リーガ

【スペイン】6戦7発、エルポソBのFP清水和也が過ごしたスペインのプレシーズン

チームに合流してから約20日、清水は15日に2部開幕戦を迎える。

清水和也は今夏、フウガドールすみだからエルポソ・ムルシアにレンタル移籍した。
彼はトップチームではなく、2部を戦うエルポソ・シウダード・ムルシア、通称エルポソBでスペインでのキャリアをスタートさせる。(取材・文=座間健司)

シュート力と積極的な姿勢

FP清水和也が新たな同僚から期待を通り越して、信頼されていることは、ひと目で分かった。831日に行われたマンレサ戦、試合開始からキックイン、コーナーになると白いセカンドユニフォームの19番にボールが集まる。笛が鳴ると彼のチームメイトが動き始め、ディフェンスをブロックする。まだ合流して1週間も経っていない新入りにシュートを打たせるためだ。新加入の日本人ピヴォは、味方の献身に応える。右足で、もしくはキックフェイクからの左足のシュートで、相手チームを震え上がらせるだけでなく、この日は2度スコアボードを動かした。

エルポソBは、1部を戦うトップチームの下部組織だ。メンバーは20歳前後で、年代別のスペイン代表歴がある選手が大半だ。スペイン全土から集められたエリート集団、少なくともどの選手もスペインの未来を背負えるだけの才能はある。昨季のメンバーから2人が今季は開幕からトップチームに昇格した。

エルポソBは、昨季2部でリーグ制覇をなし遂げた。2部とはいえ、1部で何シーズンも活躍した元スペイン代表など百戦錬磨のプロフェッショナルが集う。競争力は高く、タフだ。そんなリーグのチャンピオンチームにおいて、加入間もない清水は得点を担う役割を任されている。左右遜色なくゴールを狙える能力をチームはフルに活かそうとしていることはセットプレーを見れば、明らかだ。彼のシュート力は、合流して1週間も経ない内にチームの誰もが認める武器となったのだ。

2013-2014シーズンからチームを指揮するホサン監督は「(清水のパフォーマンスには)とても満足している。インテリジェンスがあるから適応もこのように早いだと思う」と言う。清水とは動画や翻訳アプリで、チームの戦術、戦略を伝えており、もし理解していなければ「はい」と受け流すのではなく、遠慮せずに何度も理解できるまで聞くようと厳命している。

指揮官が言う「インテリジェンス」とは戦略的なことだけでなく、清水の姿勢も指しているのだろう。ベンチにいる時、清水はコートから戻ってきた選手とタッチをする。ハイタッチは他の同僚もするのだが、清水は必ず一言二言、その選手に自分から話しかけていた。本人も認めるようにまだスペイン語での会話はままならないが、第3者からも目に見えて分かるように、清水はとにかく仲間と意思の疎通を図ろうとしていた。シュートなどコート内でのパフォーマンスだけではない。このようにコート外での積極的な姿勢があるからこそ、周囲も清水を認め、彼のタレントを活かそうとするのだろう。

リーグ開幕戦は、アウェーのテネリフェ戦だ。合流してまだ20日弱だが、エルポソB19番は、チームの攻撃をけん引しているのではないだろうか。

清水和也のプレシーズン試合結果:

828日ピナタール対エルポソ・シウダード・ムルシア戦(3-2) 0得点
831日マンレサFS対エルポソ・シウダード・ムルシア戦(3-72得点
901日リポジェッ対エルポソ・シウダード・ムルシア戦(3-42得点
902日カステデフェル対エルポソ・シウダード・ムルシア戦(2-40得点
902日テラサ対エルポソ・シウダード・ムルシア戦(3-72得点
905日エルポソ・シウダード・ムルシア対ピナタール戦(3-31得点

スペイン21
91519時キックオフ
ディムロル・S・テネリフェ対エルポソ・シウダード・ムルシア
自身の開幕戦に向けて、清水もツイッターで意気込みを表現しています。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【練習試合】チョンブリに勝利した立川・府中FP皆本晃「個で崩され…
  2. 【指導者講習会】スペインよりサンティアゴ・バジャダレス監督が来日…
  3. 【日本代表】イラン遠征初戦、日本はウクライナに1-3で敗れて黒星…
  4. 【Zama~Miro!】タイトル:退屈だった試合の原因(スペイン…
  5. 【フットサルW杯】大会10日目、決勝トーナメントがスタート! 開…
  6. 【ユース五輪】U-18女子ポルトガル代表のエース FPフィフォ「…
  7. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第2回 インドネシアリーグ、…
  8. 【AFCクラブ選手権2018】名古屋のアジア制覇を阻んだタイ・ソ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。