Fリーグ

【座談会】慶應義塾体育会ソッカー部フットサル部門 中島理雄×中畝楓流×佐々木龍×渡辺亘祐×柿沼亮祐 サッカーとフットサルの相乗効果(前編)

 慶應義塾体育会ソッカー部(慶應ソッカー部)は25日・26日に開幕するFリーグ2019/2020シーズン開幕戦の前座試合で、早稲田大学ア式蹴球部と対戦する。このフットサル版早慶戦は、急遽、AbemaTVでもオンエアーされることとなった。

 慶應ソッカー部では、2年半前にフットサル部門を立ち上げ、今季は有志選手34名が週に一度(火曜日)フットサルの練習に取り組み、関東大学フットサルリーグや全日本大学フットサル大会に出場している。昨季は競合ひしめく関東大学フットサルリーグで見事、優勝という結果を勝ち取り、全国大会でも2つの準優勝という結果を残した。

 高校、大学とサッカーの一線級で活躍してきた選手たちはアスリート能力が高く、大学フットサル界にも良い刺激をもたらしている。

 今回は、早慶フットサル対決を前に、キャプテンの中島理雄選手をはじめ、関東大学フットサルリーグ2018MVPの中畝楓流選手、地域大学フットサルリーグチャンピオンズカップ2018得点王の佐々木龍選手、地域大学フットサルリーグチャンピオンズカップ2018敢闘賞の渡辺亘祐選手、2019関東大学フットサル選抜の柿沼亮祐に登場していただき、座談会を行った。

 前編では、彼らがどのような思いでフットサルに取り組み、何を得ているか。フットサルが彼らのサッカーに与えた影響などを聞いた。

(プロフィール)
(前列右)
No.4 中畝楓流(なかうね かなる=桐蔭学園)3年
関東大学フットサルリーグ2018MVP、2019関東大学フットサル選抜

(前列左)
No.29 柿沼亮祐(かきぬま りょうすけ=慶應義塾高)3年
2019関東大学フットサル選抜

(後列右)
No.9 佐々木龍(ささき りょう=FCトリプレッタユース)4年
地域大学フットサルリーグチャンピオンズカップ2018得点王、2019関東大学フットサル選抜

(後列左)
No.7 渡辺亘祐(わたなべ こうすけ=慶應義塾高)4年
地域大学フットサルリーグチャンピオンズカップ2018敢闘賞

(後列中央)
No.5 中島理雄(なかじま りお=国学院久我山高)3年
慶應大フットサルキャプテン


以下、座談会前編

――まずは自己紹介をお願いします。

中畝 3年の中畝楓流といいます。サッカーではDF、ボランチをやっています。フットサルではフィクソでプレーしています。出身高校は桐蔭学園です。今年は、サッカーとフットサルの二刀流で結果を出そうと思って取り組んでいます。昨年、フットサルではインカレ(全日本大学フットサル大会)とチャンピオンシップで準優勝できました。また、ここにいる選手は3人(中畝、佐々木、渡辺)がサッカーでもトップチームに入っているので、サッカーでも試合に出て、フットサルでも全国優勝を目指しています。

佐々木 4年の佐々木龍です。サッカーではFWをやっていて、フットサルではアラか、ピヴォをやっています。自分の今年の目標は、サッカーの関東リーグに出ること、サッカー早慶戦に出場すること。そしてフットサルで、夏の日本一に輝いて部歌を歌うこと。サッカーとフットサルで、この3つの目標を掲げて頑張っています。

渡辺 4年の渡辺亘祐です。サッカーではFW、サイドハーフをやっています。フットサルではアラをやっています。チームとしては夏(全日本大学フットサル大会)の日本一を目指しています。また、個人としては前回の地域大学フットサルリーグで敢闘賞を受賞したので、今年は結果を残してMVPに選ばれたらいいなと思っています。

中島 3年の中島理雄です。今年、フットサル部のキャプテンをやらせていただきます。昨年は夏と冬で全国準優勝でした。胸を張れる結果だとは思いますが、やはり自分たちには足りないところがあったと思います。今年は自分がキャプテンという立場になり、今年こそ全国優勝を獲りたいと思っています。昨年のチャンピオンシップカップは、負傷をしていて出場できなくて悔しい思いをしたので、今年はケガなく、2回全国優勝を獲れるように頑張っていきたいと思います。サッカーではボランチをやっています。

――慶應大ソッカー部がフットサルの取り組みを始めたのは3年前からだと聞きました。みなさんはそれまでにフットサルの経験はありましたか?

