女子

【全日本女子選手権】予選無失点の甲山レディースがレオグラスタを破り、逆転で決勝ラウンドに進出

taku2506-1500x1126

全日本女子選手権は29日に大会2日目を迎え、グループAの第3節が行われた。FC甲山レディース(北海道)とレオグラスタ(大阪府)の試合は、4-0で甲山レディースが勝利。この結果、甲山レディースがグループ首位に立ち、決勝ラウンドに進出。レオグラスタは2位で敗退となった。

 

2試合を終えて2勝のレオグラスタと1勝1分けの甲山レディース。勝った方が決勝ラウンドに進出できる一戦ということもあり、序盤から両チームとも慎重に試合を進めていった。勝利が必要な甲山レディースは、ハーフウェーラインまで引いて相手を待ち構え、ボールを奪ってからの速攻を狙った。

 

最大のチャンスは前半10分、FP笠木育美がドリブルでDFを引き付けてFP岩崎真実にパスを出す。岩崎のシュートはGKに防がれたが、こぼれ球を笠木が拾い、FP遠藤未咲につなぐ。遠藤もゴールを狙ったが、シュートはブロックされて得点できない。

 

一方のレオグラスタの最大のチャンスは、前半残り20秒。キックインからFP上本唯由がシュートしたボールを相手GKが弾く。ゴール前に詰めていたFP黒木あさ子の顔面に当たったボールがゴール方向に飛んだが、わずかに左へ逸れて行き、得点にはつながらなかった。結局前半は、スコアレスで終了する。

 

後半が始まると、いきなり試合が動く。7秒、右サイドを突破した岩崎が右足を振り抜くとボールはゴール右上に吸い込まれて行き、甲山レディースが先制点を挙げた。今大会、ここまでの2試合を無失点で乗り切っている甲山レディースは、その後も守備が崩れない。3分には左サイドから笠木が仕掛け、折り返しをFP新谷結がゴールに決めてリードを2点に広げた。

 

レオグラスタはFP杉裕美をゴレイラにして、パワープレーを開始する。5分にはパワープレーの流れから過ぎがシュートを放ったが、ポストに嫌われて得点できない。その後は甲山レディースの守備を崩し切れない時間が続く。9分には甲山レディースの遠藤が相手の底辺でボールを奪い、GKとの1対1を確実にモノにして3-0とした。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

その後も守備の崩れなかった甲山レディースは、試合終了間際にも笠木がゴールを決めて4-0で勝利。グループステージの成績を2勝1分けとして、2大会連続の決勝ラウンド進出を決めている。

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋オーシャンズが育成年代のレディースチーム発足を…
  2. 【フォトニュース】FC甲山レディース vs レティッツァ・フェミ…
  3. 【全日本女子選手権】開始15秒で先制の丸岡ラック、道楽から6ゴー…
  4. 【AFC女子選手権2018】AFC女子選手権に向けてメンバーを発…
  5. 【全日本女子選手権】今大会無失点の甲山レディースGK白浜亜美「入…
  6. 【ユース五輪】U-18女子日本代表の銀メダル以上が確定! 強豪ス…
  7. 【U-18女子代表】高い順応性を見せ、後半1ゴールのFP宮本麻衣…
  8. 【U-18女子代表】初の試合は関東選抜に3-6で敗れるも、試合中…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。