Fリーグ

バルドラール浦安、高橋TDの見たU-19日本代表合宿 「ベースができた中で、サッカー界にポテンシャルを求めている」

taku3639-1500x1124

北澤フットサル委員長と会話をしながら、U-19日本代表の練習を視察

 

U-19フットサル日本代表のトレーニングキャンプが行われているスタンドに、バルドラール浦安の高橋健介テクニカルディレクターを訪れた。前日にはFリーグのペスカドーラ町田戦があり、9日からはインドネシアのクラブを指導しに行くという超ハードスケジュールの中、「ちょっと悩んだんだけどね」と苦笑しながらも、オーシャンアリーナを訪れて、若い選手たちの動きに鋭い目を光らせた。練習終了後、高橋TDに、その印象に残った選手などをうかがった。

 

以下、8日のトレーニングキャンプ後 高橋健介TDのコメント

――U-19日本代表の活動を見るのは初めてですよね?

高橋 そうですね。初めてです。うちの子たち(浦安セグンドのFP二宮秀文、浦安に練習参加しているFP石田健太郎、指導した中央学院高のFP空涼介)を含めて、やっぱりポテンシャルの高い選手が多いですから、彼らを見たくて来ています。スカウティングの意味もありますし、自分のチームの子たちが、どういうプレーをできるのか。その世代で求めているのが、どっちの方向なのか。(鈴木)隆二監督とは話をしていますが、実際にどういうトレーニングで落とし込むかは、個人的に興味がありました。その方向性を知っていれば、ヒデ(二宮)とかに対しても、他にも選ばれる可能性がある選手たちにも、『こういうことを求められるはずだよ』ってアドバイスができます。トップチームを含めて、浦安から日本代表に入っていくというのも、浦安としては目指していますし、そういう選手をつくりたいと思っています。

 

――かつては日本代表がそろっていましたが、最近は浦安の日本代表選手も減ってきました。若い世代からというのは、大事なテーマですね。

高橋 トップも含めて、クラブとして下からどんどん上がってきて、それが代表につながってとなるのが理想だと思います。若い世代に対して、『見ているよ』と示すことも必要ですし、他が誰も見に来ないで、ここに良い選手がいるんだったら、声を掛けたいなと思いますしね(笑)。

 

――ビックリするくらい、Fリーグクラブの関係者は来ませんからね。先日のフル代表のときは、湘南の関係者が来ていましたね。

高橋 あとはどういう方向性で代表が行くのかを見ておくことも、必要ですよね。

 

――東京国際大のFPダボ・サルバ樹日亜選手のような体のある選手は、なかなかFリーグの下部組織にはいません。

高橋 彼は、なかなか面白いと思いますね。単純にアジャストするまでは時間がかかるでしょうが、誰もが通る道ですからね。

 

――印象に残った選手はいましたか?

高橋 僕は母校が同じっていうことも含めて、流通経済大のFP樋口岳志くんですね(※高橋と樋口は旭川実業高出身)。パワーがあるし、ドリブルとか、そういう細かい所の選手はフットサル界にいっぱいいる中で、ああいうセンターラインの選手、(清水)和也とかもそうですが、ボールをしっかり収めてゴールに向かえる選手と、後ろでボールを奪える選手は、今、必要なパーツなんだろうなというので。パッと見て『おっ』と思いましたね。

 

――フィクソの選手ですよね? 具体的にどういうところを評価されましたか?

高橋 ボールに対しての懐の深さだとか、シュートのパワーとかは、パッと見て『おっ』と思いましたね。

 

――シュートはちょっと違いましたね。

高橋 他の選手たちは、ある程度、見たことがありましたし、『各チームしっかりやっているな』というのは感じますよね。昔みたいに細かいコンセプトをやったときに、『え? なにそれ?』ということは起こらなくなっています。『それはそういうふうにやるんだ』『そういう選択肢もあるな』みたいなのが、パッ、パッ、パッとできるようになっているのは、フットサル界全体の進歩でしょう。

 

――オールスターもそうでしたね。

高橋 そう、そう。それをすごく感じる中で、サッカー界側からポテンシャルというか、そういうのを求めている中で、一番見えたのが樋口くんだったかなと。個人的には、FP空涼介にもっとやれるぞっていうのを見せてほしいんですけどね。

 

――ちょっとケガで、歩くのも精一杯くらいですね。

高橋 はい。痛いんだろうなと。でも、もうちょっとできるだろうし、フリーゲームならもう少しやれる部分もあるかなと。コンディションのところもあると思います。

 

――FC東京U-18のFP松岡瑠夢選手はどうでしたか?

高橋 ダボくんと同じような感じかなと。ただ、この3日間の中で、初日と3日目だと大きく変わると思います。そこのアジャスト能力というか、どこまで『そういうことね』となるかは、サッカー選手たちにとって大きいと思います。ここから2日で、変わるんじゃないですかね。

 

――サッカー選手としても、変わるんじゃないかなと期待しています。

高橋 そうですね。中央学院高の先生も見に来てくれていますが、『フットサルの練習も、絶対にサッカーに生きるな』と言ってくれています。

 

――これくらいの世代が伸びて来たら、ようやく世代交代もできるかなと。

高橋 本当の意味でしっかり押し出してくれればいいから。走れないけどうまい選手たちが、『もうフィジカルで勝てないね』ってなって、経験ではごまかせなくなってくれば、ベテランの選手たちも出られなくなっていくでしょう。現状では出ることができますからね。僕の世代からすると、とにかく羨ましいですよ。この年代からこれだけフットサルができるわけですから。

 

――そうですよね。高橋さんも10代の頃はまだサッカーだけでしたもんね。

高橋 僕が始めたのは、大学3年のときですからね。

 

――そう考えると、日本はまだまだ強くなりそうですね。ありがとうございました。

関連記事

  1. 【Fリーグ】U-20日本代表FP山田慈英が神戸を退団「素晴らしい…
  2. 【日本代表】清水和也が2ゴールも、後半に逆転負けを喫してハンガリ…
  3. 【PH】大阪が敵地で浦安を破り、PO進出に望みつなぐ(15枚)
  4. 【Fリーグ】仙台戦で負傷の浜松FP大野が今季中の復帰を目指して手…
  5. 【PH】第32節シュライカー大阪vsバサジィ大分(30枚)
  6. 【Fリーグ】仙台がホセ・フェルナンデス監督との契約を更新、ベガル…
  7. 【Fリーグ】北海道が金澤の退団を発表「次の人生にシフトする決断」…
  8. [Fチャレンジリーグ]町田アスピランチが逆転勝利で名古屋サテライ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。