フットサル女子日本代表

【AFC女子選手権】中国戦の結果次第で準々決勝の相手はイランかウズベキスタンに 木暮賢一郎監督「どっちの道に進むかがすごく重要になる」

[5.5 AFC女子選手権タイ2018 C組 日本女子 13-0 バーレーン女子 バンコクアリーナ]
AFC女子フットサル選手権タイ2018は、7日にグループステージ最終日を迎える。木暮賢一郎監督が率いる日本代表は、中国と対戦。勝った国がC組の1位となる(引き分けの場合は得失点差で日本が1位)。前回大会準優勝の日本は1位通過を本命視されているが、仮に2位通過になった場合、準々決勝ではD組1位との対戦となる。D組では初代女王のイランの1位通過が確実視されているだけに、日本はなんとしても首位でC組を通過したい。
木暮監督はバーレーン戦に2つのテーマを持って臨み、その2つのテーマをクリアーしたと話したが、同時に中国戦に向けて切り替える必要性があると強調した。

以下、バーレーン戦後の木暮賢一郎監督のコメント
――決勝トーナメント進出決定おめでとうございます。今日の試合に向けて、どのような意気込みで臨みましたか?
木暮 しっかり勝って決勝トーナメント進出を決めることが一つ目です。二つ目は、失点をゼロで終えようということでした。

――次の試合は中国が相手となります。勝ったチームがおそらく準々決勝でイランと対戦することを回避できるでしょう。そのことを意識していますか? また、その意味はどれくらい大きいと考えていますか?
木暮 とても重要だと考えています。

――この2試合を終えた結果については、どれくらい満足していますか?
木暮 新しい選手もしっかりプレー時間がありましたし、全員がある程度、同じくらいの出場時間を確保できたうえで勝てました。ここから中国との大事なゲームに向けて、良い準備ができたと思います。

――この2試合、少しレベルの差のある相手との試合でした。試合後の円陣ではどのような言葉をかけたのでしょうか?
木暮 試合前に選手たちには、このゲームに対する目標を2つ設定していました。一つは勝って決勝トーナメント進出を決めること。二つ目は、こういうスコアになるという予想をしていましたが、中国を得失点差で上回るために、ゴールをたくさん取ること以上に失点をゼロで終えようと言っていました。その二つを成し遂げることができたので「おめでとう」と伝えましたが、次の中国戦によってどっちの道(イランか、ウズベキスタンか)に進むかがすごく重要になるので、切り替えて良い準備をしようと話しました。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――初戦と2戦目、ともにスタートはセットを固定していました。徐々に組み合わせを変えたのは、試しているのか、それとも共通意識ができていて誰と組み合わせてもいい状況だからでしょうか。
木暮 いくつか理由はあります。一つは、準備期間が限られていた中ですので、どういう組み合わせがいいのか。それぞれ、自分の中でテーマを持ち、こういう4人なら、こういうことができるのではないかとかを見ています。この先はきっちりとしたセットで戦うことは不可能だと思っていますので、いろいろな発見を含めて、僕たちは試合を通して向上していくしかありません。最初の一周目を固定したセットで戦っているのは、シンプルに短い時間でも全員がプレーをすることを一つのテーマにしています。その後は、試合の状況によって、いろいろな選手の組み合わせを試しています。この先、大事なゲームになったときに、しっかり整理できるように、オフェンシブな戦いをするときとか、ディフェンシブな戦いをするときとか、最適な組み合わせはどれかを見たいなと思ってやっています。

関連記事

  1. 【日本代表】ドイツとの第2戦は2-0で勝利も、流れの中から得点は…
  2. 【AFC女子選手権】後半のゴールラッシュで日本がウズベキスタンに…
  3. 【U-19日本代表】28日から30日までの候補合宿メンバーが発表…
  4. 【PH】フットサルU-19日本代表候補vs順天堂大学フットサル部…
  5. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号4 FP二宮秀文(…
  6. 【アジア選手権】韓国代表監督も日本のエースに脱帽 「我々は森岡薫…
  7. 【日本代表】愛知合宿メンバー19名を発表! 名古屋から8名を招集…
  8. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦で精彩を欠いたFP植松 「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。