アジア選手権

【アジア選手権】全ゴールに絡み圧巻の存在感を見せたFP森岡薫「自分が悪いときは他の選手が助けてくれるチーム」

[2.3 AFCフットサル選手権 日本代表 5-2 韓国代表 台北大学]

AFCフットサル選手権は3日に大会3日目を迎え、日本代表はグループステージ第2節を行い、韓国代表と対戦した。試合は5-2で日本が勝利し、グループステージ突破を決めている。韓国戦でのFP森岡薫は、圧巻のパフォーマンスを見せた。先制点を含む4得点1アシストと全ゴールに絡み、日本を勝利に導いた。相手監督に「森岡薫に負けた」と言わしめるほどの活躍だったが、決して自分が中心とは考えていないと強調した。

以下、試合後の森岡薫選手のコメント

――相手の監督が、「日本というチームではなく、森岡薫に負けた」と言っていました。
森岡 そういうふうに言われたのはうれしいですが、同時にそれは満足できない結果でもありますね。というのは、たまたま僕は今日、良かったかもしれませんが、みんなでの助け合い、穴を埋めていくものなので。ただ、僕はこういう結果だからと満足せず、次も自分が活躍しないといけないとは思っていませんし、自分が悪いときは他の選手が助けてくれるチームですし、今回はたまたま自分が良いパフォーマンスをできたというだけです。

――相手が引いて守る中で、なんとか1対1の状況になり仕掛けようと狙っているように見えました。実際にそれでゴールも決めましたが?
森岡 相手との駆け引きが本当にいろいろなことをやっていました。意識的に逆サイドに飛ばすようなパスを出したりしていたので、向こうも同じことをやってくるだろうと思っていたので、逆サイドを絞らなくなり、中が空くようになりました。そこで打ったら入りました。また、次は絞ってきたから、パスを出したら、タキ(滝田学)がああいうシュートを打ちましたし、パッシャン(西谷良介)もちょっと躓いてしまいましたが、ああいうチャンスが生まれたかなと思います。いろいろ駆け引きをする中でのことだから。ただ、あまり審判の事は言いたくないですが、難しい試合になってしまったところはありますよね。もうちょっと普通にファウルを取ってくれたらよかったんだけど……。でも、向こうも日韓戦ということで、目の色を変えてきていましたし、2日前に2-13で負けたチームとは思えませんでした。僕らも13点取られたチームがあったかもしれませんが、逆に早い段階でこういうことになってよかったと思います。どの試合も気を引き締めていかないといけないし、次のウズベキスタンは、ずっと2位になっている、ファイナルまでいっているチームだから。弱くない相手だし、また気を引き締めて、1位でグループを突破できるようにしたいと思います。

――この2試合が難しい試合になっていることについては?
森岡 アジアのレベルも上がっていますし、おとといも話しましたがフットサルをしに来ているというより、戦いにきていますからね。上手い、下手、戦術もあると思いますが、戦えるかは、気持ちの強いチームが良い結果をだすことはあるので。あとはテクニック、戦術、そういう細かいことはしっかりした方が勝つと思いますが、戦うと予想もつかない試合になります。これまでも毎回、タジキスタン、韓国と戦っていたわけではなかったので、予測がつかないプレーが多いかなというところです。

――ウズベキスタン戦までゆっくり休んでください。
森岡 今日の試合は終わったので、もう切り替えてしっかり休んで、また厳しい試合になると思いますが、勝ちたいです。

関連記事

  1. 【PH】アジア選手権 イラン代表vsイラク代表(45枚)
  2. 【タイランド5s】脇山蓮選手 大会総括コメント
  3. 【U-20アジア選手権】難敵ベトナムを1失点に抑えたGK山田正剛…
  4. 【アジア選手権】連覇目指すイランがイラクに逆転勝利! グループス…
  5. 【アジア選手権】貴重な2点目を挙げたFP西谷良介「ここまで来たか…
  6. 【AFCクラブ選手権2018】組み合わせが決定! 名古屋は開催国…
  7. 【アジア選手権】町田セットで出場時間が増えたFP室田祐希 「徐々…
  8. 【AFC女子選手権】エースからチャンスメイカーへ 脱ピヴォのFP…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。