中畝 僕は去年、2年生の時から始めたので、まだ1年くらいしかやっていません。

渡辺 僕は2年前からですね。大学2年生の時に誘ってもらったんです。

佐々木 部としてフットサルに取り組み始めて、最初からやっていたのは、このなかでは僕だけです。最初はフットサルをやりたい気持ちがある有志で始めたのですが、サッカーの練習の後にやるので体がきつかったり、最初の試合でフットサルサークルのエルレイナさんに0-6で負けたりと結果も出なかったので、正直きつかったですね。

――「ソッカー部が負けた」となってしまうので、なかなか悔しい思いをしましたね。

佐々木 キャンパスを堂々と歩けないくらいの屈辱でした。

――それでも続けようと思ったのは、どういう理由があったのでしょうか?

佐々木 正直なところ、「いつかサッカーの力になる」という希望的観測でやっていました。フットサルを極めようと思ったことはなくて、とにかく自分のサッカーのためになると思っていたんです。また、サッカーの試合には出られていなかったのですが、フットサルのリーグは公式戦らしさがあったり、熱かったりしたんです。1年生の時は自分の活躍する舞台が、そこしかなかったんです。

――大会に行くと、組織されていて雰囲気がありますものね。

佐々木 ボールボーイがいたり、放送が入ったりしていたので、フットサルをやることが一番のモチベーションでしたね。「自分の活躍する舞台は、ここだ!」と思ってやっていました。

――それまでサッカーをやっていなかった3選手は、どのタイミングでフットサルをやることになったのですか?

中島 僕は最初、国学院久我山出身ということで、四戸監督に呼ばれたんです。国学院久我山の先輩がすんなりフットサルに転向できたということで、声をかけてもらいました。久我山は毎年U-18のフットサルフェスティバルに参加することになっていて、その時に初めて体育館でフットサルをやったんです。その経験があって「フットサル、楽しいな」という気持ちがあったので、すんなりフットサルやることができましたね。

中畝 僕が1年生の時にソッカー部にフットサル部門ができたと思うのですが、当時は「結構、負けているな」という印象だけでしたね。2年の最初も、関心はあったのですが、そこまでフットサルの練習を見に行ったり、試合を見に行ったりすることはありませんでした。でも、ちょうど1年前にトップチームからBチームに落ちたんです。トップチームで試合に絡めなくなった時に、「何か変えないといけない」と思った時、フットサルをやっていた先輩がだんだん試合に出始めるようになるのを見て、自分もフットサルをやってレベルアップしたいと志願をしました。あとは、サッカーの練習量だけでは物足りないこともあったので、フットサルでさらにやりたいなと思い、志願してやり始めるようになりました。

渡辺 自分は最初、迷っていた部分がありました。最初に部内でフットサルをやる選手の募集がかかった時、ちょうどサッカーでトップチームに上がれた直後だったんです。当時は「サッカーを頑張ろう」と思っていたのですが、1カ月くらいトップチームでプレーして、まだまだ力も足りなくて、「トップチームの公式戦で活躍できるレベルにないな」と思ったんです。それで募集から1カ月後に須田さんからフットサルへの推薦をあらためていただいて、ちょうどいい機会だなと思ってフットサルをやることにしました。

――サッカーに生かすために、フットサルをやろうという気持ちになれたんですね。実際にサッカーに生きるなと感じていることはありますか?

中畝 先ほども話したのですが、2年生の時にトップチームからBチームに落ちて、自分に何が足りないかなと思った時に対人の力や守備の球際のところだと感じたんです。そこで、フットサルやっている人に相談したら「1対1になる回数が多いから対人能力は強くなるよ」と言われました。実際1年間フットサルをやってみて、もちろんフットサルで結果が出たこともそうですが、対人の強さや体の強さは確実にフットサルをやって上がりました。それはサッカーにも生きていますし、意識することでフットサルでも良いプレーができるようになったので、相乗効果があったと思います。

佐々木 僕が大学サッカー部に入った時は、センターバックやサイドバックをやっていたんです。そこからフットサルをやるようになって、攻守両方をやることによって攻撃力、足元の技術が付いてきて、昨年のIリーグ(インディペンデンスリーグ関東=サッカー)では、攻撃的なポジションをやるようになってゴールも決めたんです。それで結果的に今はFWでトップチームにいるんです。フットサルのおかげでそういう才能が出てきたというか、プレースタイルも変わって、ポジションも変わりました。

――それは衝撃的ですね。初めて聞きました。サッカーでは2列目で渡辺選手と並んで出ているんですか?

渡辺 そうですね。自分も2列目なので。どちらかというとポジションを争っています(笑)。サブで途中から一緒に出ることもありますね。佐々木は予測能力がすごいなと感じますね。もともとDFの選手でしたから前からの守備もすごく強い。対人で強くいくというよりも、次に出てくるところを予測できていたり、出足の速さもあるので。予測の良さは攻撃面でも出てきているなと感じますね。

――さすがポジションを争うライバルだけに、特徴をよく見ていますね! 渡辺選手はフットサルがサッカーに生きているなと感じるものはありますか?

