U-18女子日本代表

【U-18女子代表】関東選抜戦を前に木暮賢一郎監督がU-18の選手に期待することは 「持っているポテンシャルを40分、出してほしい」

アルゼンチンのブエノスアイレスで行われる第3回ユースオリンピックに出場するU-18女子フットサル日本代表は29日、都内でトレーニングキャンプ2日目を迎えた。午後はセットプレーの確認など、軽めの調整となり、この後20時半から行われる試合に向けて準備した。

トレーニングを終えた木暮賢一郎監督は、若い女子選手たちの吸収力を称賛するとともに、女子代表でもおかしくない関東選抜との試合に向けて、「持っているポテンシャルを40分出してほしい」と、期待を口にした。
以下、2日目午後のトレーニングを終えた木暮賢一郎監督

――3回目のセッションが終わった感想は?
木暮 タレントキャラバンだったり、トリムカップでの短い時間であったりで指導をした経験があったので、全員初めての選手ではありません。まだユースオリンピックに出られるかはわかりませんでしたが、大会の存在は知っていたのでね。一度、二度、一緒にトレーニングをした経験のある選手たちが集まったので、ゼロベースではない状態で入ることができました。実際にやってみての印象ですが、非常に吸収が早いことは驚きというか、嬉しいサプライズですね。

――今日のセットを見ると、完全に福井丸岡ラックのセットを一つ使って、もう一つは別のチームの選手たちにわかれていました。同一チームでやっていく強みを出していく感じになるのでしょうか?
木暮 もちろんずっとこの2セットで行くかはわかりません。これは女子でも男子でも代表活動においては、自国の強いクラブを生かします。ブラジルであろうが、スペインであろうが、同じクラブの選手たちを使いますし、日常的にプレーしているコンビの良さはアドバンテージになると思います。そこには(丸岡の選手たちが)フットサルに慣れているというメリットもあるとおもいます。ただ良い化学反応というのは起きるでしょうし、そこは自分自身もどういう可能性を見せてくれるか楽しみです。ただFPがレギュレーション上8人しかいませんからね。

――連戦の中、スタミナ面でも考えないといけませんよね。
木暮 7日で5試合ありますし、可能な限り良い準備をして臨みたいです。そういう意味では2セットをベースにしてやろうと思います。

――固定して特定の選手のスタミナを消耗するのではなく、2セットにするんですね。
木暮 大会のレベルは行ってみないとわからない部分もありますけどね。

――ポルトガルはタイに7-0で勝っていましたね。
木暮 そうですね。この間、ちょうどポルトガルに行って、女子のフル代表の身体能力の高さなどは目の当たりにしました。U-18とフル代表の違いはわかりませんが、全選手がいいペース配分で出ていくことは、こういう短期決戦を勝ち抜いていくために必要だと思います。時間のばらつきがあまり出ないようにしていく。その中で違う交代も用意していきますが、逆にトレーニングをずっと8人だけでやれるというメリットを感じながらやりたいです。12人でミックスしながらではなく、ちょうど4人、4人しかいないので、コンビネーションの上がりやすさはあると思います。今は様子を見ながらやっていきます。

――20時半からの試合は、日本代表にも選ばれておかしくない選手が集まっています。
木暮 関東選抜の選手は、僕のほうでピックアップさせてもらいました。プロジェクトとしては、自分が代表監督になってから、代表活動に参加した選手やラージリストに入っていて、興味深く見ている選手です。同じタイミングで見たいというのが、(試合の)裏テーマとしてあります。

――代表選手もいますし、いろいろ彼女たちがU-18日本代表に伝えてくれるものもありそうですね。
木暮 女子のこういう限られたリソースの中で、アイディアを出してやっていくしかありませんし、選手のモチベーションを考えても良い機会かなと思います。各クラブも協力してくれて、非常にいい試みができたと思います。関東選抜の選手たちにも、今日のゲームの位置づけというのは、自分から伝えたいですし、代表のコーチングスタッフがベンチに入ることからも、そういう活動であることを感じ取ってもらいたいです。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――U-18の選手たちには何を期待しますか?
木暮 もう伸びしろ、可能性しかない選手たちです。当然ゲームをやる以上は勝つためにとか、スコアとか、出ますが、別にここでの勝ち負けは、彼女たちに何ら影響がありません。すべてが成長につながるものだと思います。もちろんこの短い3セッションで取り組んだものを出すためのチャレンジは多くしてほしいですし、その中から学んでほしいです。ただ(ユース)オリンピックという素晴らしいステージに立つ以上は、そこは日本代表としての誇りもあります。自分たちの持っているポテンシャルを40分、出してほしいしそれが次のステップ、修正点を出すことにもつながっていくと思います。

関連記事

  1. 【親善試合】日本が清水和也のゴールで先制も、4失点を浴びてアルゼ…
  2. 【女子Fリーグ】プレーオフ最後の切符は、さいたまサイコロが獲得!…
  3. 【全日本女子選手権】2年ぶりの優勝を目指すアルコイリスFP加藤「…
  4. 【アジア選手権】2大会ぶり出場の皆本晃「優勝することが目標」 エ…
  5. [女子選手権]悲願のタイトルをもたらした急成長の16歳 丸岡ラッ…
  6. 【日本代表】FP堀内迪弥の負傷に伴い、F選抜のFP新井裕生が候補…
  7. 【全日本女子選手権】網城がハットトリックのSWHレディース、連覇…
  8. 【AFC女子選手権】後半のゴールラッシュで日本がウズベキスタンに…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。