アジア選手権

【アジア選手権】アジア王者イランの壁にぶち当たったFP清水和也「個人として何もできなかったことが一番悔しい」

[2.11 AFCフットサル選手権準決勝 日本 0-4 イラン 新荘体育館]
AFCフットサル選手権は11日、大会最終日を迎えて決勝戦を行った。2大会ぶりに決勝進出を果たした日本だったが、イランに0-4と完敗を喫した。得点が期待されるピヴォのFP清水和也だが、準々決勝のバーレーン戦以降、準決勝のイラク戦、決勝のイラン戦は不発に終わった。得意の形でなかなかシュートを打たせてもらえないばかりか、前線でのボールキープをするのも苦しめられたアジア王者イランとの試合は、清水にとって大きな悔しさを残す一戦となった。

以下、イラン戦後のFP清水和也選手のコメント

――初めてイランとアジアの頂点を戦った感想はいかがですか。
清水 悔しい、本当に悔しい。自分が何もできなかった…。本当に悔しいですね。

――シュートを打たせてもらえない前半から、もがきながら順応しようとプレーしていました。
清水 イランのフィクソは体がかなり強いとスカウティングしていましたし、その中で自分の強みをどう出すかを考えていましたが、なかなか思うようにやらせてもらえませんでした。その中でも自分の前に転がってきた1チャンス、2チャンスを決めきる力がなかったので、このスコアになったのかなと思いました。

――チームとして、あれだけチャンスがあったのにゼロで終わってしまいました。試合内容を表している数字ではないと思いますが、この出た結果は重く受け止めないといけません。
清水 本当にそこですよね。今まで(森岡)薫さんが厳しい状況のときに点を取ってくれて、チームが息を吹き返したこともありますが、ああいう選手が一人ではダメで、2人、3人と何人も点を取れる選手が必要です。自分もそこをやらないといけない、ピヴォというポジションの中で何もできませんでした。自分自身、これから本当に変わっていかないと思いますし、ゼロで終わった、何もできなかったことで悔しい気持ちでいっぱいです。本当にやるしかないと思っていますし、この試合、この悔しさを忘れてはいけない。また2年後、自分たちがどの立ち位置にいられるかがわからない状況の中で、本当に危機感を持って、個人として自分自身が強くならないといけないと思ったので。そのスコア、ゼロを重く受け止めないといけないですし、そこはチームとしてのパフォーマンスよりも、個人として何もできなかったことが一番悔しいので、そこに向き合って成長していきたいと思います。

――2年というのはあっという間です。
清水 本当に。2年前、自分がミゲル・ロドリゴ監督に初めて代表に招集されて、結局、何もできませんでした。それから2年で今大会に懸けていた思いもあったのですが、それでもまだまだ足りなかった。ということは、もっともっと今まで以上にやらないといけません。そういう意味では本当により自分の中でシビアにやらないといけません。

――2年後、イランを倒せるように頼みますよ。「アジアに敵はいない!」くらいのこと言っていましたから。
清水 本当にW杯を掲げたいですし、絶対にアジアのタイトルも獲り返したいので。自分が成長しないといけない。その危機感を持って、やっていきたいと思います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

関連記事

  1. 【アジア選手権】森岡薫が語る、日本代表がもう一つ上のレベルに行く…
  2. 【親善試合】フットサル日本代表 vsアルゼンチン代表戦 全16選…
  3. 【PH】フットサルU-19日本代表候補vs順天堂大学フットサル部…
  4. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号13 FP松原友博…
  5. 【U-19日本代表】FC東京U-18のFP松岡と帝京長岡高のFP…
  6. 【U-19日本代表】代表初ゴールのFP岡部 「どんな点であれ、結…
  7. 【AFC女子選手権】インドアゲームズ女王のタイとも引き分け、無敗…
  8. 【特集】第15回AFCアジア選手権2018台湾(最終結果)

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。