渡辺 僕自身はサッカーではずっと攻撃的なプレーヤーで、細かいところでつないだりするのが得意でした。フットサルでもそういう特徴を活かせたり、狭い中での技術を磨くことで、サッカーにも生きてきていると思います。ただ、その攻撃面以上に、守備が良くなったなと思います。フットサルは守備面も、すごく要求されるので。フットサルで磨かれた守備は、サッカーにおいてもプレスバックの場面や対人能力に生きているなと感じます。

佐々木 フットサルの全国大会でも、ゴール前でカバーをめちゃくちゃしていましたよね。(渡辺)亘祐の良いプレーを思い返してみると、点を取っているところもあるんですけれど、守備でファー詰めのシュートをスライディングで止めたりしている場面も思い浮かびます。正直、自分が結構、簡単に打たれたり、抜かれたりしてピンチを招いてしまうことがあるのですが、亘祐が凌いでくれる印象があります。

中島 褒め合うなよ(笑)。僕は、大学に入学してからずっとフットサルをやらせてもらっているんですが、守備には自信があります。第1回の関東リーグの第1試合目からずっと出場させてもらっているのですが、順天堂大に山下純平(現関東2部O-PA所属)っていう、めっちゃすごいピヴォがいたんです。バンバン点を取るし、自分でもいけるし、大きいし、体も強いしっていう選手がいたのですが、その選手のマークを四戸監督が任せてくれたんです。試合をやっていても強かったのですが、僕が出たセットの時は彼に点を許さなかったんです。その試合の時はなんとも思わなかったんですが、のちのちに「こんなすごい選手を抑えられていたんだ」って自信になって、ピヴォを抑えることもそうですし、1対1でドリブルのうまい選手にも負けないなど、守備面でも自信をもってやれています。

――攻守において1対1に自信を持てる人が増えたんですね。

中島 そうですね。僕、足遅いんですけど、フットサルだとあまりバレないので、それもいいところです(笑)。攻撃面でも最近は、クワトロのセットだったら出して動くっていうのがあると思うのですが、サッカーでも出して止まらなくなったり、ゴール前で出して入っていく動き。簡単に相手を外せたりするので、そういうところはサッカーに還元できているなと感じます。

――練習は週に一度、火曜日のサッカーの練習後と聞いているのですが、その時間にアルバイトとかができなくなるんですよね?

佐々木 そうですね。2部練習になっちゃうので。

中島 水曜日に朝練があると、本当にきついっす。

渡辺 基本的に午前中がサッカー部の活動で、フットサルの練習が夜あるので、12時間空かないくらいで次の練習が来るので、その時はきついですね。

中畝 21時半に練習が終わって、次の日の朝6時半から練習とかだよね。

中島 24時間で3部練習っていう感じですね。

中畝 あとはサッカーの試合を午前にやって、午後にフットサルの試合とか。一番すごかったのは、サッカーの遠征中に抜けて、フットサルの試合に行って、そこからサッカーの遠征に戻るということもありました。御殿場でサッカーのフェスティバルに出ていたのですが、途中でフットサルのリーグ戦が横浜であったので、3日目の朝にレンタカーを借りて横浜に戻って、試合が終わったら御殿場に戻る……ということがありました(笑)。

――プロ以上にハードですね!

中畝 そこまで来ると、「楽しもう!」ってなりますね(笑)。4人で両方に行ったのですが、必要としてもらえているんだと思えて、嬉しかったですね。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

後編へ続く
【座談会】慶應義塾体育会ソッカー部フットサル部門 中畝楓流×佐々木龍×渡辺亘祐×中島理雄×柿沼亮祐 サッカーとフットサルの相乗効果(後編)

関連記事

  1. 【Fリーグ】同い年のライバルに許したゴールを悔やむF選抜FP三笠…
  2. 【選手権】チアゴ、アルトゥール不在の大阪、すみだとの延長戦にもつ…
  3. 【Fリーグ】大分が元日本代表FP山蔦一弘の現役引退を発表 「大好…
  4. 【Fリーグ】湘南守護神GKフィウーザが奮闘も、再開初戦は逆転負け…
  5. 【Fリーグ】府中が終盤のパワープレーで湘南に逆転勝利、再開初戦を…
  6. 【F1】町田の新監督はルイス・ベルナット氏 「アジアの中でも最も…
  7. 【Fリーグ】仙台戦で負傷の浜松FP大野が今季中の復帰を目指して手…
  8. 【AFC女子選手権】自然体で2戦連続2ゴールのFP江川涼「インド…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。