アジア選手権

【海外】高橋健介監督率いるインドネシアがミゲル・ロドリゴ監督率いるベトナムを破り、AFF選手権の3位に!

AFFフットサル選手権2018で、開催国のインドネシア代表は第3位となった。このチームを率いていたのが、2017/2018シーズンはFリーグのバルドラール浦安で指揮を執っていた高橋健介監督である。

順天堂大時代から日本代表入りを果たした高橋は、2004年チャイニーズタイペイ大会、08年ブラジル大会、12年タイ大会と、3度もフットサルW杯を戦う日本代表にも選出された。残念ながら大会直前に負傷した08年大会の出場は叶わなかったが、2度のW杯を戦っている。体のサイズ、スピードといったフィジカルで突出した選手ではない。それでも、いつ、どこで、何をするべきかを把握している彼は、面白いようにゴールを量産していった。

しっかりとしたロジックを持ち合わせていた彼は、戦術的な話をする際は常にチームの中心にいることになり、少なくない数のトッププレーヤーが彼に心酔した。

もともと頭脳的なプレーヤーであった高橋だが、08年から3シーズンにわたってスペインでプレーしたことで、より多くの引き出しを持つことになった。

彼が移籍したスペイン1部リーグのクラブは、カハ・セゴビアFSだった。そして当時、そこで指揮を執っていたのが、ミゲル・ロドリゴ監督だった。

現在とは違い、まだスペイン語も話せない状況で、それでも高橋はミゲル・ロドリゴ監督の指示を少しでも吸収しようと取り組んだ。ミゲル・ロドリゴ監督がその熱量と、類まれな頭脳を見逃すはずがなかった。

ミゲル・ロドリゴは監督として高橋健介を支え、高橋健介は選手としてミゲル・ロドリゴを助けた。

2008シーズン終了後、ミゲル・ロドリゴがチームを離れ、カハ・セゴビアでの挑戦を終えた。それでも、彼らの関係は続いた。

2009年、ミゲル・ロドリゴ監督は日本代表の監督に就任する。2人は2012年に、日本代表としてタイで開催されたW杯を戦い、史上初の決勝トーナメント進出を果たした。

その後、日本代表が若返りをはかる中で、負傷も少なくなかった高橋は代表に呼ばれなくなっていった。そして2016/2017シーズン限りで現役を引退した高橋は、そのまま浦安の監督に就任した。

浦安で1シーズン、指揮を執ったのち、高橋はインドネシア代表の監督に就任した。男子フル代表、女子代表、さらにはU-20代表まで、すべてのカテゴリーの監督を務める重責だ。

そして、その1年目の集大成ともいえる大会が、このAFFフットサル選手権だった。

日本とは比べ物にならないほど、熱狂的なフットサルファンが多いインドネシア。グループステージを2位で突破すると、準決勝では優勝候補筆頭のタイ代表と対戦した。

ドリブルを仕掛けようとしたゴレイロがミスをして、そのまま失点を喫するなど、2点のビハインドを背負ったインドネシアだったが、後半に2ゴールを返して同点に追いつく。結局、延長戦の後半終了まで残りわずかのところで決勝点を決められて2-3で敗れたものの、誰の目にもチームが発展していることは明らかだった。

ここでタイトルへの望みが絶たれたインドネシアだったが、彼らには銅メダルを懸けた戦いが残っていた。その3位決定戦の対戦相手となったのがベトナム代表であり、チームを率いていたのが、ミゲル・ロドリゴ監督だった。

これまでは監督と選手という関係にいた2人が、初めて監督同士として、東南アジアの最高峰の大会で相まみえた。

その試合、高橋監督の率いるインドネシアは、3-1でミゲル・ロドリゴ監督の率いるベトナム代表を破り、見事に3位となって銅メダルを獲得した。

2人にとって、忘れられない、特別な一戦になっただろう。

そんな2人の素敵な人間ドラマに酔っている訳にもいかない。

大会を制したタイはもちろん、準優勝のマレーシア、3位のインドネシア、4位のベトナムと東南アジア各国の成長は著しい。

2016年のW杯予選で敗退した日本は、2020年のW杯の開催国になることができなかった。リトアニアのW杯に出るためには、来年のAFCフットサル選手権予選を勝ち抜き、4年前以上に強くなっているであろう東南アジアの国々とも、W杯出場を懸けて戦わなければいけない。

高橋監督の率いるインドネシア代表を、ミゲル・ロドリゴ監督の率いるベトナム代表を、日本代表は倒せるレベルを保てているのか。十分な強化が、できているのか。

日本代表とも深い関わりのある2人の東南アジアでの対戦は、酔いがさめる、美しいものだった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【フットサルW杯】ファルカンがマヌエル・トビアスを抜き、フットサ…
  2. 【フットサルW杯】大会5日目、ブラジルがシュート103本11ゴー…
  3. 【AFC女子選手権】組み分けが決定! 木暮ジャパンは中国、バーレ…
  4. 【女子】福井丸岡ラックがスペイン遠征を実施 FP高尾茜利「どんな…
  5. 【生駒瑠唯の世界をいてこませ】第3回 イタリアでの1年目総括、苦…
  6. 【中嶋脩太郎のブラジル奮闘記】個人戦術の高さとは何か?
  7. 【Fリーグ】若返りをはかる浦安が00年W杯優勝の元スペイン代表ア…
  8. 【PH】アジア選手権 準々決勝 日本代表 vs バーレーン代表(…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。