U-20日本代表

【U-20アジア選手権】インドネシアを圧倒できずにドロー 植松晃都「プレスに行ききれてない部分があった」

[5.19 第1回U-20アジア選手権 U-20日本代表3-3U-20インドネシア代表 フアマーク]

U-20フットサル日本代表は19日に行われたU-20インドネシア代表戦に3-3で引き分けた。勝てば決勝ラウンド進出が決まる一戦に引き分けてしまい、8強進出の可否はグループステージ最終戦のベトナム戦で問われることとなっている。なぜ、インドネシアを圧倒できなかったのか。前からのプレッシングを仕掛けようとした日本だが、それがはまり切らなかったと、FP植松晃都は振り返っている。

以下、インドネシア戦後の植松晃都選手のコメント
――昨日に続き、残り時間わずかなところで追いつかれる試合になりました。
植松 昨日もそうですが、本当にもったいない試合で。昨日も内容的には攻めて、良い形をつくって、決めきれなくてズルズルいってしまった。それが今日も結構あったので。素直にただもったいない試合が2試合続いてしまって…。なんですかね…。相手がハーフで守ってきたときに、自分たちでどう動かすのか…。
――前半ですね?
植松 そうです。そこで突破できる場面と、突破できずにカウンターを食らってしまう場面が結構わかれてきていました。
――前半に関してはシュートも少なくて、時間の経過も早かったですね。守り切れなかったところについては、頭の中はいつもと違う感じになっていましたか?
植松 普段の自分のチームと比べると、日の丸を付けているということもあってプレッシャーみたいなものというか、若干空回りしているというのは、みんなあると思います。でも、まぁ、どうなんですかね…。
――昨日のシーンがちらついたとかは?
植松 パワープレーに来た時点で、昨日は4秒、5秒で決められていたので。今日は残り8秒でクリアランスになって…。
――植松選手がクリアーしたボールが、相手のゴールラインを割りましたね。
植松 はい。相手のゴールクリアランスから、相手が上がってきて……となったときに、昨日のことがあって、みんなラインが下がったと思うんです。それで12番がボールを持って。
――あの12番が怖かったですね。
植松 そうですね。左利きで、うまくて。より低い状態でパスも出しやすい状態になっていたので。シュートがたまたまそこにいったのかもしれませんが、昨日のあれがあってゴール前に集まってしまったのがあったかもしれません。
――明日のベトナム戦に敗れると、グループ敗退になってしまいます。因縁のある相手でもありますが、どう戦いましょう。
植松 今日も、最初は前プレから入って、インドネシアを圧倒しようということでプレーしていたのですが、行ききれなかった部分がありました。
――最初のプレーで中村充選手が行っていました。
植松 そうですね。でも、そこからちょっと距離ができていたので。明日の試合に向けて、(鈴木)隆二さんがどう言うかはわかりませんが、前プレだったときは死に物狂いで行くしかないと思います。必ず勝って、決勝ラウンドに行けるようにしたいです。
――植松選手個人としては守り切れないこと、チャンスに点を取れていないこと、どちらをより強く課題だと認識していますか?
植松 点差を付けられていないことですね。(伊藤)圭汰からのパスで、自分も一つチャンスをものにできなかったので…。
――昨日も、今日も、チームがポストやバーにシュートを当てる場面が結構ありましたね。
植松 オレも、さっきの場面ともう一つ、(岡田)祥慶からのシュートパスをポストに当てちゃいましたからね。そういうのを決めないと…。
――明日、決めて、気持ち良く決勝ラウンドに行きましょう。
植松 はい。絶対に勝ちます。

関連記事

  1. 【Fリーグ】ルーキーイヤーを振り返る北海道FP小幡貴一 「あっと…
  2. 【タイランド5s】カザフスタン戦後 山桐正護選手コメント
  3. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 大分×浦安 小田原アリ…
  4. 【PH】アジア選手権準決勝 日本代表 vs イラク代表(87枚)…
  5. 【日本代表】名古屋合宿2日目は2部練習を実施、午後は攻撃トレーニ…
  6. 【アジア選手権】7月から17試合を戦ってきたバーレーン代表監督「…
  7. 【日本代表】メリハリの利いたトレーニングで名古屋キャンプが終了
  8. 【U-20アジア選手権】ベトナム戦MOM 豪快決勝弾のFP樋口岳…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。