フットサル日本代表

【親善試合】1G1Aも決定機逸で試合を難しいものに FP清水和也「決めるべきところで決めていれば」

[1.25 国際親善試合 日本 2-4 アルゼンチン 大田区総合]
フットサル日本代表は25日の親善試合でアルゼンチン代表に2-4で敗れた。開始7秒で失点を喫したが、同15分には決定機をつくった。高い位置でFP清水和也が相手のボールを引っかけると、こぼれ球をFP室田祐希が拾ってヒールパス。これを受けた清水がシュートを放ったが、枠の左に外れていった。この最大の決定機を逃した日本は、その後2失点を喫して前半を0-3で折り返す。後半、清水はパワープレーから1得点1アシストを記録したが、決定機を生かせなかったことで試合を難しくしたことを反省し、アルゼンチンと対戦しながら、しっかり相手に対応できていったことに大きな自信を見せた。

以下、試合後の清水和也選手のコメント

――プレーオフから代表活動に入りましたが?
清水 個人的にはプレーオフの初戦敗退という結果を受けて、大阪戦にも敗れて5位に終わり、消化しきれない思いもありました。ただ自分が日本代表として、この親善試合を含めてプレーできるチャンスがある中で、しっかりもう一度切り替えて、自分と向き合っていこうという想いで1週間を過ごしました。プレーオフ・ファイナルも見に行きましたが、あのピッチに立てなかったことは、自分自身まだまだ力不足なところをすごく感じたので、少しでもこういう代表合宿で、周りの選手からいろいろなことを学べれば良いなと思い合宿に入りました。今日の試合に関しては、自分が決めるべきところで決めていれば、本当にわからない試合だったなと思います。パワープレーに関しては、自分でしっかり点を取ることができたので、課題はたくさんありますが、良いところも発見できたので、次の富山での試合に向けて気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。

――あれだけピヴォの位置で取られることは、なかなかFリーグで取られることはないと思いますが、アルゼンチンの選手とマッチアップした印象は?
清水 2年前にコロンビアとやったときの南米の選手の体の強さをイメージして、試合に入りました。でも、なかなか思うようにできなかった部分がありました。それでも自分の中でボールの置き所などを意識することで少しずつリズムができて、(吉川)智貴くんの得点をアシストできた。あのチャンスもトラップをわざと動かして、相手が巻き込んでくるとわかった中での判断だったので、状況に応じて自分がやるべきことをしっかりやれば、自分でもチャンスをつくれるなと。そういうことはすごく今日で学べたので、また次に対策をとってやっていきたいなと思います

――はじめは戸惑うこともあった?
清水 そうですね。どのような形で取りに来るか、探り探りの部分もあったので。若干、自分の中でもボールの置き所が、いつもの日本人の感覚では懐で抑えても、外国人選手は足が伸びてきたりして、触られた部分がありました。そういう面は、早い段階で気づけたことが、自分にとっては良かったかなと思います。

――東アジア予選でよかった若手のセットが、ちょっと抑えられた印象です。齋藤功一選手も、最後にちょっとやられていました。
清水 そうですね。やっぱりサイズ感だったり、南米独特の体の強さを体感できたので。致命的なミスもそうですが、勢いのあるセットなだけに、もっともっとチームを勢いづけられたらと思うので、しっかり今日の試合をまた見返して、修正して、次に挑みたいと思います。

――若手選手たちにとっては、今まで未体験だったゾーンを体感したのかなと感じたのですが。
清水 経験っていうのは、あらためて大事だなと思いました。やっぱり(吉川)智貴くんがいるなかで、もっともっと自分たちが主導権を握って、プレスをかけたりしないといけない中で、後半は本当に自分たちがやらなければいけないことを体現できたのかなと思うので、そこはプラスに捉えたいです。アルゼンチンも修正してくるでしょうし、コンディションも上げてプレス回避の精度も上がってくるはずです。その中で僕らもコンディションを上げてやっていくことが必要だなと思ったので、そこは自分たちの使命として、本当にプレスが生命線だと思うので、しっかりとやっていきたいです。

――先発を外れていましたが、何か言われていましたか?
清水 僕は把握しきれていないです。スタートだったはずなんですけど、ちょっとわからないですね。

――最初から交代を予定したわけではない?
清水 そこは僕自身もわからないんですよね……。スタートだと思っていたんですけど、そこは監督に意図があったのではないでしょうか。自分にはわからないですけど、ああやって早い時間帯に失点してしまったぶん、自分の中ではやるしかないと思っていたので、それがもっとしっかり結果に出ればよかったです。

関連記事

  1. 【タイランド5s】イラン戦後 鈴木隆二監督のコメント
  2. 【AFC女子選手権】エースの重責とともに戦った初の国際舞台 FP…
  3. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦で精彩を欠いたFP植松 「…
  4. 【女子アジア選手権】日本、優勝に王手! 加藤正美の決勝弾で日本が…
  5. 【タイランド5s】カザフスタン戦後 山桐正護選手コメント
  6. 【フットサルW杯】ミゲル・タイがキューバに逆転勝利! ポルトガル…
  7. FIFAが小崎審判員をW杯コロンビア大会の審判に選出
  8. 【タイランド5s】日本代表vsタイ代表(44枚)

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。