U-20日本代表

【U-20アジア選手権】最後尾で存在感を示したFP石田健太郎「いつも通りやれればやれる」

[5.16 U20第1回AFCフットサル選手権 日本 4-0 台湾 フアマーク]

チームを立ち上げた当初から、このチームにはフィクソの人材が足りていなかった。昨年のタイランド5sでは、皆本晃と仁部屋和弘というオーバーエイジの2選手が、そのポジションを務め、チームを支えていた。オーバーエイジ枠が使えない今大会に向けて、このポジションを務まる選手が出てくるかは、大きなテーマでもあった。初戦の台湾戦では、先発に入った石田健太郎がそのポジションに入り、ゲームを組み立てた。初戦では守備面で力が問われる局面は少なかったが、ボールの回りを潤滑にするプレーは、今後の戦いでも重要になってくるはずだ。

以下、台湾戦後の石田健太郎選手のコメント
――このチームは「フィクソが足りない」と言われていましたが、存在感を出しましたね。
石田 自分は体も全然小さくて、守備は強くないのですが、組み立てる部分は得意です。そういうところでゲームに入り込めたらと思っていました。
――あらためて、ここで見ると線が細いですね。ピッチの中では大きく見えるんですが。
石田 このチームの中では、デカイほうですよ(笑)。でも、全然、細いです。
――ずっと出たがっていた大会、その初戦が終わりました。
石田 初戦ということで、結構、みんな緊張していましたね。
――清水選手も珍しいくらいでしたからね。そんな中でも、中村選手は普通だった?
石田 いや、緊張していたと思いますよ。仕掛けていなかったので。でも、そういう部分でも、(清水)和也くんとか、自分の良いプレーを一回でも出せれば、波に乗れると思ったので、自分は引き立てるように試合に入るようにしていました。
――石田選手ご自身は?
石田 緊張、全然しなかったですね(笑)。
――ほとんどの時間で攻めていましたが、カウンターを受ける場面もありましたが無失点です。
石田 サッカーをやっていた頃から、こういう攻めながら点を取れないゲームはいっぱいありました。そういう中でカウンター一回でやられないようにというのは、自分の中で考えていました。その中で、1点を先に取れて、勝ったまま前半を終われたことが大きかったです。
――今日の試合前は「前半はゼロで」ということを強調していましたか?
石田 特にありませんね。試合前も、相手が仕掛けてくるから、飛び込まないように対応してという話があったくらいですね?
――個人的には?
石田 個人的にはいつも通りやれればやれると思っていました。和也くんとも目が合っていましたし、やっぱり自分から和也くんにボールを入れられることができれば、トッチ(仁井貴仁)だったり、(中村)充も全然、走れるので。
――そうやってリズムをつくろうとしたんですね。後半には清水選手への最高のスルーパスがありましたね。
石田 左足のやつですよね? あれは良かったですね(笑)。
――決めてよっていう形でしたね(笑)。ただ、石田選手、中村選手、仁井選手と、みんなが清水選手を見るようになっていましたね。
石田 5月からのキャンプは、ずっと同じセットでやっていて、ほぼ変えていないので。
――今日は内田選手が入りましたよね。
石田 はい。でも、初めてでしたね。でも、ずっと同じメンバーでやって、すごく互いにわかるようになりました。
――名古屋のトップチームとの練習試合も、良い試合ができていたと聞いています。
石田 でも、3:7くらいで攻められていたので、全然ですよ。ボールを持てていなかったので。
――明日の練習で今日出た課題の修正ができると思いますが、どこを修正したいですか? 髪型?
石田 パーマかけたんですよ(笑)。修正したい部分は、本当に高校のときと同じなので、シュートを打ちながら全然入らないので、それはもうこの大会でもあることなので、決めるときに決めることが大事だと思うので。シュートを打ちつつ、周りでもっと2対1をつくるとか、最終局面のところをうまくしていきたいです。
――石田選手はあまりシュートを打たないですよね?
石田 そうですね。でも、ここ最近ずっと点を決めていたんです。静岡選抜戦、名古屋サテライト戦、大阪成蹊大戦と。
――今日はシュート打たなかったですね。
石田 バランスを取るように言われていたので。いつもは追い越すところをバランスとっていました。
――でも、それは予選で出さないで、決勝トーナメントまで隠していてもいいかもしれませんね。同い年のアジアのトップ選手とやるのは、力試しとしても良い機会だと思います。
石田 でも、日本の選手が力を出せれば、やれると思うので。イランとか、イラクとかが強いみたいな話も聞きますけど、全然、問題ないと思います。未知数なんですけどね(笑)。
――みんな相手よりも、自分たちがどれだけ力を出せるかを考えている感じですね。
石田 相手どうこうの前に、自分たちを高めていこうというふうに、選手全員で話しています。
――いよいよ本番が始まりましたが、こういう大会は始まったら一瞬で終わります。悔いを残さないように出し切ってください。
石田 はい。この前まで合宿やっていたのに、早いですからね。頑張ります。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

関連記事

  1. 【U-19日本代表】連続招集のFP近藤が負傷により不参加に、名古…
  2. 【日本代表】ブルーノ監督の守備に取り組むFP清水「ここでディフェ…
  3. 【AFC女子選手権】タイ戦で今大会2ゴール目にも期待がかかるFP…
  4. 【Fリーグ】大阪の元日本代表FP村上が今季限りで引退 「最後に最…
  5. 【アジア選手権】準々決勝でアジア選手権初ゴールのFP齋藤功一「前…
  6. 【親善試合】開始7秒で失点のブルーノ・ジャパン、後半に2点を返す…
  7. 【親善試合】世界王者に連敗も… ブルーノ・ガルシア監督「AFCに…
  8. 【女子日本代表】木暮なでしこファイブが再始動! ポルトガル遠征の…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。