【U-20アジア選手権】2戦連続2ゴールも、立ち上がりを反省する清水和也「前がかりになってしまった」

[5.18 第1回U-20アジア選手権 U-20日本代表5-5U-20タジキスタン代表 フアマーク]

初戦の台湾戦、日本は立ち上がりが良くなかった。鈴木隆二監督は第2戦目のタジキスタン戦も、同じスターティングメンバーをピッチに送り出した。だが、初戦からの成長を見せてほしいという期待は、裏目に出てしまう。開始10秒でFKを決められると、反撃に出ようとした清水和也がボールを奪われ、カウンターから2失点目。キックオフから1分も経たずに2点を追うという、誰もが描いていなかった形で試合が始まってしまった。その後、日本は清水の2ゴールを含む5得点を挙げたが、終盤の失点もあり、5-5の引き分けに。2試合連続で2ゴールを挙げる活躍を見せたキャプテンの顔にも、笑みはなかった。

以下、タジキスタン戦後の清水和也選手のコメント
――課題の立ち上がりが、また良くなかったですね。
清水 1失点目のFKになった場面は、ちょっと引っ張ったという判定だったんですが…。防げた失点でしたね。でも、もう1点の方が。前がかりになってしまった部分があったので、あそこの2失点はファーストセットとして反省しないといけません。
――何が一番難しかったですか?
清水 自分たちのミスで点を献上してしまったこともありますし、そういう経験ができたこと。それだけが唯一、ポジティブに捉えられることです。ああいう失点を減らしていかないと勝てないことが身に染みたので。また、攻撃の方もすごく良い形はできているのですが、フィニッシュのところで精度を欠いているので、もっともっと向上できるなと思います。
――惜しいシーンもありましたが、あと一歩が足りません。
清水 でも、今日は特にセカンドセットで(樋口)岳志から(植松)晃都というホットラインもできましたし、そういう面ではかなり助けられています。ただ、もっともっと向上できると思っているので。今日はこういう試合展開でしたが、明日はまた別の試合になると思うので、しっかりと切り替えて、明日の試合に向かっていきたいなと思います。
――後半に2回リードしながらも、守り切れませんでした。この点については?
清水 あそこはセットプレーとか、パワープレーのちょっとした細かいところで取られてしまいました。GKを含め、FPも、免疫を高められたらと思います。
――明日、頑張りましょう。
清水 すごく大事な試合になります。本当に死ぬ気で勝ち点3を取りに行きたいと思います。
――残り2試合で6を取らないと、得られるはずの経験が、得られなくなります。
清水 残り2試合、勝てば必ず首位に立てるので。ネガティブなイメージはありませんし、取りに行くだけだと思っているので、そこに全身全霊を懸けてやっていきます。