Fリーグ

【Fリーグ】プレスに甘さのあった大分 FP仁部屋「ピッチが滑ったので怖かった」

taku0587-1500x1125

23日の府中戦に引き分けたバサジィ大分は、連敗を4で止めた。しかし、試合では大分の選手が府中の選手に寄せきれずに、簡単にプレーを許す場面が散見した。試合全体を緩いものに感じさせた要因の一つだったが、それについて大分のキャプテンである仁部屋和弘は、ピッチが滑ったことにより、警戒していたためだと説明している。

 

以下、府中戦後 バサジィ大分FP仁部屋和弘選手のコメント

――今日の試合の感想をお願いします。

仁部屋 負けている状況であっても藤川監督代行が言ったように、自分たちを信じれば逆転できると僕たちは信じていました。最後まで、その想いを持って戦えたのは良かったですが、あと1点取れなかったのは課題なので。次は、そういう部分でしっかり決めて、勝ち切れるような試合にしたいと思います。

 

――ベンチの雰囲気はどうだった?

仁部屋 とにかく今日は雰囲気が良かったです。失点しても、全然負ける気がしないというとあれですが、それくらいの『最後は勝つだろうな』というメンタリティで戦えました。それは良かったと思います。試合終盤に攻め込めたことに関しては、試合前も相手は後半落ちると前回の戦いから感じていました。個人的にも、そこが勝負所と思っていました。そこでチームもイケイケになり、得点も入りましたので、良い時間帯をつくれたかなと思います。

 

――もう1点取れればというところですか?

仁部屋 チャンスがあっただけにあれを決めていればという感じです。

 

――連敗中でしたが、特に悲壮感もなさそうでしたね。

仁部屋 そうですね。練習はすごく良い雰囲気でできていたので、結果は付いてくるだろうなと思っていたので、特に暗くなることもありませんでした。

 

――監督もいませんでしたが?

仁部屋 むしろ、そのとき、そのときを楽しんでみんなでやれていたかなと思いました。

 

――そこまで激しく寄せていなかった感じを受けたのですが。

仁部屋 個人的には、ピッチが滑るったので怖かったですね。コケて、裏を取られるのが怖かったので、その後、2歩、3歩が寄せられなかったのはありますね。

 

――そこはチーム全体にも注意していたのでしょうか?

仁部屋 そうですね。「滑るよね」と言っていました。本当だったら、もう2、3歩寄せられて、激しくプレスが掛けられたと思うんですけど。

 

――その中で最初に2失点を喫してしまったのは、予定外だったと思いますが?

仁部屋 それまで僕らもチャンスがあったので、それを外していたのがもったいなかったです。でも、逆転する力はあるなと思っていたので、そこは問題がありません。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

taku1149-1500x1125

関連記事

  1. 【Fリーグ】大分がFP田村龍太郎と再契約を締結 「行動、プレーで…
  2. Fリーグ2016/2017 第8節 ペスカドーラ町田vsバサジィ…
  3. 【Fリーグ】ホーム無敗の町田を破り、14連勝を達成した大阪 木暮…
  4. 【Fリーグ】町田と湘南は互いに譲らず…今季最初の境川決戦は2-2…
  5. 【Fリーグ】大阪を相手に前半のリードを守り切った町田、プレーオフ…
  6. 【Fリーグ】ハットトリックでダービーの勝利をもたらした町田FP森…
  7. 【U-20日本代表】清水和也が体調不良により2017年最初の候補…
  8. 【地域】長尾龍選手兼GMに聞く なぜファイルフォックスはFリーグ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。