こっちもそれなりのチャンスをつくった中で、ゴール前のチャンスを生かせなかった結果が、今日の結果につながったと思います。

――アルゼンチンとの差を一番感じたのは?
森岡 うまいなという印象はありましたが、戦えなくはないかな。こっちとしては、やることをやっていった中で、チャンスや惜しいところは目立ったかなと思います。でも惜しいところが目立つよりも、そこで決めきらないとこういう試合になってしまいます。

――次に富山での試合があります。どういう戦いをしていきたい?
森岡 しっかりリカバリーして、今日生かせなかったチャンスを生かし、できるだけリードを取れたらと思います。この2試合はAFCに向けて良い準備期間になると思うので、世界一のアルゼンチンに胸を借りるつもりで、もちろん結果にこだわりながら、やっていきます。

――アジア選手権は前回3連覇を逃し、リベンジということもあると思います。そこに向けての目標は?
森岡 前回のウズベキスタンではW杯に行けない悔しい思いをしているので、そこをリベンジできたらなと思っています。

――これだけシュートを打てなかった試合は珍しいですね。
森岡 向こうはこっちが振り向くタイミングでカバーに入っていました。もう少し味方の動きがあれば、もうちょっといろいろ工夫ができたかなと。ボールを持った瞬間に周りを見たら、もう孤立していたので、そこはみんなで話し合っていきたいです。

――ちょこちょこと逸見勝利ラファエルのパスが合わないところもありました。
森岡 そういうところもつながっていたら、またチャンスになっていた場面もあったと思います。タイミングをもう少し早い段階で簡単に当てないと。待ってしまうと、周りがポジションを取ってしまって、ちゃんとした形になってしまうので、そうなる前にボールを走らせないといけません。

――後半は割とそれができてきたのは、慣れてきたからですか?
森岡 そうそう。それもありましたね。後半の方がチャンスはあった。向こうの疲れもあっただろうしね。富山ではやり返したいね。

関連記事

  1. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号9 FP岡田祥慶(…
  2. 【U-20アジア選手権】タジキスタン戦に向けて攻撃のイメージを膨…
  3. 【U-20アジア選手権】イラクの攻撃の基準点をつぶせるか 石田健…
  4. カザフスタン戦後の鈴木隆二監督コメント 「チャレンジしてくれたと…
  5. 【PH】フットサルU-19日本代表候補vs順天堂大学フットサル部…
  6. 【U-19日本代表】アジア王者との試合に意気込むFP仁井 「一人…
  7. 【AFC女子選手権】バーレーン戦の無失点に好感触を持つ守備のキー…
  8. 【日本代表】メリハリの利いたトレーニングで名古屋キャンプが終了

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。